« 今年も鏡花ですか! | トップページ | 菊ちゃんトンボ? »

2009.05.03

いずれ牡丹か芍薬か

Botan Botan_syakuyaku  実家の庭で、ちょうど牡丹が一輪咲いていた。牡丹と芍薬が隣り合って植わっていて、芍薬の方はツボミで、同時に咲いて見比べる、というわけにはいかないようで。・・・だって、「立てば芍薬、座れば牡丹」と言うんだもの。いっぺんに見てみたいじゃないの。

 というか、牡丹と芍薬、絶対に区別がつきません。葉っぱを見ればわかるとのことで、いちおう葉も写してみた。それが右側の写真。はい、牡丹の葉と芍薬の葉、両方あります。さあ牡丹の葉はどっちだ

 牡丹といえば獅子・・・歌舞伎座の「青獅子」(川端龍子)がいちだんとよろしいようで。建て替え期間中、あのたくさんの絵はどこかにしまわれたままになるんでしょうか。お能「石橋」もまた見てみたいなぁ。

|

« 今年も鏡花ですか! | トップページ | 菊ちゃんトンボ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぎざぎざしてる方が牡丹、すーっとアーモンド形のが芍薬、じゃなかったかなぁ。
ガッコで、牡丹はもともと木本類すなわち「木」で、草本類「草」の芍薬とは違うもんだったけど、観賞用に品種改良するに当たって芍薬の根っこに接ぎ木して咲かせるようになったと習いましたん。
もともと「木」の牡丹のほうが背が高くて、「草」の芍薬を見下ろしていたハズなのに、いつの間に高低が逆転しちまったのか、面白いなぁと思いますです。
私は、桜散る、梅はこぼれる、椿落つ、牡丹崩れる…ってのの、崩れる!に妙に共感します。女性美って、そういうもんじゃないかと感じてて。

投稿: 猫並 | 2009.05.04 11:18

猫並さま
ピンポーン さすが、かの学部出身(というか、ちゃんとおベンキョなさったのね、と思わぬところで我が身を振り返る、と)。芍薬の葉の方がシンプルだけど、つややか、でもありました。
牡丹が木と言われても、実感が伴わないゾという感じ。もっと幹(茎)のあたりもよく見てくればよかった。
そして
>桜散る、梅はこぼれる、椿落つ、牡丹崩れる
ですか。なるほどなるほど。思い描くと・・・無常ですなあ。

投稿: きびだんご | 2009.05.04 11:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年も鏡花ですか! | トップページ | 菊ちゃんトンボ? »