« 清水邦夫の戯曲も読んでみたくなった | トップページ | 東京新聞と「をちこち」のその後 »

2009.06.04

【メモ】歌舞伎座、初日!!

6月3日(水) 「六月大歌舞伎 昼の部」

 またしばらく仕事仕事、合間に観劇(ほんとか? 逆じゃないの?? という声がこだましてる気がしますが・・・)。とりあえず確保していた昼の部3階10列。狙って初日にしたわけではなくて、単に大丈夫そうな平日が他になかったから。いやはや、さすがに華やかでした! 昼の部は、仁左衛門、一世一代の「女殺油地獄」、夜の部は四代目松本金太郎襲名・初舞台だもんね。で、チケットwebを見ても、昼の部は真っ赤っか。それはいいけど、・・・みんな新橋演舞場も忘れないでね

 さすがにぎっしりの客席は、ものすごく「見るぞ!!」という気が溢れてる感じで、いらつくようなこともほぼなくて、そういう意味でも幸せでした。ただ一つ、「油地獄」でもはや与兵衛が匕首を抜く寸前に携帯音が私の右ブロックあたりで 抑制装置が使われてるからといって油断しちゃイカン。

 その「油地獄」。うーーん、仁左衛門さんはなんてカッコいいの。じゃらじゃらしてる柔らかさとかも、余人には真似できません、というところでは。他の役者さんも素晴らしくて(特に歌六さん、秀太郎さん、梅枝くんの河内屋ファミリーあたり)、これじゃあ何日も通いたくなるわね、と思ってしまった。あ、いえいえ、演舞場へ行きますよ

 「双蝶々」角力場も、幸四郎・濡髪に吉右衛門・放駒の顔合わせを見られるとは

 ・幕間に2階ロビーの「小さな松本金太郎展」へ。本人のかわいいサインもありましたワ。問題(笑)はそこにあった千住博筆のお祝いの絵(扇面)。、作者の自筆(?)署名が普通の「博」というのをきっちり確認したゾ。何かとお思いでしょうが、印刷物などで彼の名前を良くみると、「博」の右上のテンはないはず。いつからかは知らず、そういうことになってるんだけど、正直「普通の博でいいんじゃないの」でした。

 ・近くに長年、歌舞伎をご覧の老人がいらして幕間にお隣さんと話してるのが聞こえてきた。どうやら富十郎「矢車会」の話題などから、日生劇場のこけら落としか何かで、富十郎の弁慶を見た(武智演出)、その時も能のやり方だった、番卒に京都の狂言の人が出た、などなどと。ま、うんちくっぽいんだけど、おもしろくて。芸談ならぬ観客談というのか、つい聞いちゃいました。与兵衛の匕首の扱いについてもね。こういう幕間だけの、へぇぇというお喋りなら歓迎だなー。

|

« 清水邦夫の戯曲も読んでみたくなった | トップページ | 東京新聞と「をちこち」のその後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

アレ、なぜに初日?!と思ったら、そういうことでしたか。
もしかして、土日は演舞場通いですか?(笑)

昼の部、見るときっともう一度見たい!と思うに違いないのですが、あの真っ赤っかじゃ、ムリですよね・・・。
今月はお能方面でアレコレあるので、1回だけにしぼったのですが、やっぱりもう1回チケットをとっておけばよかったかなぁ・・・(T_T)

投稿: おまさ | 2009.06.04 07:38

おまささま
ハイ、そういうことです 演舞場もさすがに前2回ほどは行かない(はず)。千穐楽の28日も予定空白のままなんです。
今月は私も能狂言がいつもより多め。なぜか勢いがついちゃった、あっ、明日のNHK「生活ほっと」は万作さんというのも思い出しました。
歌舞伎座、行けなくなった時でも諦めがつくように3階Bにしていたのですが、せめて3階の前のほうから、イエ1階から見たかったなぁ。そういう見通しが全然きかない私なのです


投稿: きびだんご | 2009.06.04 08:08

おはようございまっす!(やけに元気)
早速のレポ、ありがとうございます。本日これから行ってまいります(3階1列(^-^))。そうなのね、やっぱりカッコいいのね>仁左様。夕べ1階8列が出ていたので、一度はあきらめたものの結局購入。一月に二度も1等を買うなどという暴挙に出てしまいました。松竹にのせられてるなぁ。ってことで、今日は私としてはリハーサルです(笑)。
演舞場も2回行くぞ!のからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2009.06.04 09:04

私は、実直な仁左衛門は後に回して、夜から、で、今日観てきました。
なんか微妙なすれ違いだ…

投稿: 猫並 | 2009.06.04 23:54

からつぎさま
遅くなりました というか、コメント書いたはずなのにどうして存在しないのでしょう・・・。
すっかりのいい気分でいらっしゃることでしょうね。おそろしや、仁左さまパワー
あ、私も初日のすんごくいい席を偶然見つけてはいたのですが、他の日ならまだしも、すでに持ってるのに、と思って指をくわえて見送ったのでした。ま、さよなら公演の初日に、3階の上のほうから見たんだ、というのを一生の記憶にします。ぐすん。

投稿: きびだんご | 2009.06.05 00:52

猫並さま
おおそうでしたか。なんか、見る順番とか、こういう微妙なすれ違いが、ままある気がしますねぇ。
「NINAGAWA十二夜」も、きっとすれちがい

投稿: きびだんご | 2009.06.05 00:55

千住博のテン--なんと細かいところにお気づき!! さすがと感心しました。で、今日再び歌舞伎座に行きましたので、早速確認してきました。確かに Wikipediaで見たら、正しくは上にテンのない「十専」なんですって。普通は、テンのないことにこだわるのは本人のほうだと思うんだけど…。
そういえば、今日もどこか大事なところで、携帯鳴ってたような。初日も「草摺」でマナー音が聞こえてきたし。
二度目の「油地獄」、なんだか、まだ気分が昂揚しています。仁左様だけに気持ちが偏りがちですが、おっしゃるように歌六さん、秀太郎さん、梅枝くんのファミリー、そして孝太郎さんも私はとてもいいと思います。

投稿: SwingingFujisan | 2009.06.05 20:27

SwingingFujisanさま
千住博・・・同業の友人たちには速報ネタにしましたよ。気がつくとか、そういうことじゃなくて、ふだん迷惑(笑)してるんだもん。で、本人にはこだわりがないんかい?と、そのあたりを追究したくなってる私です。
しかーし、初日は水曜日、今日はまだ金曜日ですわよ、SwingingFujisanさま! トータルで何回ご覧になるのかしら。・・・って、またすぐ行きたくなる気持ちはわかります。
私、正直言って、孝太郎さんはあんまり眼中になかったんですが、そうですね、あの不吉な感じとか(あっ、名前はお吉なのか)、言われてみれば、なのでした。

投稿: きびだんご | 2009.06.05 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 清水邦夫の戯曲も読んでみたくなった | トップページ | 東京新聞と「をちこち」のその後 »