« 図書館ネタ 3 | トップページ | 喬太郎と志らくを一緒に聴くと・・・ »

2009.03.05

CD/DVDのはなし

Dutoit  1ヶ月前に若い友人が所属するオーケストラのコンサートを聴きに行って、どの曲もすごく気に入った(簡単な感想はこちら)。

 ←それらの中で、手軽に買えたCDがここに挙げたシャルル・デュトワ指揮のサン・サーンス。なんかやたら気分良く聴けて、このところずっと自宅仕事の時にはかけている。「動物の謝肉祭」も楽しいじゃありませんか!!

 しかも、「動物」だからというわけじゃないと思うけど、テレビドラマの「鹿男あをによし」をやたら思い出している。サン・サーンスを使ってたのかな。えーーん「鹿男」、もう1回見たい、DVD買おうかしら、サントラ盤が欲しいゾ、などと思ってしまう。お水取りの時期だからよけいにそう思うのかしらん。

 このCDと一緒に、フォーレの「レクイエム」も買ったんだけど(2枚以上買うと割引、というのにつられて)、それはちょっと気分に合わずしまいこんでます。

 そういえば、韓国ドラマ大好きという友人(韓流ドラマの勝手広報係を自任)からは、「ベートーベン・ウィルス」というドラマのDVDを渡されてしまった。全18話分。なにしろ韓国のドラマは「チャングム」をちょっとだけ見たことがあるくらいで、現代ものは全く見たことがないし・・・と、なかなか見られない。

 見られないといえば、桂米朝DVD「地獄八景亡者戯」も、借りっぱなし(これは爺様から)。うーん、図書館の本のみならず、とっとと返しなさい、という物たちが山をなしている気がする。DVDはなかなか見る時間がないのですー。返す時には感想を言わなきゃ、と思うからねぇ。

 さて今月は観劇記録がないですねー。歌舞伎方面は抜け殻と化してるし、その代わりボツボツ落語に出動の予定。・・・でもその前に、ハイ仕事に追われてます。

|

« 図書館ネタ 3 | トップページ | 喬太郎と志らくを一緒に聴くと・・・ »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

クラシック関係は何なのですが。。。デュトワといえば、30年近く前にラベルのボレロを聴きたくて買ったのが、デュトワとモントリオール響のLPでした。最近CDで買いなおしてしまいましたとさ。そんな訳で、こちらも今月は歌舞伎はスキップ。来月頑張ります。

投稿: クヮン | 2009.03.07 00:20

クヮンさま
私はCDを聴くのも一点集中でして、ほかのあらゆることと同様に音楽も興味はアチコチ。
シャルル・デュトワという人は、N響アワーで馴染んでいただけなんですけどね。つい勢いで、許光俊「クラシックを聴け! 完全版」(ポプラ文庫)なんてのも買ってしまいました。
歌舞伎、来月も私はそれほどエネルギーが出ないかも

投稿: きびだんご | 2009.03.07 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 図書館ネタ 3 | トップページ | 喬太郎と志らくを一緒に聴くと・・・ »