« 「青菜」の季節になった | トップページ | 清水邦夫の戯曲も読んでみたくなった »

2009.06.01

6月から東京新聞はじめました(笑)

6月1日(月)

 会社に行ったら土曜日の東京新聞夕刊をチェック、というのはしばらく前から習慣にしていたのだけれど・・・ついに我慢ならず、購読を開始しました。販売店(これはずっと取ってる朝日と同じ店)に電話して、「夕刊だけって取れますか?」 こんなことを言う人はいないでしょうかねぇ。「朝刊だけというのはありますが」いかにも夕刊はオマケという雰囲気。

 仕方ない、とりあえず1ヶ月入れてください。でも30日の夕刊が欲しいんですけど。・・・というわけで、先ほどめでたく30日夕刊も手にしましたワ。今日の朝刊には、小田島先生も書いてらっしゃるし、まあ幸先いいということにしましょう。しかーし、そもそもうちでは2紙購読していて(ひとつは超マイナーな、なんで読んでるのかわかんないもの)、ついに一人一紙となってしまった。

 そういえば東京新聞では五木寛之「親鸞」連載中。実家に帰ったときにも見たんだった。挿絵が私が何回も取り上げていた(と、思う)山口晃さん。この新聞の影響か、地方では「さし絵画家」と思われているとか。そんな彼がなぜか「UP」という東大出版会のPR誌に「すヾしろ日記」という1ページ漫画を連載していて、これが来月、単行本にて刊行予定(版元は違う)。いま上野の森美術館で開催中の「ネオテニー・ジャパン」展でも作品が見られる。奈良美智とか村上隆、鴻池朋子なんかもね。これって、精神科医のコレクターの所蔵作品らしい。いいなぁ。奈良さんの「落書き」の切れ端でもほしいくらいだ

|

« 「青菜」の季節になった | トップページ | 清水邦夫の戯曲も読んでみたくなった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おお、東京新聞仲間、いらっしゃ~い。30日の夕刊、よかったですね。
というか、ちょっと煽ったような気もして責任を感じたりして
それぞれの新聞に特徴やいいところがあるでしょうが、私が長年東京新聞から離れられないのは値段と、ここ何年かの歌舞伎欄の充実(週1回ですけどね)と、折々のコラム欄のためですかね(コラムじゃないけど「この道」ファン。ノーベル賞の小柴さんの時はとても面白かった)。小説は連載期間が長いので、抜けてしまうことがしばしばです
しかし、夕刊だけという販売法はないんですかね

投稿: SwingingFujisan | 2009.06.02 07:43

SwingingFujisanさま
はい、仲間入りしましたので、よろしくお願いします だってさー、SwingingFujisanさまから東京新聞経由の菊ちゃんネタとかがピュンと届くと、私もはやく読みたい、となっちゃって
新聞小説はなかなか読めないですよね。いつもは目も留めませんが、東京新聞は挿絵を見るつもりです。

投稿: きびだんご | 2009.06.02 09:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「青菜」の季節になった | トップページ | 清水邦夫の戯曲も読んでみたくなった »