« 【メモ】斎藤幸子で、もんじゃ焼をマスター? | トップページ | 9月は文楽公演 »

2009.08.23

【メモ】死神の精度

8月22日(土) 「死神の精度」 13:00~ 於・シアタートラム

(石井光三オフィスプロデュース) 原作/伊坂幸太郎 脚本・演出/和田憲明 出演/香川照之、中川晃教、鈴木省吾、ラサール石井 (J列右ブロックから)

 和田憲明という人の作品を見るのは初めて。「死神の精度」という作品と、香川照之の名前に惹かれて。この死神~、すでに映画になってるけど、この秋、別の舞台もあるようで人気なのね。

 役回りとしては、香川照之が死神、鈴木省吾もそう(こちらの方がほんと死神っぽい)、で、ラサール石井が判定対象のヤクザ、中川晃教はその子分のチンピラで複雑な背景を持つ。この中川くんの、いかにも今どきのニイちゃんっぽいボキャブラリー&喋り方と、妙に古くさい感覚(ズレ方で笑わせる)の香川さんのやりとりが笑える。いや、中川くん、よかったっす。

 最初にラサールさんが出てきた時は、声が通らないし、なんだかなぁと思ったんだけど、重戦車っぽく、ちょっと時代遅れの任侠に生きる男を好演。そういえば私は生でラサールさんを見たのは落語の高座だけだったか?

 死神はミュージックが好きなの。深夜のCDショップでは死神たちが試聴しながら集ってるかもよ。原作を読んでないんだけど、暇になったら読んでみようっと。

 21日初日で、まだ2ステージめ。カーテンコール3回(3回目の時は手拍子だったんでちょっとびっくりさ)。ラサールさんがその時の挨拶で言うには、「和田憲明の舞台でカーテンコール3回なんてめったにない」と。その後、突然(?)「中川くんから一言」なんて振ってましたわ。

|

« 【メモ】斎藤幸子で、もんじゃ焼をマスター? | トップページ | 9月は文楽公演 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

あー、全然惜しくないけど(笑)、私は21日の同じ初日に隣というか上?のSeptにいました!
もしも同じ日だったら、これもニアミスというのか?!

これ、凄く興味があったのですが、どうにも日程が取れず、どちらかといえば『ドリアン・グレイ』だったので諦めました。
つくづく、25日間やってくれる歌舞伎はエライと思ったりして。

投稿: 猫並 | 2009.08.23 22:13

このブログが更新されると私のブログにタイトルが表示されるので、「なんじゃ、斉藤幸子とか死神とか、このタイトルは」と思ってお邪魔すると、お芝居のタイトルだった、というのが最近続いてます。

投稿: kazzp | 2009.08.23 22:27

猫並さま
そうなんです 私は猫並さんの「ドリアン・グレイ」を読んだ時に、一瞬、同じ日のマチネで、上と下に分かれて見てた?と錯覚してしまいました。惜しかったなー
私は逆で、「ドリアン・グレイ」の方をなんとなく様子見しているうちに、忙しくなってしまい、残念っ。納涼の第2部をとっとと見に行っていてよかったです。やっぱり行ける時を逃さず行かないとダメですね。

投稿: きびだんご | 2009.08.23 22:55

kazzpさま
そうそう、kazzpさんにはヘンテコなタイトルが有効なんでした
「斎藤幸子」というのは、すっごく字画が悪いそうですが(と、お芝居では言ってた)、大勢いそうですよねぇ。サイトウサチコさんがこれを見に行くと、何か貰えるんだそうです。あ、広島出身のkazzpさんはもんじゃ焼、食べたことありますか。

投稿: きびだんご | 2009.08.23 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【メモ】斎藤幸子で、もんじゃ焼をマスター? | トップページ | 9月は文楽公演 »