« 喬太郎と志らくを一緒に聴くと・・・ | トップページ | 再演「春琴」の世界に酔う »

2009.03.07

三三(さんざ)人気に納得する

3月7日(土) 「新日屋寄席 銀座落語会 vol.9」 13:45~ 於・新ばし金田中

神田京子・講談(英語講談ほか)、柳家三三・出来心--仲入り--三三・花見の仇討

 着物仲間は私を入れて5人なんだけど、姉組・妹組と分かれる場合があって、私はちょうど年も真ん中ゆえ、両方に顔を出してる。で、今日は妹組3人で三三さんの落語を。

 まず行きたかった銀座6丁目の「ビストロ ヌガ」で週末ランチを食べてから、金田中へ。落語会の会場である座敷に通されてすぐに抹茶と和菓子が出たけど、お腹いっぱいで和菓子はパスしてしまった~

 カメラが入っていて何かと思ったら、三三さんではなくて新日屋さんの活動を追っているそうで、NHKの夕方のローカル枠に登場するもよう(まだ10日ばかり先らしい)。

 神田京子さんは新日屋のかわら版に連載コラムを始めた縁で(第1回のゲストは坂東三津五郎丈)、まず前座で登場。ま、新日屋のPR戦略ですかね。一度、かなり昔に新作講談を聞いた記憶がある。あの時と同様に、明るく華やかな高座でした。英語講談は初めて聞いたけど、浦島太郎を、誰にでもわかる英語で。そしてそのあと源平盛衰記から(?)、屋島・那須与一のくだり。まぁ講談とは何ぞや、という紹介がてら、という感じ。

 さて、三三さん。めったに独演会には行かないけど、行こうと思ってもチケットは完売が多い、という人気者。若手の中ではピカイチの人気&実力ではないかしら。以前は私のイメージでは、地味というか、それほどおもしろみを感じなかったんだけど、いやはや、今やそんなことはなかったね。マクラなんかでも余裕があるというか、その時点ですでにぐぐっと客を引き寄せてる。

 どちうらかというと、「出来心」の方がより面白く感じたのは、おかみさんのキャラクターゆえかなぁ。もっといろいろ女性が登場する噺を聞いてみたい、という気にさせる。テンポもよくて楽しかった。比べれば、「花見の仇討」は、うーんあんまり「花見」の気分はしなかった・・・かな。人物の描き分けはやはり上手と思うjけど。

 しかし、久しぶりにきちんと三三さんを聞いて、チケットが完売するだけのことはあるな、と思ったのだった。講釈ネタも得意らしいし、持ちネタも多いのでは? まだ若い彼が、今後どんなふうになっていくのか、ちょっと気にしておこうと思う。

|

« 喬太郎と志らくを一緒に聴くと・・・ | トップページ | 再演「春琴」の世界に酔う »

落語」カテゴリの記事

コメント

三三師は真打になりたての頃ちょっと遊びすぎている感じがして(?)だったのですが、何ヶ月か前に誰かの会で何かの噺を聴いて、すっかり見直しました。はい。

投稿: クヮン | 2009.03.08 00:14

去年、一二三の笑いという、三三&神田山陽&茂山宗彦の会に行った時、当初は朝ドラにでたばっかりのモッピー人気で売れてるのかと思ってたのに、会場に行ったら三三人気のが大きそうで…驚きました(^^ゞ
そうかぁ、人気だったんだぁ、と思った直後に和楽にも出てて、またまたびっくり。

投稿: 猫並 | 2009.03.08 09:16

クヮンさま
そうですか、「遊びすぎている」と感じさせる頃もあったんですねぇ。そして、今やいい意味の余裕が? しかーしまだまだ若いのですから、どんな噺家になっていくのか、物陰から(笑)見守っていきたいです。
・・・にしても、
>何ヶ月か前に誰かの会で何かの噺
って

投稿: きびだんご | 2009.03.08 09:42

猫並さま
そうそう、「一二三の笑い」って、私の地元の(使えない)ホールでもあったんですよっ。うっわ~、と思ったんだけど、なんで行けなかったのか。開演時間のせいかな。
実は今月下旬に、また三三さんを聞く予定です。落語強化月間

投稿: きびだんご | 2009.03.08 09:53

三三さんの落語がどうとかいう前に、「金田中」!! すっごいと思ってしまいました
つまらぬコメントでごめんなさい

投稿: SwingingFujisan | 2009.03.09 15:34

SwingingFujisanさま
うふふ。こういう会がなければ一生、金田中に足を踏み入れることはないでしょうからねぇ。新日屋の企画で、去年のお正月は紀尾井町・福田家を探検しました(文字通り、あちこちのお部屋と正月の設えを見せてもらった)。落語2席と、お茶&お菓子で4200円ならね

投稿: きびだんご | 2009.03.09 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喬太郎と志らくを一緒に聴くと・・・ | トップページ | 再演「春琴」の世界に酔う »