« トヨエツ人気にあえなく退散 | トップページ | ご愛顧30年、ですって »

2009.05.25

「おしどり」は何回でも見たくなるね

5月24日(日) 歌舞伎座・五月大歌舞伎 夜の部

 初日に見て以来の2回め。舞台写真の入った筋書きも買ってきたよ。生写真のコーナーも覗いたけど、人がワンサカ群がってた。菊ちゃんの「おしどり」の写真が少なかった気がするけど、見えてなかっただけかな。もう少しで海老蔵@暫のアップの写真を買うところだった。ふーっ。

 今回は3階のほぼ中央から=「毛剃」で船がぐるっと回って「汐見の見得」をするとき、ほぼま正面で向き合う位置。上から見ると、いろんなシーンがまた新鮮で面白くて、「夕立」「神田ばやし」は特に楽しんだ(つまり、やっぱり菊ちゃんが出るのは近くで見たい、ってことかもね)。

 ところで井上ひさし「きらめく星座」を見たからなのか、ふと「手鎖心中」文庫新装版(文春文庫、5月新刊。解説は中村勘三郎)を読む気になった。この中に「江戸の夕立ち」というのが入っていて、大店の若旦那と幇間が時化の海で遭難して、大きな船に助けられる場面がある。ちょうど「毛剃」を見た直後だったので、頭の中に現れる絵は、まさに團十郎の乗った船!(ただし小説の方の船頭は東北の訛りなの)

 で、現実の舞台では・・・今日は、異国情緒のあれこれや、奥田屋での毛剃一行の踊りなどを楽しんだ。踊りは上から見るとまた楽しいね。「夕立」もまたしかり、で、菊五郎から立ち上る、えも言われぬ江戸の風情、みたいなものを少し意識できた気がする。時蔵さんはたぶん「退廃」とか「爛熟」とかいう言葉が似合う部分があるのね。

 そして「神田ばやし」。わりと留吉にイライラせずに(笑)見られた。これは2回めだから、というだけではないと思う。一言喋るたびに笑いがくるような役つくりはどうなの?と思う場面もあったけど、なんだろう、なんかスッキリさせた部分でもあるのかな。

 「おしどり」はやっぱり綺麗で、うっとり見つめてるだけで時間が過ぎてしまったよう。この3人ならではの息の合ったところ、そして松緑・股野の憎らしさなど、感心しつつ堪能したのでした。このところ、松緑株が私の中では ラスト、雌雄の鴛鴦の精と股野が決まるところで、海老蔵の雄鴛鴦がふわっと飛びそうな錯覚が起きましたワ 菊ちゃんはほんと美しいだけでなくて声も綺麗だからいいよねー。

|

« トヨエツ人気にあえなく退散 | トップページ | ご愛顧30年、ですって »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

あら、そういえば「手鎖心中」って、去年だったか勘三郎×三津五郎×時蔵でやりましたよね。「江戸の夕立ち」というのも面白そう。東北訛りなのは井上ひさしだから、ですね
松緑株が--私も、です もともと江戸っ子のすぱっとした感じはとっても好きだし(ここに、菊五郎さんから立ち上るような江戸の風情が加わると、もっとね)、形がきれいだなあと思います。
菊ちゃんっていうと鈴をころがす声、鈴をころがす声といえば菊ちゃん、と連動して頭に浮かびます

投稿: SwingingFujisan | 2009.05.26 08:17

SwingingFujisanさま
どっひゃー。「手鎖心中」の舞台のことは全く頭にありませんでした 私は高校時代、日本史とくに近世史あたりを覚えるのが好きで、山東京伝は手鎖○日の刑、とか、およそ試験に出ない部分を楽しんでました。
「江戸の夕立ち」は、前進座が「たいこどんどん」の外題で上演してるものだそうで、こちらの方は見てはないけど記憶にあります。
松緑くん、こういう悪役の太さとか、三津五郎さんの殿様と組んだ泥棒の情とか、なんか記憶に残ってます。

投稿: きびだんご | 2009.05.26 09:01

『手鎖心中』、この間から本屋さんで「買おうかな??? でも、探せば元版が出てきそうだよなぁ・・・」と悩んでおりましたが、そんなおまけ?がついてましたか!

うーん、仕事もおおかた片付いたし、やっぱり「毛剃」から見たくなりましたよ~、千秋楽。

松緑くん、最近、わたしもですよ~。もともとパパもじいちゃんも大好きなので、逆に「なんで、息子(孫)が・・・」っていう思いだったので、うれしいです。

投稿: おまさ | 2009.05.26 15:27

おまささま
今夜、千秋楽の歌舞伎座に無事いらしたのかしら? 私も行きたかったですが、いやいや先約が
「手鎖心中」は私も解説のことを全く知らずに買ったので、びっくりしました。で、よーく見てみたら、オビではせっせと「勘三郎の解説だよー」とアピールしてました。
松緑くんはほぼノーマークで来たんですが、もっと注目しようと思ってます。

投稿: きびだんご | 2009.05.26 23:27

おかげさまで、無事、最初から見ることができました。

『手鎖心中』のオビは、まったく眼中になかったです、わたくしも・・・(汗)。
あとで、本屋さんで確認してみます。

投稿: おまさ | 2009.05.28 12:09

おまささま
きゃーっ、千秋楽の夜の部、ごらんになれたのね。
羨ましいゾ。でもまぁ、来月に気持ちを切り替えます。
来月といえば、またどこかで(歌舞伎座? 演舞場? 能楽堂?)でバッタリするかしら。歌舞伎座はいまひとつ力が入ってないんですけども。

投稿: きびだんご | 2009.05.28 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トヨエツ人気にあえなく退散 | トップページ | ご愛顧30年、ですって »