« またしても「使えない」ホールだ | トップページ | 世界文学全集いまむかし »

2009.03.19

キャー、古田さん、堤さん、カッコイイ!!

3月18日(水) 「いのうえ歌舞伎・壊(Punk) 蜉蝣峠」 12:30~ 於・赤坂ACTシアター

作/宮藤官九郎 演出/いのうえひでのり 出演/古田新太(闇太郎)、堤真一(天晴)、高岡早紀(お泪)、勝地涼(銀之助)、木村了(サルキジ/おるい)、梶原善(がめ吉)、粟根まこと(流石先生)、高田聖子(お寸)、橋本じゅん(立派の親分)ほか

 私はこれ、何がなんでも、というほどでもなかったのよねー。取れればいいな、というのがカード会社のサイトで取れて、席も2階1列だったから、まあよかった、という程度。特に堤真一のファンというのでもなくて。しかーし、ちょっと認識を改めまして・・・堤さん、素敵と、すっかりノックアウトされて帰って来た。

 古田さんも、「リチャード三世」の時とは大違いの、カッコイイ古田だったから、文句ありませんワ。舞台装置やスクリーンの使い方なんかも、全然違和感なくて、綺麗で、音楽にも乗れたし・・・はい、「リチャード三世」の時のモヤモヤをすっかり払拭してスッキリ~。

 主要な舞台としては「ろまん街」という猥雑な街があるんだけど、その作りって、「朧の森~」をちょっとイメージするような感じかな。ま、一見ばかばかしくて、エロでグロで・・・なんだけど、よくできてるストーリーだなぁ、と。なんか、あらっ?と心に触れるようなシチュエーションを、巧妙に笑いでくるんでるような気がするときもあった。発端としての大量殺人は、どうしてもすごく苦手なんだけど、それもうまく作ってあったようには思う。

 ということはさておいて。ほんと、着流しの堤さん、カッコイイですよぉ。そこにいるだけで、たとえ台詞を喋らなくても、圧倒的な存在感なんですもん。古田さんも負けてないってことがまた重要だと思うし。高田聖子&粟根まこと&橋本じゅんの、「そうこなくっちゃ」的なポジションと、少し異質な風という面での高岡早紀、勝地涼、という感じでしょうかねー。

 平日の昼、ということも大きいのでしょうが、客席は圧倒的に女性ばっかり。たまたま隣が私より少し年上?という二人組で、新感線のファンとかよくお芝居を見てる、というのではなくて、「堤真一が出るから」というので見に来てたよう。二人はいっぱい貰ったチラシの束の中から、シスカンパニー公演の「牡丹燈籠」と、勘三郎&串田「桜姫 現代版」という、シアターコクーンものにすごく注目していた。そうよねぇ。やはりこれらはチケット争奪戦が大変かしら。 私としてはそれに加えて、新感線の秋興行「蛮幽鬼」(新橋演舞場)も気になるなぁ。

 ・・・はー、とにかく気分もすっきり、楽しんでさらに元気になって帰ってきたような気がする。

|

« またしても「使えない」ホールだ | トップページ | 世界文学全集いまむかし »

演劇」カテゴリの記事

コメント

これ、迷いに迷って、きっときびだんご様のところでレポが拝読できるわ、と決めて、やめてしまったのでした。
見ればよかったかなぁ。きびだんご様が堤真一にKOされたのですから、見ていればきっと私もだったでしょうね。古田さんのほうは、どうかな
「蛮幽鬼」は絶対見なくっちゃ、と今から張り切っています。

投稿: SwingingFujisan | 2009.03.20 00:18

SwingingFujisanさま
確かに自分なりの「(当たりハズレ)不安」と値段を考えると、ちょっと考えてしまうタイプのお芝居ではあるんですよね~。
古田新太は、素顔はあんななのに(爆)、なぜ舞台に立つとカッコイイのか、というのが、常にあるんですよ。そこを見たい!!
「比べれば」堤真一のかっこよさは、想像はできるんだけど、想像以上にだった、というわけ。
5000円以下の料金で、ちょっとコムヅカシイ感じの小劇場系のお芝居を見るのもいいし、1万円払って浸っちゃうのもまた楽し。料金に見合わないのはカンベン、というところかしらね。そういう点では、歌舞伎の料金設定はすごく納得できるなぁ、なんてことも思うのでした。

投稿: きびだんご | 2009.03.20 09:30

カッコいい堤真一もいましたが…私はなんといっても軍鶏にやられました(笑)
シャモ堤…あの足元は上からじゃないと見えなかっただろうから、2階席でもよかった!と自分を納得させたし。あっはっは。

投稿: 猫並 | 2009.03.20 18:46

猫並さま
あははー。忘れてたわけでも記憶から消そうとしたのでもありません、軍鶏 あの場面は古田ともども書きづらい。まったくなー、ようやるワ、とつい思っちゃう部分も込みで、ポワンポワンとやられておるのです。
でも、熱気(記憶)がだんだん薄れていって、最後に思い出すのが軍鶏だったら悲しい(爆)。

投稿: きびだんご | 2009.03.20 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またしても「使えない」ホールだ | トップページ | 世界文学全集いまむかし »