« 野村狂言座に行きやすくなったので | トップページ | 今夜はここに »

2009.01.18

NHK「わたしが子どもだったころ」

 地上波しか見られない我が家のテレビで、日曜深夜の「わたしが子どもだったころ」を録画(11日の深夜)。出演が篠井英介さんだったので。もちろん、友人から教えられなければ、見るはずもない番組だった。

 本人インタビューと、再現ドラマの二本立て。小さい頃の写真もいくつかあって、美しい顔立ちだわー。それにしても篠井さんって、なぜかNHKによく出る。大河だの朝の連ドラだの、「生活ほっと」で旅をしてたりも。意外とNHKで使いやすい俳優なんでしょうか?

 篠井さんが生まれ育ったのが金沢ということで、今の金沢の風景も。子ども時代から美しい物が好きだったのは、やはり加賀友禅や九谷焼、輪島塗りなどなどが身近にあったのも大きいのかな。お祖母さんが小唄やなんかを習ってたそうだけど、小学生の男の子が、日本舞踊を習いたい、と言って、習わせてもらえる環境というのも、いいよね。

 尾山神社でソリ遊びをしていたとのこと。もう6、7年前か(?)真冬の金沢(福井も)に行って、尾山神社あたりを歩いた記憶がある 高峰譲吉の家も近くにあったよ。落ち着いたいい街だったなぁ。そうそう兼六園で、前田家代々のお雛様も見たんだった。その後「金沢21世紀美術館」もできたし。あ~、金沢へ行きたくなった

 篠井さんは「宗家藤間流」の名取(ただの藤間流とは違うの?) 踊る姿も少し映ってました。あと、役者としての舞台の仕事では、パブリックシアター「ハムレット」のガートルードがけっこう長く映ってて、がぜんDVDを見たくなっちゃったよー。あの時は芝のぶちゃんのオフィーリアの方が印象的だったので

|

« 野村狂言座に行きやすくなったので | トップページ | 今夜はここに »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野村狂言座に行きやすくなったので | トップページ | 今夜はここに »