« 「ちきり伊勢屋」を初めて聴いた | トップページ | 「ちきり伊勢屋」+旅のはなし、2日め »

2009.03.24

今週のアエラ

以前は、毎週日曜日に、新聞と一緒に届けてもらっていたアエラ。
雑誌の宿命ではあるのだけれど、私が面白さを全く感じられなくなって、やめてしまった。
女性の働き方の問題にしても、私の関心からはかけはなれてしまったし、「世の中には東大しか存在しないんですか」みたいなスタンスもいやだな、と。

それに、会社や朝日カルチャーで、いつでも読めるもん。

しかーし、今週号は「現代の肖像」が古田新太ですからね。読まねばなりますまい……と、会社で昼食時間に読みましたよー。
「リチャード三世」のことは書いてあったな。

それに加えて、野田秀樹の連載「ひつまぶし」が、おやおや、という内容。
要するに、客席にいてイラつく客=のど飴の袋をガサゴソガサゴソとか、なぜか舞台の台詞を繰り返す客とか、で気がつくと舞台は終わってるじゃないか。

我々、観客がこういうブログで書いてる内容なんですけど…野田さん、よほど不運なことがあったんでしょうか。

そのページに載ってる写真は、本文とは無関係に「パイパー」の時のパイプ。
うーん、これは近くで見たい。ちょっとさわりたい。

|

« 「ちきり伊勢屋」を初めて聴いた | トップページ | 「ちきり伊勢屋」+旅のはなし、2日め »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

へー、野田秀樹の芝居にもそういうお客さんいるんですか?意外…
なんかこう、のど飴ガサガサって年寄りっぽいじゃないですか(笑)まさに歌舞伎座。野田さんとこだとフリスクって気がする…あ!もしかして、それは野田版○○の時のことでしょうか?!あはは
台詞を繰り返すのも、歌舞伎なら、珍しくないかもしれない…特に3階にいるジイサンで、何度か体験しました。が、やっぱり野田秀樹の舞台で、あの絶叫に近い大量の台詞を繰り返すとしたら…うーん、これは若者じゃないと無理か(爆)
先日、トークイベントで傳左衛門さん持参の付帳の中に日本語版TheDiverがありましたが、こちらの脚本だと役名がまんま頭中将とかになってて、演出がかなり変わるのかなぁと感じたのですが、あの手の芝居でのど飴は…ああ、もしチケットが手に入ったら、気をつけるべきは私か。

投稿: 猫並 | 2009.03.25 09:08

猫並さま
いや~、野田さんいったい何があったんですか?という感じでした。自分の芝居じゃなくて観客として見に行った時かもしれないけど。
のど飴のガサゴソ・・・おばさんは必ず2人連れ、とかいうのとセットで出てた話だった気がします。もう1回ちゃんと読んでみよう。
台詞を繰り返す人、たまに遭遇しますね。心の中で言ってほしい、というか、我知らず声に出ちゃうんでしょうか・・・。うーん、私が行く劇場では、やっぱり歌舞伎がほとんどだなぁ、こういうことは。

投稿: きびだんご | 2009.03.25 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ちきり伊勢屋」を初めて聴いた | トップページ | 「ちきり伊勢屋」+旅のはなし、2日め »