« 「カノッサの屈辱」とヘンリー四世 | トップページ | 歌舞伎座に一日籠もっておりました »

2009.02.22

地元でゆったり贅沢な、狂言の会

2月22日(日) 「東西狂言の会」 14:00~ 於・三鷹市公会堂

解説(萬斎)、「鬼瓦」千作(大名)、千三郎(太郎冠者) 「隠狸」万作(太郎冠者)、萬斎(主)--休憩--「仁王」万之介(博奕打)、石田幸雄(何某)、深田博治ほか(参詣人)、高野和憲(男) *三鷹市民というわけではありません。近いってだけです。念のため

 いつもは地元の友人と見ている会だけど、今回はちょっと遠くの万作家狂言のファンと。吉祥寺で待ち合わせて、ロシア料理店でランチを、と思っていたのに「予約シテマスカ?」と聞かれ・・・えーーっ、前は日曜でも全然混んでなかったのになぁ。どこかで紹介されたのかしら?? 仕方なく駅の北側を少しさまよってイタリアンのお店にしたけど、びっくりだったなぁ。

 三鷹市公会堂はI列から階段状になってるので(前回はHあたりで失敗した)、今日はJ列。やっぱり見る時のストレスは少ない方がいいもんね。解説に登場した萬斎さんは、いつも以上に「お疲れ?」な雰囲気の目のあたり。でも、それは見た目だけ。沖縄に行って、その後、昨日は北海道で、すごい気温の差と仰ってた(雪で飛行機が飛ばないのでは、とあせったそう)。あとは今日の演目の解説なんだけども、ちょっと時事ネタを入れたりして(神社仏閣に観光に行って、あちこち見ますが、越えちゃいけない柵は越えませんよね、などなどに笑いが)、軽妙でした。

 さて、今日の東西狂言の私の中での目玉は千作さん。いっやー、あいかわらず大変張りのあるお声。さすがに床に座る、ということはなくて、後見の方が腰掛けを持って出られるけど、それ以外は足取りなどもしっかりしてて、その元気さはすごいなぁというところ。1919年生まれなんですもん。そして、無邪気というか大らかというかな大名が、なんともいえない味で、文句なしに楽しかったなー。

 「隠狸」はたぶん初めて見たはず。見てたら、あのクマのような狸のぬいぐるみには記憶あるもの・・・。解説で「(この狂言で)狸を釣る、というのは、今だったら、狸を駆除する、なんて言うんでしょうか」とのことだったけど、そういう語感の違いは大きいなぁと思う。軽妙な掛け合いの面白さの中にも、小舞を様々に堪能できるし、また「東西の味わいの違い」も雰囲気として感じられた。

 「仁王」はもう、万之介さんのキャラ炸裂。やっぱり好きだなぁ。これも解説で、参詣人が願い事をする時に、茂山家の「仁王」だとタイガース優勝だとか、髪の毛のこととか身近なことが出されるけど、万作家(和泉流?)のは非常にオーソドックス、とのことだった。でも家内安全とか、嫁さんが欲しい、とかね。

 年に一度の三鷹「東西狂言の会」は、ほんとに楽しみ。次は(今年の)10月4日開催と、もう決まっている。手帳に書いておこうっと。

|

« 「カノッサの屈辱」とヘンリー四世 | トップページ | 歌舞伎座に一日籠もっておりました »

能・狂言」カテゴリの記事

コメント

きびだんごさま、おはようございます。
え~ん、行きたかったよぉ~>東西狂言の会。これは千作師、万作師が一度に観られるというめっちゃ贅沢な会ですもんね。今回は都合がつかず見送りましたが、次は10月ですか。でぇったいに行くぞ!
実はわたくし元三鷹市民でして、三鷹市公会堂は小学校の頃から通いなれた場所(笑)(隣は市役所ですしね)。なので、現住居からは遠いのですが、「感覚的に近い」ところなのです。I列から階段状ですね、覚えておきます。
出勤前なのについコメントしてしまった(^_^;からつぎでした。

投稿: からつぎ | 2009.02.23 07:58

えっ、からつぎ様って三鷹市民なの?と驚いたところで、「元」の字を発見。相変わらずの早とちりな私でございます。
って、すみません、きびだんご様のところをお借りして

きびだんご様のレポを拝読して、この会、絶対行きたくなりました。狂言はまだ、ちゃんと見たことがないんですよ。10月4日も今回同様昼間の公演なら行かれると思うので(ちょっと遠いんですけどね)、私も手帳に記録です

投稿: SwingingFujisan | 2009.02.23 15:51

きびだんごさま、この場をお借りすることお許しくださいませm(_ _)m

で、Swinging Fujisan様
そうです、この会ものすごぉくお奨めです!いわゆる普及公演(だと思う)なのでチケット代はお安いのに、千作、万作両師の舞台を堪能できちゃうのです。ただ、時期が一定しないんですよねぇ。12月に行われることが多かったと記憶しているのですが今回は2月で次は10月ですものね。あ、時間はいつも昼間です(^-^)

前にも書いたけど、万之介師大好き♪のからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2009.02.23 17:43

からつぎさま
まぁまぁ、三鷹市公会堂あたりに土地カンがじゅうぶんおありになるのですね 私も市民ではないですが、自転車で行ってもいいくらいです。
この東西狂言などなど、三鷹市の企画はとても素晴らしくて、どうせなら三鷹市に市民税を払いたいくらいなんです。
三鷹市公会堂、I列からが見やすいのと、能舞台みたいにすると、いわゆる正面席のいい場所は、普通よりも右よりではないかと思います。これは私も忘れそう・・・。

投稿: きびだんご | 2009.02.23 22:58

SwingingFujisanさま
ええ、ええ、10月4日には是非 からつぎさまもお書きになってますが、必ず2時開演ではないかと思います。
大好きな三鷹ですが、泣き所は三鷹市公会堂が駅から遠い、ということですね。でも、午前中にジブリ美術館に行って、その後、狂言を見る、なんてのもいいかも お待ちしてまーす。

投稿: きびだんご | 2009.02.23 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「カノッサの屈辱」とヘンリー四世 | トップページ | 歌舞伎座に一日籠もっておりました »