« 視聴率対決・・・には決してならない!! | トップページ | カフカゆえに・・・ »

2009.10.08

演舞場で新感線を満喫

10月7日(水) 「蛮幽鬼」 12:30~ 於・新橋演舞場

作/中島かずき 演出/いのうえひでのり 出演/上川隆也(伊達土門/飛頭蛮)、稲森いずみ(京兼美古都)、早乙女太一(方白/刀衣)、橋本じゅん(稀道活)、高田聖子(ヘナン)、粟根まこと(音津空麿)、堺雅人(サジと名乗る男)ほか *役名はカナを振らないと、数日後には読み方を忘れていそうだけど・・・。

 あ~、面白かった、とすっかり満足して帰ってきた。脚本がしっかりしていて、演舞場の舞台を十分生かした演出、そして新鮮味のある役者さんですものね~。

 web松竹では3階Bは買えなかったということもあり、3階A(1列左より)から。なぜか両隣、後ろあたり、皆さん比較的高齢。まあ平日の昼間だからねー、と思いつつも、どういうファンなのかちょっと気になる。後ろのグループは太一くんかな。でもお隣の一人でいらしてた男性は、ちょっと謎のまま。

以下、多少ネタばれあります。

 開演前、舞台上のスクリーンには蛮幽鬼の文字が・・・あれれ、蛮勇鬼? 蛮憂鬼?? などとおもっているうちに、舞台は果拿国(かだのくに)。オープニングシーンで、ツカミOKというか、「うん、期待できる!」という感じ。これはやっぱり大事だよね。

 スクリーン(鳳来国・果拿国地図、文字による説明などなど)や、盆の使い方なんかも、すんなり違和感なく。ホラ、時々、説明過多ではとか、ぐるぐる回りすぎとか、思ってしまうこともあるもので。盆はけっこう回ってたとは思うけど、うまく使われてたんだと思う。ほかにも歌舞伎の機構が取り入れられて、そうよねー、せっかく演舞場ですもの、と。

 役者さんでは、早乙女太一くんが、踊りも立ち回りもたっぷり見せてなかなか。ま、方白(かたしろ)という女としての踊りシーンは、サービスでしょうか? そして堺雅人はまさにイメージ通りの役。にっこり笑って(文字通り)人を切るのよ。時に微笑が顔に張り付いて戻らなくなるんじゃ、なんて思えるほど。客演陣ではこの2人が特に印象的。みんなよかったけどもね。そこまで出番はないけど、千葉哲也、山本亨、右近健一ってあたりも、ずしっと。

 で。上川隆也。私としてはもうちょっと、なんだろう、うっとりさせてほしかったという気がしている。ああいう役だとしてもね。・・・これは完璧に好みの問題かな。

 友人に頼まれて1等席も取っていて、それはまさに1階1列センターというかぶりつきだったの。殺陣の迫力なんかはすごいだろうな、と思うけど、3階からは動きの全体がとても綺麗に見えてよかった。堪能したけど、でもどうしても近くでもう1回見よう、ということはなくて、これで満足しとります。

|

« 視聴率対決・・・には決してならない!! | トップページ | カフカゆえに・・・ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

私は3階Aの中央よりやや左、21番でしたが…
なぜお目にかかれなかったのでしょう?!
まぁ…私の周りは同年輩のオバサンばっかで埋没してたのは確かですが(爆)
同じ通路を使ってたハズ、しかも通路から3つ目くらいなのになぁ…なんだ、ニアミスしなくても会えないぢゃないかっ

良かったですね、面白かったです。
半年くらい前?の大通り魔がイマイチだった(私には)あんまり盛り上がってなかったのですが、見逃さなくて良かったです。
太一君の殺陣が堪能できたので、それだけでも満足ですが、全体に「らしく」できあがっててスピード感に溢れて、比較的長いハズなのにあっという間に終わった感がありました。

投稿: 猫並 | 2009.10.08 11:20

猫並さま
いまわかりました 会えないはずです。昨日は1日2回公演だったのね(私が昼行ってる時点で、気がつくべきでした)。そう、私はマチネだったのです。わー!!と思って、舞い上がっちゃった
しかも 私も3階1列21番に座ってたのっ。これって究極のすれちがいじゃあありません?
そうそう、大通り魔よりもうんと面白かったですよね。
お芝居は面白く、そしてこんなオマケの顛末までついて、いっそう忘れられない日になりそう。 

投稿: きびだんご | 2009.10.08 23:02

あ、確かに、ちゃんとみれば昼とありました(爆)
しかーし。同じ日に同じ席の昼夜とは!

投稿: 猫並 | 2009.10.09 18:56

猫並さま
うむむ。猫並さんの方では本文中にちゃんと時間が書いてあったのに、どうして見逃したか未だに謎です。・・・なんて書いてると、仕事上のミスみたいな気がしてきた(爆)。

投稿: きびだんご | 2009.10.10 01:39

今日、見てきました。
大満足!! 最後は感動して、思わず涙が滲みそうになりました。
ほんと、しっかりできたお芝居でした。
そして、おっしゃるように3階から十分堪能したけれど、まあ1度でいいかな、と私も思います。
太一クンの立ち回りの美しさ、堺雅人の笑顔、強く惹きつけられました。上川隆也はとても素敵でしたが、役柄で損をしているのかもしれません。でも、やっぱりTVより舞台の上川隆也のほうがずっといいと思います。

投稿: SwingingFujisan | 2009.10.21 23:51

SwingingFujisanさま
あら、国立劇場と演舞場の観劇日程が、ちょうど逆くらいの感じですかねー。
上川さんを舞台で見るのは初めてだったので・・・懐かしの「大地の子」なんかのイメージがあったのかも、などと思ったりもしました。
次はさい芸の「ヘンリー六世」で上川さんの魅力を実感できるといいなぁ。

実はミカド役の右近さんもかなり気に入ったのでした。で、わざわざ感想の中に名前を挙げてたの~。

投稿: きびだんご | 2009.10.22 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 視聴率対決・・・には決してならない!! | トップページ | カフカゆえに・・・ »