« ダブルブッキング未満、いくつか | トップページ | 怪談を見に行って、地震に肝をつぶす »

2009.08.08

地域の図書館

 仕事上の調べ物のため、何冊かの本が必要になった。まず、地元の図書館に置いてあるかどうかをネットでチェック。全部で5冊のうち、3冊は大丈夫なので、午後から借りに行かなくっちゃ。

 残り2冊のうち、1冊は「近隣市民」として利用カードを発行してもらっている府中市の図書館。うーん、暑いけど来週早々にでも行ってくるか。お盆休みじゃないよね、と、利用カレンダーを見たら、休館日は17、18日なので、お盆の間はちゃんと開館してる。地元の図書館もそうだよね。ご苦労様でございます。ずっと図書館で涼むのもいいかー

 この府中市の中央図書館が駅のそばにあったなら、ほんとに助かるんだけど、そうはうまくいかない。広いし、館内資料検索なんかもすごく行き届いてるの。自転車で行くには遠いので(熱中症で倒れかねない)、やっぱり電車+徒歩しかない。

 そして最後の1冊は、簡単に入手できそうにないので諦めた。どこまで手間暇かけるか、というのも大きいので、線引きも必要なのだ。一応、NACSIS Webcat でチェックしてみた。某大図書館で持ってればよかったんだけども。残念。でも、こうして家にいながらいろいろさがせるなんて、ほんと、便利になりました。あ、最後の手段は国会図書館だけども、どうも面倒で(長らく行ってないなぁ)。

 ついでに地元図書館で、今月の予約本リストを見てみたら、例の村上春樹「1Q84」上下が1、2位を占めてるんだけど、上の予約件数1001。それを13冊の購入本で回すんだって  いやはや。そのリストの中に、処分しようかと思っていた東野圭吾の単行本があったから、寄付するつもり。

|

« ダブルブッキング未満、いくつか | トップページ | 怪談を見に行って、地震に肝をつぶす »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わたしも仕事上の調べものでよく図書館を利用するのですが、事前にネットでチェックできるようになったので無駄足を運ぶことがなくなり本当に助かっています。

ところで、6日の日経新聞の朝刊に、2011年から国会図書館の本を有料でネット配信することになったという記事が掲載されていました。地元の図書館で手に入らない場合に利用できるのであれば、お値段にもよりますが、非常に助かります。ただ、わたしの場合は、国会図書館まで調べる必要があることはほとんどないと言っていいので、どれだけ恩恵があるのかは?ですが(^^; 

投稿: kirigirisu | 2009.08.09 01:13

kirigirisuさま
ほんとに、いつの間にこんなに便利になったの、という感じで、ありがたいですよねー。借りたい資料は自宅仕事用なんですが、会社にいる時にネットで予約しておいて、帰りにさくさく受け取る(地元図書館は最寄り駅のそば)、なんてこともできるし。
国会図書館のネット配信ですか! 最後のよりどころとしては、いいですね。値段が気になります(新聞横断検索なんか記事を読むのに1件200円ですから個人じゃ無理)。ちょうどきのう我が家でも、ネットで読める論文(有料/無料)について、父子で話してました。父=文系研究者、子=工学系学生なので、環境が全く違うんです。

投稿: きびだんご | 2009.08.09 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダブルブッキング未満、いくつか | トップページ | 怪談を見に行って、地震に肝をつぶす »