« まさに備忘録:ひとことメモ | トップページ | フランスvs.ハンガリー? さてどっち »

2009.06.28

土日は千穐楽

6月28日(日)

 今日は新橋演舞場の千穐楽だなぁと思いつつ、終日仕事でございます(まだまだ終わらない)。でもいいんだ、大阪に行くもん。これは半ばヤケ

 実は、昨夜9時20分ごろ、歌舞伎座にいた私。 と言っても、歌舞伎を見たわけじゃあなくって。大阪のSさんが、昼夜の通しでいらしてたので、終演後に近くで飲み会、という約束で、単なる待ち合わせだったの。

 いつもは、たとえば夜の部の開場待ちで、出てくる人を見ることはあるけど、その時は、早く入りたい、という気持ちしかなくて他人のことなんて眼中にない。それが、千穐楽の夜の部、見終わった人の群れを待ち受ける、というのはちょっと珍しい経験だった。やっぱり満足感と寂しさと・・・不思議な感じが漂っていたように思う。

 で、飲み会においては、昼の部だけを見た別の友人も合流して、しばし仁左衛門の話に花が咲いたのでした。拍手が鳴りやまず、一度幕が開いたことなど、もう熱気充分であれこれ聞いて、ほほーっ。そんな風に熱く語る場にいて、なんだか見てない自分も幸せな気分。

 2人とも、歌舞伎においてはとにかく仁左さんだからねー。たとえば、がんばって上京する、ほかの予定をさておいて見てしまう(まつたけの罠にかかる)。それも、こんな時にはアリだよね、と思う。私も見習って(爆)、ここだ、という時には逃さないようにしたいもの。・・・んなわけで、東京の「NINAGAWA十二夜」の楽は犠牲にして旅費を捻出し、大阪があるさっという次第。負け惜しみも若干、かなあ。

|

« まさに備忘録:ひとことメモ | トップページ | フランスvs.ハンガリー? さてどっち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大丈夫、館主様に成代わり、私めが演舞場の楽を堪能してまいりましたとさ。

投稿: クヮン | 2009.06.28 21:55

私も、演舞場の千穐楽で、前日歌舞伎座の昼の楽を楽しんだというお友達の話を聞きまして。
拍手鳴り止まず…でも、いくらなんでもあのびしょびしょのカッコで花道を引っ込んだ仁左衛門が出てこられるはずもなく、どうなるんだ?と思っていたら孝太郎が…とか。
そんな話の後で、こちらも拍手鳴り止まず、追い出しが鳴っても出てってくれないお客さんのために、やっぱり若旦那が一人舞台に再登場して手を振ってましたとさ。

投稿: 猫並 | 2009.06.29 07:27

クヮンさま
ぐゎゎゎん。畏れ入りましてござりまする

投稿: きびだんご | 2009.06.29 15:47

猫並さま
そうそう仁左さんに拍手はしても、あれで本人が出てくるのはいやだ、そういうつもりじゃない(それは○○屋に任しとけ)等々、熱かったですっ。私は、まぁ余裕で聞いてたわけですが、これが演舞場の話だったら、顔がピクピクしてたかも はい、来月は私が皆さんの分まで手を叩く所存です。

投稿: きびだんご | 2009.06.29 15:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まさに備忘録:ひとことメモ | トップページ | フランスvs.ハンガリー? さてどっち »