« 「歌舞伎座の夢」 | トップページ | 二度目の文楽版テンペスト »

2009.09.20

「勧進帳」を3階東から見る

9月19日(土) 歌舞伎座・夜の部

(「鞘當」「鈴ケ森」)「勧進帳」幸四郎(弁慶)、吉右衛門(富樫)、染五郎(義経)ほか 「松竹梅湯島掛額」吉右衛門(紅屋長兵衛)、福助(八百屋お七)、錦之助(吉三郎)、東蔵(母おたけ)ほか

 毎月のことながら、夜の部はいつ見に行くか決めるのがむずかしい。あんまり土日に出かけたくはないのだけれど、でも他に行けないし・・・というわけで。たまたま、webで3階東が出た時に、「勧進帳をここで見てみるのもいいか」と思ったこともあったのでした。

 が、なんと2時すぎに、たまたまNHKをつけたら小栗旬くん発見。土曜スタジオパークにご出演で、ついつい最後まで見てしまって、おかげで夕食の支度がはかどらず。ちょっとあせったけど、「えーい。「勧進帳』から見る」と、早々に諦めたのでした。なので、今日、全部見られなかったのは、ひとえに小栗旬くんゆえ

 その3階東。私のいたブロックは5人全員、一人客。このあたりは全く話し声がせず。その分、正面40番台あたりの声がけっこう聞こえて、意外に気になるものだなぁ、という気もした。私は「さよなら公演」中に、カンベンしてよ、というグループ客などには遭遇してないんだけど、その中では今日はちょっとだけムムムと思うことも。

 「勧進帳」は、うん、あの花道の出がよーく見られたのはよかった。たとえ1階で見ていても、そうは全体的に見られないもの。まぁ、問答のあたりは、近くで見ていたらずいぶんな迫力だっただろうな、とは思うけれど。というか、こんな席に座ってたら、いかにも高麗屋ファンですかしら。

 つまりは富樫を見るには向いてないんだけど・・・まあ仕方ない。こうして歌舞伎座のさよなら公演で、兄弟の弁慶-富樫を見ることができてよかった。で、幸四郎弁慶は、感情表現がストレートな雰囲気なのね、と。

 次の「吉祥院お土砂」は、そうだったなぁ、とストーリーを思い出しつつ見ていた。いろいろ最近の(?)ギャグなんかもあれこれ。でも、こういうのを吉右衛門で見たいかどうか、というのは・・・。こんなことを言うのは頭が硬直してる証拠かしら。

 「櫓のお七」は、福助の人形振りに見とれちゃった。鍛えられた身体にこそ美は宿る、などというと大げさですね、はい。人形振りを見ると、毎度、「よくこんなことを考えたわね」と思っちゃう。そう思いつつしっかり楽しんで、あぁ面白かった!

|

« 「歌舞伎座の夢」 | トップページ | 二度目の文楽版テンペスト »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

小栗旬クン、今日も徹子の部屋に出ていましたね(スタパも徹子も両方とも見なかった…)。そういえば、10日ほど前には「笑っていいとも」にも出ていましたっけ(テレホン、藤原達也クンにつないでいました)。

3階東、よく出ましたね!! なかなか出ないでしょう。私、花道のまったく見えない3階西は経験ありますが、東は未だ。

幸四郎・吉右衛門の勧進帳はめったに見られないから楽しみです。
人形振りも今月の期待の一つです♪

投稿: SwingingFujisan | 2009.09.22 21:08

SwingingFujisanさま
もぉぉぉ、今日「徹子の部屋」を見逃してしまいました。仕事だったんで、新聞も読まずに出かけて、帰宅後、東京新聞のテレビらんにて発見。ガーン。笑っていいとも土曜スタパは、どちらも偶然見たんですが(いつもは見ないのに)、今日はダメでした。
人形振り、とてもよかったです。お楽しみに!! 勧進帳は、吉右衛門・弁慶をよく見てたので、富樫・・・?という感じで、どうも頭が固くなってる自分を反省してます。

投稿: きびだんご | 2009.09.22 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「歌舞伎座の夢」 | トップページ | 二度目の文楽版テンペスト »