« 珍しく歌舞伎座の2階から見る | トップページ | グルジア映画を見る »

2009.02.12

喋るうたう喋る・・・イッチー with ポカスカジャン

2月11日(水・祝) 「柳亭市馬独演会 うたう市馬落語&イッチー with ポカスカジャン」 14:00~ 於・東京芸術劇場 小ホール2

開口一番(市也・転失気)、市馬七段目、ポカスカジャン・いろいろ、with市馬・昭和歌謡など--休憩--市馬二番煎じ

 これはチラシも見たことなくて、ネット上の情報だけで購入していたので(しかも11月に)、どういうのかはさっぱりわかっていなかった。でもポカスカジャンは何度か見て大爆笑してるし、うたう、ってんだから歌うんだよね、という程度。そもそもイッチーって誰? ポカスカジャン3人の仲間なの?と思っていたら、市馬=イッチーだったとは

 まずは人気者(若い女の子に人気の出そうなルックスなの)、前座・市也くん。このところ、師匠の会ではたいてい市也くんに当たる。今日は「転失気」。第一声から明るくてパッと惹きつけるところがあるなぁ、と。ネタも確実に増やしてるみたいで、頑張れ~。

 そして登場の市馬師匠は、先の市也くんをネタに、弟子と師匠のことを(自分が修業時代、師匠にはわかってないと思ってたけど、ぜんぶ見えてて何も言わないでいてくれたんだ、ということが、いま弟子を預かる立場になるとよくわかる、等々)。そこから自分の師匠、先代小さんが目白住まいだったので、晩年は散歩の途中で池袋演芸場に寄って、高座に上がったり(小咄ていどを、着物じゃなくて散歩中だから作務衣なんかで)、新宿末広亭に出番があるのに池袋へ行ってしまったのは近いからに違いない、なーんてあれこれ聞かせてくれた。

 で、小さんに「芝居なんかも見なきゃいけない」と言われたのだ、というような話で、おやおや・・・「七段目」ですね。芝居好きの若旦那の空想がいろいろ広がっていく時に、「襲名や追善の口上もいいもんだなぁ・・・十二代目團十郎襲名の時の『にらみ』あれもよかったよ」と、声色で「ひとつ、にらんでッ」と始まると、絶妙のタイミングで「成田屋っ」という声までかかって、絶好調でしたわー。

 その後、ポカスカジャン登場までにいったん幕がしまったので(高座を一度片付ける間)、場内はまだ暗くて太鼓も小さく鳴っていたのに休憩と思って席を立つ人多数。そうなんだ、プログラムが全くなかったから、そう思っても無理はないよねー。ポカスカジャンが登場して「戻ってくださーい。まだ休憩じゃないですよ」

 市馬師匠とポカスカの共演はこれで4回目とのこと。ほんと歌つながりですねぇ。まずはポカスカだけでお馴染みのネタを。と言ってもうまく説明できないからパス。左の二人が、口を叩いて鼓の音を出すのがあるんだけど、その後、遠くからでも真ん中のリーダー(?)さんの口の周りが真っ赤になってて、あららー。色が白いと目立つのね。そして、「イッチー」と呼ばれた師匠が、舞台下手袖からピョコッと顔だけ出して、手を振ってから登場したのが、いつもにない姿で可愛かったよ。着流しスタイルでした。

 ポカスカジャンと歌ったのは「お富さん」「青い山脈」「東京ラプソディ」だったかな。いわゆる昭和歌謡というよりはアップテンポなリズム感が特徴的なポカスカ・バージョンという感じ。そして「歌舞伎ずいずいずっころばし」を掛け合いで。ほとんどぶっつけ本番だたそうだけど、すごく面白かった。説明は不能

 休憩があって、もう一席。最初はさっきの余韻が残ってるから、なんとなく客席もフワフワした雰囲気なんだけど、噺に入るとぐいぐい引き込んでいく。もちろん「火の用心」を謡いやら、浪曲やらで聞かせてくれるし、猪鍋を食べるのがほんとに美味しそうで。

 私は昭和歌謡をみっちりというのは、ちょっと苦手なんだけども、今日みたいなアレンジだとノリがよくて好きだなぁ。終演後は遠来の友と、芸術劇場の2階でお茶をして、またひとしきり市馬落語を語り合ったのだった。

|

« 珍しく歌舞伎座の2階から見る | トップページ | グルジア映画を見る »

落語」カテゴリの記事

コメント

楽しいレポ、ありがとうございます!!
ポカスカジャンって、国立演芸場にもよく出ていますよね。余裕ができたら、そういうのも楽しみたいですゎ。
そういえば、ディアゴスティーニが落語の分冊百科みたいなの出しましたね。

神保町に「らくごカフェ」というのができて、毎週火曜日高座があるそうです。東京新聞の今日の朝刊に出ていました。記事はネットでは、東京新聞→芸能→紙面からのニュースで見られます。仕事で神保町に行くことがあったら、寄ってみようかな、と思っています。

投稿: SwingingFujisan | 2009.02.12 23:08

SwingingFujisanさま
ポカスカジャン ぜひ一度聞いてみてください。もう大笑いできるんです。お笑いだけど基本、歌(ギターなども)がしっかりしてるところが素晴らしい。
そして「らくごカフェ」@神保町。ぐうぜんにも昨日、岩波ホールに置いてあったチラシを貰って帰ったところでした。「見る・聴く・読む・笑う・飲む」ですって。飲む・・・コーヒーですかねっ
でもねぇ、落語の本とか様々、ちょっとインフレ気味では、と思わなくもありません。うーん臍曲がりなわたくし。

投稿: きびだんご | 2009.02.12 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 珍しく歌舞伎座の2階から見る | トップページ | グルジア映画を見る »