« 「ブラックバード」の誘惑 | トップページ | 「海士」の美しさと激しさと »

2009.05.06

昼の部はいささかくたびれた

5月6日(水・祝) 「歌舞伎座さよなら公演 五月大歌舞伎 昼の部」

」海老蔵(鎌倉権五郎)、左團次(清原武衡)、翫雀(震斎)、扇雀(照葉)、権十郎(成田五郎)ほか 「寿猩々」富十郎、魁春 「手習子」芝翫 「加賀鳶」菊五郎(天神町梅吉/道玄)、時蔵(女按摩お兼)、三津五郎(春木町巳之助)、彦三郎(伊勢屋与兵衛)、梅玉(日蔭町松蔵)、松緑、菊之助、海老蔵ほか 「戻駕色相肩(もどりかご いろに あいかた)」松緑、右近、菊之助

 連休もカレンダー上は今日が最終日。うーん、私は明日も休みなのに、なんだってこんな日に行ってるんだろう・・・。いつ行こうかなと考えてた頃は、なんかパーッと気晴らししたい感じで賑わいそうな日にした、ような気もするけどね。

 1階の11列、わりと中央付近で、見やすくはあった。今日のビックリは隣の女性がよく声を掛けてたこと。肝っ玉おっかあ風で、声も男っぽかったかな。前日に窓口で買った席とのことで、私も早くから買わずに直前に買おうかしらん、などとちょっと思ったりした。

 さて「暫」。團十郎丈で見たのはいつだったっけ(筋書を買っていないので上演記録がわからない)。そのころに比べると、だいぶ面白さがわかってきた・・・ような気がする。「暫」に限らず、荒事の、ということかもしれないが。やはりこの迫力は1階で見る価値がある、と思う。役者さんで好きなのは、実は右之助さん(局常盤木)。あの風情がたまりません。そして成駒屋兄弟もいい感じ。萬太郎くん(大江正広)は、ずらりと並ぶ人たちの中で、一人、真正面じゃなくてちょっと左に向いてると思うんだけど、そんなものなの??

 人間国宝2人の踊りも楽しかった。お能「猩々乱」は見たことがあって「寿猩々」(義太夫)にはちょっと親しみもあった。踊りのことはわからないながらも、ぴたりと決まる手の動きなど、気持ちよく見られた。いっぽう「手習子」(長唄)は年齢を感じさせない可愛らしさが溢れていた。引き抜きの時、芝翫丈が自分で糸を抜いた部分があって、あらっなのでした。

 「加賀鳶」は今まで見る機会がなかったもの。今回、菊五郎丈初役とのことで、かなり楽しみだった。最初の勢揃いは、ほんと豪華メンバー!! それぞれに名乗るんだけど、役名は何でもいいです、みたいな感じ 道玄になってからは、按摩でもあり身なりからも12月の国立劇場を思い出してしまった(タイ式マッサージ) 赤門捕物は、もっと華やかな立ち回りかと思ってたよー。だってああいうの好きなんだもん。

 最後は常磐津で踊り。もちろん楽しみにしてたんだけど、正直ちょっと長く感じてしまった。盛りだくさんは夜の部も同じなんだけど、「暫」で見てる方も力が入っちゃったのか、4時終演時点では、息もタエダエ。外に出たら雨がじゃんじゃん降ってるし、そそくさと帰宅したのでありました。

|

« 「ブラックバード」の誘惑 | トップページ | 「海士」の美しさと激しさと »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

初めまして・・と言っても、猫並さんの日記ではよくご一緒していますね(*^-^)
昨日は私も昼の部観劇。しかも、きびだんごさんのすぐ近くの席だったとわかってビックリ!!
私は10列目で、斜め後方にその肝っ玉かあさん(笑)がいらっしゃいました。
女性であんなに沢山声を掛ける方に遭遇したのは初めてでした。
「よく当日券を買って観るんですよ」というお話もしっかり聞いておりました(笑)

投稿: 尚花 | 2009.05.07 21:31

尚花さま
こんばんは。お名前はかねがね、ですよね
しかも、そんなにお近くだったとは!!
先月は3階1列で、一人おいた隣の女性のかけ声、今月は1階で(別の人だけど)またも女性に遭遇するなんて、やはり女性の割合が高くなってるんでしょうか。
肝っ玉かあさんは開演してから着席したので、目の前がふさがって最初を見逃すわいきなり声かけるわ、正直でした。そのうちすぐ後ろの列のお喋りの方が気になったんだけど、昼の部の疲れはこれらが重なったのもあるかも。

同じ音羽屋贔屓の仲間として、これからもよろしくです。

投稿: きびだんご | 2009.05.07 22:23

私が話題になってる…いや、言葉のあやか。

1日違いで、私は7日に昼を見ました。夜は、なんと、千穐楽まで見る予定がありません。コレでよかったのか、それまで待たずに追加で見ちゃうか、うーん。

ホント、昼は疲れましたよね。私なんて、楽しかったのは芝翫まで。汚い坊主の菊五郎は、いくら面白くても年に1度で充分!カッコいい名乗りも、実は亀三郎あたりで飽きちゃって、あとはほとんど聞いてませんでした(爆)久しぶりに3人並んだのを見て「やっぱり松緑だけ顔が小さい」なんてこと考えていて…

投稿: 猫並 | 2009.05.08 13:59

初日は、びっくり!でした(笑)。
中で、お稽古仲間にも偶然遭遇したので、余計に・・・。

昼は、夜にくらべてなんだか「盛りだくさん」な感じで、ちょっと疲れますよね。
「加賀鳶」はあそこで切っちゃうからなんか尻すぼみな感じがして、どうもあまり好きになれないんですよね、いつも。
国立で、通しを一度やってくれなかいかな? (菊五郎さんが、通しをやりたいとおっしゃったらしいと、某所で聞きましたが・・・)

投稿: おまさ | 2009.05.08 15:48

猫並さま
うふふ、鼻のあたりがムズムズしたかしら。
普通だったら7日に行ってると思うんですが、迷った挙げ句に6日にしたんですよ。幻のニアミス。でも、それで尚花さんにコメントいただいたんで、プラスマイナス・ゼロかなぁ。
名乗りは話題の「おっかあ」がいちいち声をかけるし、ま後ろでは「菊五郎よ」(←三津五郎でしょ)とかこれまたいちいち喋ってるし、ちょっと不運でした。
私、昼夜もう1回見る予定ではあるんですが、さーて。

投稿: きびだんご | 2009.05.08 21:39

おまささま
初日には、よくぞ見つけてくださいました おまささんは昼夜通しの帰りだったのに、お元気でしたよね。見習わねば。
「加賀鳶」は見る機会がなかったし・・・今もまずお酒の銘柄が浮かんだりして 菊五郎さんの話は新聞記事でしたっけ。梅吉と道玄のほかに「死神」? ほんとどうせなら通しで見てみたいです それなら国立ですよねー。

投稿: きびだんご | 2009.05.08 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ブラックバード」の誘惑 | トップページ | 「海士」の美しさと激しさと »