« テレビで、こんぴら歌舞伎 | トップページ | 怒濤の5月は、落語で幕開き »

2009.04.30

俳優祭余話

俳優祭では、実は買おうなんて思ってもなかったのに、高額商品を買ったのよっ。それは浴衣地。
女形さんたちの「おまつり」では、この揃いの浴衣に黄緑の帯がとても素敵で。
その上、松也くんが売ってるんですものぉ(他にも売ってらした方々、ごめんなさい)。
とはいえ、すぐに決断したわけじゃなくて、最初は見ただけ。あちこち回った後で、やっぱり買おうかな、松也くんいるかな…。
あらまっ、その2階の売り場は3人の役者さん担当なのに、その時いたのは松也くんだけ。きゃーん、買うしかないよね。
すいていたこともあって、親しくお喋りもしちゃったワ。十二夜、楽しみにしてます、とか。
んでもって、浴衣、どうしませう。白地の浴衣を持ってないからいいかな、と思ったんだけど、ご近所限定だよね。
とりあえず自分じゃ縫えませんから、実家に帰ったのを幸いに母に預けてきた。
思い起こせばその昔、高校生の時の家庭科の授業で、浴衣を縫ったんだけど、実はほぼ全部、母親が縫ったんだよね。
反省のないまま、ン十年。こんなことでいいのか…しかし、老化防止になるでしょ…鬼嫁ならぬ鬼娘。

ところで、歌舞伎関連のお仕事をしてる友人からは、俳優祭の前日、夜の9時頃に「今夜10時から舞台稽古」とのメールが入ってたの。
そうか、その日の9時半まで舞台ですもの。たった一度の舞台稽古でよくまあ、と改めて思ってしまう。多少ぐだぐだになってもそこはご愛嬌、ってなものよね。
6月の末ごろにはテレビ放映もされるとのことで楽しみだなー。

|

« テレビで、こんぴら歌舞伎 | トップページ | 怒濤の5月は、落語で幕開き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おおぉ、松也クンから浴衣 うらやましい。とはいえ、私は浴衣着ないしなぁ。今回は時さまも浴衣だったんですよぉ。ま、松也クンも時さまも写真はバッチリ撮っちゃいましたけど

家庭科で浴衣--私の場合はお人形さんに着せるくらいの大きさの紙で着物の各部品を作り、着物の仕組みを習ったくらいだったような気がします。たとえ縫い方を習っていたとしても、きびだんご様ご同様だったと思いますよ

役者さんはまさに一夜漬けの稽古だったんですものね。ファンとしては本当にありがたいことです。

投稿: SwingingFujisan | 2009.05.01 10:02

SwingingFujisanさま
浴衣、数だけ増やしてどうするんだ、と思いつつ・・・ま、記念ってことで。
私が卒業した高校は、もともと女学校でして、その名残で家政科もあったんですよ。だから、先生も揃っていたんじゃないでしょうか。明らかに不真面目な生徒(親が縫ってるのはミエミエ)なのに、通知表に5がついていて、間違いじゃないかと真剣に悩んだのでした。
「灰被姫」のご夫人方の素敵なドレスは、国立劇場から借りたとかってのも小耳にはさみましたよ。

投稿: きびだんご | 2009.05.01 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テレビで、こんぴら歌舞伎 | トップページ | 怒濤の5月は、落語で幕開き »