« 国立演芸場は開場30年 | トップページ | 大判どら焼きの行方 »

2009.04.27

今年の運は、ぜーんぶ「俳優祭」へ!?

4月27日(月) 「第35回 俳優祭」 11:30~ 於・歌舞伎座

一、舞踊二題 「狸八島」「おまつり」 二、お楽しみ模擬店 三「灰被姫 シンデレラ」~賑木挽町戯場始(にぎわう かぶきざ ことはじめ)

 前回も、特には俳優祭に行こうとしなかった私・・・今年は、ちょうど仕事も入ってるからダメだけど電話かけてみるか・・・こういう感じで力が抜けてるときには電話がつながるものなのかしら。おかげで、仕事休んで行ってしまいました。ま、それに限らず、今回の現・歌舞伎座としては最後の「俳優祭」には、巡り合わせがめちゃくちゃよかったとしか言いようがない。という意味でも、すごく思い出深いものになった。席は3階2列の中央付近。

 二つの踊りで印象に残ったのは、「狸八島」=まず、さすが三津五郎さん!ということ。それまで、ふーんという感じで見てたんだけど、思わず真剣に見入ってしまった。それと舞台の上ですっごく段治郎さんが見映えがしたこと。ふだんそういうふうに見ることがないもので、ちょっと認識を新たにしたかな。「おまつり」=女形さんたちの浴衣姿がきりりと綺麗で踊りも楽しかったこと。でもつい菊ちゃんを追ってしまったよー。これはねぇ、前の方で見たかったな。

 【模擬店】とにかくまず仁左衛門さんの大判どら焼きに突進。周囲のサンドイッチやプチオムライスなどが空いているのに、ここだけはすごい行列で押し合いへし合い。なんとか買えて握手もしてもらってウフフ。ついでに、と言っては失礼だけれど、芝雀さんがいらしたのでサンドイッチ購入。仁左さんは同行した友人の第一目標で、私は菊ちゃん親子のTシャツコーナーだったので、次はそこへ行って、菊ちゃんと握手~。これで後は適当に見て回ればいいよねー。

 それでもついいろいろ買ってしまう。最終的に、愛之助さんからスパークリングワイン、男女蔵さんからビール・・・ちょっと飲み過ぎ。そしてさっきのどら焼きと、田之助さんから買った人形焼きは、まだ手つかずで家にあるんですが、うーん、どうしよう。

 【灰被姫】きっちり綺麗な雀右衛丈を見ることができて(声も聞けて)何よりでしたワ。菊パパが何をやらかすのか」と思ってたんだけど、まんま「おくりびと」だけ? でも、何かをするのではなくあのカッコと表情で立ってるだけで、すごい存在感があったなぁ。ラストに歌舞伎座の守り神(芝翫、藤十郎、富十郎、幸四郎、吉右衛門)が登場したように、やっぱり「さよなら公演」の俳優祭らしさがそこここに。あと1年あるけど、きっとあっという間だろうな。

 愛之助さんからワインを買った時に、人混みの中でぶつかってあぶなかった近くにお着物の人がいたから、とんだことにならなくてよかったよ。で、帰りの電車でふと足元を見たら、ベージュの靴に、「焼きそばのソースでも飛んだんですか?」というような汚れ発見。うーん、思い当たるものは食べてないんだけどな。次回は(いつなんだ)、淡い色の洋服や靴はNGってことだわね

 

|

« 国立演芸場は開場30年 | トップページ | 大判どら焼きの行方 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

おめにかかれませんでしたねー
私が恐怖して後回しにした「ほうおう」にいらしたんですね(笑)そしてこれまたやっぱりパスした音羽屋Tシャツ(大笑)その頃わたしは染五郎の前でもみくちゃになりながら気のない握手をしてたんだわ…
羽織ナシの帯は危険だからと洋服にしましたが、案の定、上着に口紅プリント。肩にワイン。座って食べてよ(怒)
そうそう、三津五郎が出てきた瞬間に景色が変わりましたよね。いつもの舞踊演目と違って心の準備がなかった分だけ感動が大きかったです。ああ、この人は名人なんだなぁと。

投稿: 猫並 | 2009.04.28 12:24

猫並さま
そうなんですよ、まず何はともあれ「ほうおう」へ、だったもので。いやー、もみくちゃ。で、仁左さまから渡して貰ったどらやきは、岡山へのお土産にしましたよ。母がわざわざ重さを量って、300グラムもある!と。
時々、猫並さんはどこかなー、と思うんだけど、またすぐに熱狂の輪に入っちゃって。
人込みで飲み物はキケンですね。イヤハヤ。私は友人が、「喉が渇いても飲み物は持ち歩けないから後!」と言ってくれたんですよ〜。でもワインは少ないから一気飲みしちゃった。

投稿: きびだんご@岡山 | 2009.04.28 19:41

おお、俳優祭チケットゲットなさいましたかっ?! すばらしぃ~!!
「いったい、どんな方があのチケットをゲットなさったのかしら???」とお能のお稽古仲間とウワサをしていたのですが、案に相違で、身近なところにいらっしゃいました・・・。

もっとも、今回は発売日に仕事が立て込んでいて、すっかり忘れてしまって、11時半頃「あ!?」と気づきましたが、その時点であきらめて、1回も電話をかけてないのですが・・・(汗)。

三津五郎さまの踊り、テレビ放送を楽しみに待つことにいたします・・・(泣)。

投稿: おまさ | 2009.05.01 16:43

おまささま
そうなんですっ。ほんとは早く喋りたーい、だったのですが、取れなかった方も多いと思って・・・。実際、電話も積極的にかけようとしてなかったのに、友人に「今の歌舞伎座では最後よ。ほんとにいいの? 後悔するよ。私はもう電話のために半休とった」などなど言われて、んじゃぁ、と。そして、半休まで取って電話したのに撃沈した友人の分まで、私が代わりにゲットできた、というわけです。いまだに不思議なくらいです。
三津五郎さんの踊りがほんとに素晴らしいな、と思った時に、おまささんのことを思い浮かべました 私もテレビを楽しみにしてます。

投稿: きびだんご | 2009.05.02 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国立演芸場は開場30年 | トップページ | 大判どら焼きの行方 »