« ワーニャは働く、今日も明日も・・・ | トップページ | 2日連続、人形町。その1 »

2009.02.28

同封物にビックリ

Ohk はるかはるか大昔に、新卒でちょっとだけ勤めた郷里の会社から、律儀に年数回、社内報などを送ってくる。同期の子で、付き合いのある人はいるけどみんな退職しているから(寿退社の時代だったのだ)、ほんとうに遠い遠い世界ではある。

 ところが今回はやたら同封物が多くて、次々に出てきた(創業○年式典への出欠葉書とか)。激しく反応しちゃった物が一つあって、それが画像の「こんぴら歌舞伎」ツアーなの。

 岡山の会社であるから、ツアーの発着地は当然岡山。朝9時30分に出発して、「こんぴらさん-海の聖域 パリ凱旋帰国展」を見て、「神椿」(資生堂パーラー)でランチ、午後の歌舞伎(沼津、闇梅百物語)観劇ののち、帰着は20時30分。2万5000円也。なかなかよさげではありませぬか。ウィークデーに2日間設定されてる。今までこんな案内は来たことないんだけど、どうしたんでしょ。

 と言っても、もちろん私は行かない(行けない)。・・・でも、毎年母子でこんぴら歌舞伎を見に行ってるイトコの所に紹介しようかなぁ、とか思ってみたり。そういえば去年の「万作十八選」@金丸座も、主催社だったんだっけ。あれこそツアーを組んでくれたらよかったのに。

 ほかにも舞台「キサラギ」地元公演のチラシやなんかも入っていて、あら岡山でもあるのか、など、それなりに面白いんである。たまに届くこういう知らせ、少なくとも同窓会案内よりは楽しめるゾ。

|

« ワーニャは働く、今日も明日も・・・ | トップページ | 2日連続、人形町。その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワーニャは働く、今日も明日も・・・ | トップページ | 2日連続、人形町。その1 »