« 「プロペラ」公演に思う:言葉編 | トップページ | 「プロペラ」公演に思う:舞台編 »

2009.07.15

美しさと若さを思った歌舞伎座・夜の部

7月14日(火) 「七月大歌舞伎 夜の部」 16:30~ 於・歌舞伎座

 「夏祭浪花鑑」海老蔵(団七)、勘太郎(お辰)、猿弥(釣舟三婦)、笑也(磯之丞)、市蔵(義平次)、獅童(徳兵衛)ほか 「天守物語」玉三郎(富姫)、海老蔵(図書之助)、勘太郎(亀姫)、吉弥(薄)、門之助(舌長姥)、獅童(朱の盤坊)、我當(近江之桃六)ほか。3階2列中央付近から

 今月は夜の部だけの予定。海老蔵の団七を見てみたい、というところで。住吉鳥居前の場では、海老蔵-獅童の見映えがする2人に、あらっという感じ。獅童くんは以前、磯之丞を見たことがあったっけ(歌舞伎座じゃないけど)。徳兵衛の方が見た目からは好きだなぁ。笑三郎さんのお梶もすっごく綺麗で、目の保養の幕でしたわ。ただしお梶が団七の女房っぽいかというと・・・。そんなに綺麗じゃなくていいです(なんてワガママな観客)。休演してらした猿弥さんがお元気に三婦を演じられていて、よかったよかった。

 勘太郎くんのお辰は、いちだんと父親そっくりの声と台詞回しに驚く。お友だちのブログで、皆さんがわざわざ書いてらしたのはこういうことかと納得。前は、あぁ声が似てる、ってくらいだったんだけどね。・・・で、その、いちいち勘三郎と似てる、と思っちゃう(思わざるをえない)点が、少し辛かった。だって、ストレートに勘太郎くんのお辰を見てないということだもの。

 そして長町裏。やっぱり若くて綺麗な団七だからか、殺しの場面も生々しさを感じてしまう。あぁ義平次の憎らしさがそれほどでもなかったこともあるのかな。正直言うと、トドメを刺して決まるところなんかで、ふっと「殺してるのに拍手してるなんて、歌舞伎って変」などと、普段思いもしないことが浮かんだりして。そう思うと、祭りの賑わいも迫力不足というか、あの賑わい-この凄惨な親殺しの対比=寂寥・闇、というイメージからは遠かった。でも、それがたぶん今の若い海老蔵による団七なんだと思うと納得するのだった。

 「天守物語」は初めて見た。夜の部を見に行こうかどうしようか迷っているときに、友人が「富姫の美しさを見るだけでもOK」と言ってたけど、確かに!! 裲襠の素晴らしさにも目が点。これは近くで見たかった。富姫と図書之助が並ぶと、また一段と素敵(海老蔵の台詞の感じもこちらの方が普通でよかった。夏祭では笑うところじゃないでしょ、なのに笑いがきたりしてた)。で、私のツボは、ずっと舞台の中央後ろにいた(あった)青獅子。チョー可愛いんですけど、とミーハーしてみる。待受画面とかストラップにしたい。そうそう吉弥さんの薄はもう絶対のはまり役に思えた。

 いつもながら、全体が玉三郎の美意識で貫かれてるのよね、というのを強く感じた(侍女たちも綺麗な人ばかり)。終わって緞帳が下りても明るくならないから、あら?と思ったらカーテンコール。海老+玉+我當。6月7月は、カーテンコール月間になりそうだなぁ。

|

« 「プロペラ」公演に思う:言葉編 | トップページ | 「プロペラ」公演に思う:舞台編 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

『いつもながら、全体が玉三郎の美意識で貫かれてるのよね、というのを強く感じた』
同感です・・というか、残念なことにそういう感想しか持てなかったのです。
初演時にそう感じてしまい、それ故今回は昼夜ともパスです。
玉さまも海老さまも溜息が出る程に美しいのですが、
何故か再び観たいという気が起こらない・・不思議です。
十二夜の千穐楽、楽しんでいらしてくださいね(^^)
大阪公演だからもっと弾けちゃうかもしれませんよね。
レポを楽しみにしております!

投稿: 尚花 | 2009.07.15 10:41

なんと!
またもや1日違いのすれ違い、私は今宵(15日)観てきました、夜の部。
あー、いつまでこういう運命なんでしょう?

投稿: 猫並 | 2009.07.15 22:55

尚花さま
やはり、尚花さまもですか どうだっ、というくらい綺麗なんだけど、綺麗ねと少し冷たい目で見ている自分がいる、というのが近いです。
・・・で、初演以来ハートわしづかみの「十二夜」を、体調をしっかり整えて見てきますね。皆様にご報告せねば、と、責任重大

投稿: きびだんご | 2009.07.15 23:42

猫並さま
嗚呼、今月も「君の名は」。
実は昨日、そろそろお出ましか、と、3階1列をチェックしたんですがねー。万一、同じ日だったとしても、見つけられなかったでしょうか。

投稿: きびだんご | 2009.07.15 23:44

間違えました(^-^;
初演時ではなくて、初見時でした。

十二夜千穐楽は200回記念公演なのですね。
手ぬぐい撒きがあるといいですねっ!(^^)!

投稿: 尚花 | 2009.07.16 09:12

尚花さま
いやいや、頭の中では「初見」と読んでましたよ。
松竹座の千穐楽、さてどんなことが起こるのでしょう。わくわく

投稿: きびだんご | 2009.07.16 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「プロペラ」公演に思う:言葉編 | トップページ | 「プロペラ」公演に思う:舞台編 »