« 「海士」の美しさと激しさと | トップページ | 舞台の上で輝く人々! »

2009.05.10

文楽で見る「伊勢音頭」

5月10日(日) 「文楽五月公演 第一部」11:00~ 於・国立劇場小劇場

寿式三番叟」綱大夫/清治・文字久大夫/清二郎ほか 清十郎(千歳)、和生(翁)、勘十郎(三番叟)、玉女(三番叟) 「伊勢音頭恋寝刃」住大夫/錦糸、津駒大夫/寛治 文雀(お紺)、簑助(万野)、玉女(福岡貢)ほか 「日高川入相花王」つばさ大夫/清丈、咲大夫/燕三、三輪大夫/宗助・津国大夫/団吾ほか 紋寿(清姫)、玉英(おだ巻姫)、玉也(真那古庄司)ほか

 第1部は、歌舞伎の記憶も新しい演目ばかり。しかも「伊勢音頭」に人間国宝そろい踏みなので、これは頑張ってチケット取らなくっちゃ、だった。去年、勘十郎さんの狐忠信に魅了された3人で、一緒に見に行く計画を立てたのだけど、あぜくら会の会員先行は土日2枚の制限があるから、なかなか大変だったよー。結果的に私は2列で、友人は9列(ともにセンターブロック)だったけど、私の席はちょっと前すぎたかも。ま、字幕が見えない方がいいのかもしれない。

 3つの演目とも、文楽で見るのは初めて。歌舞伎のこともちょこちょこ思い出しながら(菊之助&松緑の三番叟、海老蔵の福岡貢、玉三郎の人形振りを特に)、でも人形だからこそのダイナミックさや、意外にも不思議なリアルさなどを感じたのだった。

 「寿式三番叟」は、翁の人形が面をつけること自体がちょっと面白くて。しかも、その面はほんと「邪気のない」ものなんだよね。三番叟の2人の動きがとても激しくて、またユーモラスで、これだけでも大満足(遅刻したら「伊勢音頭」から見ればいいや、なんてちょっとでも思ったことを反省。現実には15分前に到着できてたからよかった)。

 「伊勢音頭 古市油屋の段」の住大夫さんの語りが、私にはピタッときてぐんぐん引き込まれた。字幕も床もほとんど眼に入らないような席だったから、よけい舞台に集中しつつ耳はちゃんと浄瑠璃を聞く、というのができたんだと思う。幸い、言葉もわかりやすいし。人形の動きも何ひとつおろそかにできません、という感じ。ただ、「奥庭十人斬りの段」では、人形なのにむしろ凄惨でちょっとイヤな気分さえするくらい。凄惨なのは手足が飛んだりすることではなくて(それはちょっと笑いをさそったりする)、刀に魅入られた狂気がよりはっきりするからではないかしら。人間が演じると、美学のようなものが先に立つ・・・ように感じられる。だから、福岡貢を遣った玉女さんが憎らしく(おそろしく)思えるくらい。

 「日高川~」は、「渡し場」のイメージが強すぎたこともあり、また伊勢音頭で気を張りつめていたこともあり・・・始めの方はちょっと疲れ気味。でも、渡し場になったらがぜん盛り返しちゃうところが我ながらおかしい。舞台に近すぎて、川を表す布が波打つ場面ではずいぶんホコリが飛んできたんですけど(苦笑)。

 どれも面白く、また舞台の場面転換のダイナミックさなども堪能できて、満足満足。友人たちも大喜びで、ちょっと鼻が高くなった私である。

|

« 「海士」の美しさと激しさと | トップページ | 舞台の上で輝く人々! »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

おやまぁ、しっかりすれ違ったようでございます。
わたくし、第2部でしたよ。お能の先生の伝手で、なんとバックステージツアーつき! 間近でお人形を拝見して、解説は和生さんでした!! 楽屋の廊下には勘十郎さんや文字久さん、咲甫さんたちが・・・。床山さんのお部屋では、頭の仕掛けや髪を結う時のお話も聞き、終演後は某大夫さんとお食事という豪華版でした。

二部の「ひらかな盛衰記」は、苦手な演目だと思っていたのですが、嶋大夫さんの神崎揚屋で「なるほど~、だから梅ヶ枝は手水鉢を叩くのね!!」と納得。
二部はまだお席に余裕がある日もあるようで、あわよくば、もう一度とか思っているのですが・・・。

一部は血迷って平日の切符をとってしまったんですが、これはやっぱり行かねば!ですね。

投稿: おまさ | 2009.05.11 13:02

おまささま
まーあ、私がそばのホテルでお茶(とワイン)してる頃、そんな楽しいことを 間近でお人形が見られる、というだけでも羨ましいです。
私も第2部が7時45分までなら行けなくはないか、と思い始めたのですが、やはり日程的に苦しくてダメっぽいです。
おまささんはなんとしても平日の第1部に頑張っていらしてください!!

投稿: きびだんご | 2009.05.11 23:32

こういうレポ読むと文楽見たくなっちゃうじゃないのぉ~、と拝読しながら<苦情>をぶつぶつ
現時点ではまだ文楽にまで手が回りませんが、いずれは劇場で見てみたいなと思っています。永田町のメトロ文楽なんていうのも手始めにいいかな。まあ、いずれにしろ、当分はムリですけれど

投稿: SwingingFujisan | 2009.05.13 07:04

SwingingFujisanさま
ええ、ええ、いずれは是非
私もなかなか機会がないのですが、見に行くと面白さを実感します。・・・というか、だんだん面白くなってきた、というのが正直なところです。

投稿: きびだんご | 2009.05.13 08:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「海士」の美しさと激しさと | トップページ | 舞台の上で輝く人々! »