« テレビに「R2C2」 | トップページ | 昭和15年11月3日~昭和16年12月7日:浅草 »

2009.05.13

雪姫を見るのはいつも楽しみ

5月12日(火) 「新橋演舞場 五月大歌舞伎」 11:00~

金閣寺」吉右衛門(松永大膳)、染五郎(此下東吉)、吉之丞(慶寿院尼)、芝雀(雪姫)ほか 「心猿」「近江のお兼」福助 「らくだ」吉右衛門(紙屑屋久六)、歌昇(手斧目半次)、歌六(家主佐兵衛)、段四郎(家主女房おいく)ほか

 昼夜ともに3階Bにしようと思っていたのに、つい3階Aをポチッとしちゃったのは、「金閣寺」ゆえ。その幕が開いて、舞台の吉右衛門丈を見たとたんに、吉右衛門だった義母を思い出してしばし時間が止まってしまった。最後に部屋に飾っていた歌舞伎の生写真は、吉右衛門・弁慶の2枚(今年のと数年前のもの)。あーあ、もう歌舞伎の話もできなくなっちゃった

 それはともかく・・・。吉右衛門の松永大膳、かなりカッコよかった。どーんとでっかい人、という感じでね。その存在感があるからこそ、ほかのいろんな場面が落ち着いてじっくり見られるのかも。

 で、雪姫は雪舟の孫娘。私が「雪姫」を好きなのは、ただこのためなのよねー。先月末の帰省でも、お土産に「雪舟もなか」を買ってきて、歌舞伎好きの友人にお裾分けしたくらいだもの。雪舟が縛られて足で鼠を描いたというお寺(「備中井の山宝福寺」)の風景が浮かぶのは強みでしょう。あ、備中といえば、秀吉の水攻め→大返しの舞台でもありました。

Nezumi_thumb ←これが「雪舟もなか」というか、昔から「ねずみもなか」と呼んでるけども。あいにく私は特に最中が苦手なので・・・

 今回の「花びらで鼠」の場面は、人形振りの型にて。珍しい、というのがまず来るかなぁ。立ち上がって歩く(歩き始める)ところがなんか美しくないのは、そもそも女の人形には足がないから?

 昼の部では見るのに力が入るのはこの「金閣寺」のみ。あとは踊りをのんびり楽しみ(心猿は全く初めて)、「らくだ」で笑うという寸法。踊りでは馬も大活躍。「らくだ」で馬吉を演じたのは由次郎さん。なんたって亀蔵さんの怪演が記憶に新しいけど、こちらの馬吉もあっさり加減はけっこう好き。あと段四郎さんの家主の女房も面白かったな。で、肝心の吉右衛門・久六は・・・、法界坊よりは好き、というくらい。

 終演は3時だし、まだまだ元気があったから、こんな時こそと上野へ回って西洋美術館「ルーヴル展」も見てきたのでした。

|

« テレビに「R2C2」 | トップページ | 昭和15年11月3日~昭和16年12月7日:浅草 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

なるほど、雪姫の爪先鼠のルーツは、そこでしたかっ! ←って気づくの遅いですね・・・汗
どうも、このお芝居とは相性がよくないわたくしでございます。

最中、かわいい!! でも食べるのがちょっとかわいそうになりそうな気もしますね・・・。

さっき気がついたんですけど、今月の演舞場は、昼夜で「ふぐ」つながりでした。
通して見たので、なんとなく「あれ???」と思っていた「???」がわかって、すっきり!
落語だったら「噺がつく!」と避けそうなんですが、歌舞伎はあまりそういうこと考えないのかしら???

投稿: おまさ | 2009.05.14 14:35

おまささま
小さい頃から、雪舟が縛られて足を使って涙で鼠を描いた、という話はさんざん聞かされてるのですよ。年齢的に桃太郎のお話の次は雪舟かもしれない。でも歌舞伎にはとんと無縁だったから、雪姫の素性(笑)を知った時には、ほんと驚きました。
最中、かわいいでしょ。顔だけじゃなくて立体的だからねー。でも、たぶん岡山駅などでは売っていない、とてもローカルお菓子なんです。
「ふぐ」つながりの演舞場なのですか そういうのも面白いけど、気分的には鰹なんかがよさそう(と思ったら、来月歌舞伎座で「髪結新三」ですね)。

投稿: きびだんご | 2009.05.15 00:04

あれ、この記事、読み飛ばしていたのかしら、今ごろすみません。
吉右衛門丈といえば、お義母さまですものね…お参りなさったときに、松永大膳がとてもよかったってお話してさしあげてくださいませ。
雪舟がネズミを描いたのは岡山のお寺だったのですか!! なんとなく京都あたりかと思っていました。雪舟もなかがあるなんて、面白いですね(^^)
人形振りは、イマイチな感じでした。
らくだの由次郎さん、意外な配役だと思いましたが、なかなかよかったですよね。

投稿: SwingingFujisan | 2009.05.16 17:50

SwingingFujisanさま
いつでもどうぞ!ですわよ。私なんか、自分がまだ見ていないものは読まないでおいて、見てからじっくり読んでコメントする、ということも多いですし。
義母のこと、ありがとうございます。ちょうど明日、お線香を上げに行きますから忘れずに報告しますね。
伯備線総社駅の駅前広場に、たぶん縛られた雪舟の像があると思うんですが、お寺はそこから車で5分ちょっとくらいかしら。そことは別に、国道沿いには「雪舟生誕の地」の看板が(昔は)あって、そっちは秀吉が水攻めにしたお城に近いんですよ・・・と、観光案内でした
由次郎「馬吉」はなんか薄気味悪さがありましたね。ほんと冷たそうで。

投稿: きびだんご | 2009.05.16 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テレビに「R2C2」 | トップページ | 昭和15年11月3日~昭和16年12月7日:浅草 »