« 「又五郎の春秋」(池波正太郎) | トップページ | CD/DVDのはなし »

2009.03.04

図書館ネタ 3

3月4日(水) 「返しなさい」ハガキが来た

 ずーっと借りっぱなしで、やっと月曜日に返却した図書館の本。もはや諦められた状態かと思いきや、さすがにそんなことはなかった。本日、催促ハガキ到着。ハガキの宛名の下に、情報保護シールが貼られていて、そこに「資料ID 返却期限、資料名」が記されていた。返却期限、1月24日でしたぁ

 作成日が3/1とあって、要するに期限から1ヶ月以上経過したものについて、催促しているんだろうか、などなど想像中。

 ハガキの裏面には、返却に関する情報ほか。もちろん「このハガキと行き違いに返却された場合はご容赦ください。」というのがトップにあって、まさに私がそれに該当するのよね。ああ、ごめんなさい、でした。

 返却期限日から15日を越えると次の貸出ができない、とあって、なんとなく期限を1日でも過ぎるとダメかと思ってた私は、ちょっと発見気分。

 もっともっと返さなかったらどうなるのか、ちょっと知りたい気もするけど、そんなよからぬ事を考えてはいけませんね。一度に何枚くらいの催促ハガキを発送し、年間でその代金はどのくらいになるのかしら。

 月曜に借りた本は2冊。やはりどちらも「地下書庫」から出してもらった物だから、「予約入ってますので早く返してください」という電話はかからない気がするけど・・・まぁ、とっとと読んで返さなきゃねー。ちなみに「又五郎の春秋」の他には、トモダチが教えてくれた「シェイクスピアの面白さ」(中野好夫)。今年もまた様々にシェイクスピアが上演されるでしょうから、読むのも見るのも楽しみ。

|

« 「又五郎の春秋」(池波正太郎) | トップページ | CD/DVDのはなし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

シェイクスピアの中野本は、私にとってはココ最近で五本指に入れちゃうヒットでしたが、いかがでしょう…

群ようこのエッセイに、図書館の本を返したのに「返しなさい葉書」がきて、おかしいな?と思って確認したけどやっぱり返してる、でも問い合わせたら「記録上返ってない」と押し問答になった…ってのがありましたっけ。結局、図書館の棚の前で件の本を指差して「返ってるじゃないですか!」といってやっと落着だったような。
ただの行き違いでよかったです(爆)

投稿: 猫並 | 2009.03.05 10:12

猫並さま
今日、「又五郎の春秋」を読了したので、明日からの電車のトモは「シェイクスピアの面白さ」です でも、今の本は文字が大きくなったんだなぁと実感してます。
図書館にちゃんと返しているのに葉書が来てしまったら・・・今回みたいなのはしっかりわかってるからいいけど、普通に期限内に返してれば「あれ~? どこへやったかなぁ」と、返してないつもりになってしまいそうです。気をつけようっと。

投稿: きびだんご | 2009.03.05 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「又五郎の春秋」(池波正太郎) | トップページ | CD/DVDのはなし »