« 「思い出のつまった土地を手放す」葛藤について | トップページ | 舞台+テレビ(情熱大陸)で、2日続けて古田新太 »

2009.10.31

古い「演劇界」に夢中

 会社で「演劇界 増刊 新版歌舞伎俳優名鑑」(平成5年1月)というのを発掘して、もっかこれに夢中。タイトルだけ見ると、データ集かな、なんて思ったんだけどそうではなかった。当時の大御所、花形役者のカラー、モノクロ写真が満載(B5判)。そして、「平成歌舞伎俳優評判記」という役者評が、圧巻なのだわー。

 この評判記、基本的に2人の評論家の対談による人物評で、以下のように分かれている(それぞれ別の人が語っている)。
・大幹部実力派篇 ・花形第一線篇 ・若手花形篇 ・花と実篇
 今から17年ほども前であるから、大幹部=歌右衛門、梅幸、13世仁左衛門ら、鬼籍に入った人が多い。現在も活躍中なのは、雀右衛門、芝翫、鴈治郎(=藤十郎)、富十郎、田之助あたり。花形第一線=猿之助、團十郎、菊五郎、幸四郎、吉右衛門、孝夫、玉三郎エトセトラ、若手花形の筆頭が勘九郎、そして八十助・・・猿之助チームの亀治郎まで。完璧に歳月を感じるでしょう。

 ちなみにこれが出版される少し前に、福助→梅玉、児太郎→福助の襲名があった、まぁそんな頃のことです。

 とにかく、この評判記は今では考えられないような「辛口」というか、忌憚なく語られている。批判ではなくて要求、なんだと思うけど。時に好き勝手言ってらぁ、みたいに思いつつも面白くて。

 来月の演舞場・花形歌舞伎に出演する染五郎&亀治郎はこんな感じ。
染五郎:品の良さは抜群。「この人こそ由良之助、弁慶役者にふさわしい運命にある人だと思う」「だれが?」「染五郎ですよ」「・・・今の染五郎からそれを感じる?」などと、完璧に意見が合ってないところも。
 亀治郎:出藍のほまれ高き亀治郎、という見出しもついていてベタ褒め。踊りがうまい、うますぎる、とか「あの子には大きな期待がもてるからいい修業をさせたい」などなど。暗に(おおっぴらに?)猿之助チームじゃないところで芝居してみたら?の観も。

 実は最初にこの本で目を奪われたのは、歌舞伎役者のデータ部分。記載項目が20余りあるんだけど、住所、親の名前・職業、宗教、酒・タバコ、好きな花など、今から思えばぎょぎょぎょっなものが並んでいる(すべてに答えているわけではない)。イメージ的には「昭和の遺物」みたいな個人情報公開なのに、平成になってからもこんなだったのか、と。あと、写真が今と全く変わらない人と、コレは誰ですか?な人がいて(当時の若手はもちろん17年の歳月分、変わってる)、これまた面白い。

 表紙が、(上の分類では若手花形)勘九郎「鏡獅子」なところも象徴的というか、まさにこの時期、存在としてはパッと「花形第一線」にジャンプしたらしい。当時で2400円といういい値段だけど、それだけのことはある(とにかく写真が多い)。我が家にある「かぶき手帖」と引き換えに、これを貰いたいなぁ どうせ会社にあっても無用の長物なんだもん。

|

« 「思い出のつまった土地を手放す」葛藤について | トップページ | 舞台+テレビ(情熱大陸)で、2日続けて古田新太 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

俳優名鑑って、今年の演劇界の(ちょっと前の)付録にもあって、やっぱり「イマドキこんな質問しちゃうの?」ってのがあってびっくりしました。
なんかこう、昭和な感じ…
もちろん全部に答えてるわけじゃないんですけど、人によっては住所が出てたりして。ま、それだって、芸能人のはしくれだから他から調べようと思えばできないわけじゃないんだけども、雑誌に載せちゃう?ってちょっとびっくり。座右の銘なんてのも、アタリマエっぽくて超レトロじゃないかと。好きな花なんて聞いてどうする?とか。

ご覧になってるのは、お正月の浅草なんかでバックナンバーとしてよく売られてるのをみてる記憶があります。たぶんうちにもあるんですけど…保存版筋書きと一緒に格納しちゃったなぁ…こうして人の噂に聞くと引っ張り出したくなるのに。
雑誌って(主婦の友みたいなのでも)10年とか20年して見るとすっごく楽しいですよね。

投稿: 猫並 | 2009.10.31 20:27

かなり興味深いですねぇ。ちなみに対談している評論家って誰ですか?

投稿: クヮン | 2009.11.01 02:41

猫並さま
うっきゃー、今の演劇界でも似たようなものなんですか。版元が変わったりしても、いろいろ踏襲しているものなのね。昔のにも「好きな花」はありましたよ。
私がわーわー騒いでいたら、宗教がキリスト教という人はいないのか、と聞いた人が複数 いや、この質問に答えてる人が少ないんですってば。
こういう雑誌は、買っても1、2年は置いてるんですが、結局捨ててしまいます。でもこういうのに出会うと、なんだか捨てられなくなりそう・・・いやいや、本で圧死しそうだから、やっぱり捨てる。

投稿: きびだんご | 2009.11.01 17:54

クヮンさま
私が知ってる名前は、志野葉太郎、水落潔くらいです(若手花形を語っているのではないけど)。
写真にちょうど「河庄」藤十郎があって、ぜんぜん変わっとらんなのでした。

投稿: きびだんご | 2009.11.01 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「思い出のつまった土地を手放す」葛藤について | トップページ | 舞台+テレビ(情熱大陸)で、2日続けて古田新太 »