« 【メモ】「義経千本桜」 | トップページ | グズグズなのに感動する落語会 »

2009.10.24

【メモ】国立劇場で乱歩歌舞伎を見る

10月21日(水) 「京乱噂鉤爪(きょうをみだす うわさのかぎづめ)」 12:00~ 於・国立劇場大劇場

 幸四郎、染五郎、梅玉、翫雀 高麗蔵ほか (3階8列右手から)

 なかなかブログ更新ができなくて、あせってしまう・・・。ゆえに、これは簡単に。国立劇場の3階って値段が安いから、行けるかどうか不安でもとりあえずチケットを抑えたりする、これはその典型。何も考えずに買ったけど、染五郎の宙乗りがすっごくよく見える席(宙乗り小屋の近く)ではあるし、去年も見たのだからと出かけた。

 去年のはまだ、序幕をはじめ綺麗な場面がいくつもあったけど、この続編はとにかく舞台が暗いというか、暗転も多いし・・・前半でちょっともちこたえきれずに かんじんの人間豹が(ストーリー的に)あまり魅力ないのよね~。むしろ染五郎のもう一役の「大子」の方が見せ場が多いような。だからといって、そういう役の染を見たい!という人は、そういないんでは。とりあえず、基本的なお話が、もうちょっと練られていたら、という感じかなぁ。無理矢理、幕末の京都にしなくても、とすら思っちゃうよ。時代やなんかの説明的な台詞が興をそぐんですもの。

 梅玉さんの陰陽師、翫雀さんのお公家は、それぞれに存在感があってよかったと思うけど。それと、梅丸くんが綺麗で 誰?と思っていたら、大向こうさんから「梅丸っ」と声がかかって、おおっ、なのでした。

 あ、開演時刻が12時ちょうどから、というのも、ちょっぴり中途半端でしょう。近くでお昼を食べてから行くには早いし、休憩時間まで待つと(1時半くらい)お腹すいちゃうし。

 この日、会えるかなと思ってた人には会えず、えーっ来てたの?という仕事関係の知人にバッタリ。江戸川乱歩の誕生日だったということを、帰宅してから知ったのでした。

|

« 【メモ】「義経千本桜」 | トップページ | グズグズなのに感動する落語会 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

今回の芝居は、染五郎さんの原案のようですが、大子に重点が置かれているみたいなところは確かにありましたね(染五郎さんは女方はあまり似合わない)。
でも、前半は歌舞伎的な要素が色々詰まっていて面白かったと思います。
梅丸クンは見事でしたよね。きれいだし、難しい役をしっかり自分のものにしている、と感心しました。

国立は12時開演が多いでしょう。朝はずいぶん楽でありがたいのですが、食事が半端になりますよね。開演前にお弁当を召し上がっている方もたくさんいらっしゃいますね。軽く何かを口にしておいて、休憩時間にランチというのがいいのかも

投稿: SwingingFujisan | 2009.10.24 09:43

SwingingFujisanさま
自分でタイトルに乱歩「歌舞伎」と入れながら、あんまり歌舞伎と実感してなかった気がします。
ゆえに、Swingさまが「歌舞伎的な要素が色々詰まって」面白かったと仰る前半よりも、むしろ後半の方を楽しんだのでした。単純にストーリーとして。
国立劇場、1時開演だったら、近くでゆっくりランチを食べてから行けるんだけど(土地勘があるもので)・・・そうすると、お弁当が売れませんね!

投稿: きびだんご | 2009.10.24 17:33

すれ違いではなく、いらしているのを承知していたにも関わらず、お目にかかれませんでしたー
って、積極的に探さなかった根性なしの私ですが…

その日の終演後に聞いた染五郎の話では、歌舞伎として作ることを意識したけれど、照明だけは違うようです。歌舞伎だと、本来はフラットな影のできない照明を作るけれど、ワイヤーアクションはそれだとできないので、と。
で、太った女を出したいと言い出したのは染五郎で「自分がやるとは思ってなかった」そうですが、人形(花がたみ)は脚本家のアイデアなんだそうです。梅丸くんにあてがきしたのかって思うくらい、あの年代でしかできない役でしたよね。

ああ、そしてまた、千穐楽の歌舞伎座ですれ違うあなたとわたしぃ…

投稿: 猫並 | 2009.10.24 21:57

猫並さま
積極的に探さない、というのは同じなんで・・・
すれ違いに加えて、「会えない」状況を楽しんでいるかのような私たち!
明日は、うむむ、夜の部にしたかったですー。
でも、来月はきっと演舞場あたりでニアミス?(笑)

染五郎さんのお話だけ、聞きに行きたかったです。3階からも、あの影は印象的でしたが、なにしろ本人が近づいてくるんで、それどころじゃなくて。

投稿: きびだんご | 2009.10.24 22:17

去年、乱歩歌舞伎見損なったので、今年は!と思い、金曜日に見ました。
一幕目は、なかなかいい感じでしたが、二幕目のラストが・・・。
3階で見たおかげで、染五郎さんの宙乗りはたっぷり拝見できましたがw

梅丸くん、ほんとよかったですねぇ~。
錦成くん(でしたっけ?)もよかったし、部屋子ちゃんたちには、これからもどんどんいいお役をつけていただき、成長を見守っていきたいものです。

投稿: おまさ | 2009.10.26 20:00

おまささま
金曜日!! 私も金曜の夜に行くのが一番便利なのに
ついつい・・・。今後は考えようっと。
一幕目、ということは、やはり「歌舞伎」らしさを楽しまれた、ということですね。
今回は3階とはいえついつい2等席にしちゃったんですが、宙乗りは迫力でした。・・・でも、1階の2等席だったら梅丸くんがもっとよく見えたなぁ、と。
そうそう錦成くん(?)も、とても達者で感心しました。日曜日に歌舞伎座で「河庄」を見たら、そこでも箒の三味線だったので、ちょっとおかしかったです。

投稿: きびだんご | 2009.10.26 22:44

亀RESですが。
そうか、最近どこかで箒の三味線見たな!と思ったら「河庄」でしたね!! おかげさまですっきりいたしました(笑)

投稿: おまさ | 2009.10.29 19:44

おまささま
はいっ。私は25日に「河庄」を見たばかりでコメントしたもので、さすがに記憶が鮮明でした。
梅丸くんと錦成くんは、ともに国立劇場何トカ賞を貰ったんですよね。これからも注目しなくちゃ。

投稿: きびだんご | 2009.10.29 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【メモ】「義経千本桜」 | トップページ | グズグズなのに感動する落語会 »