« そして4匹目の狐は、高座上にいたのか | トップページ | 【メモ】国立劇場で乱歩歌舞伎を見る »

2009.10.21

【メモ】「義経千本桜」

10月17日(土) 「芸術祭十月大歌舞伎 夜の部」

通し狂言 義経千本桜
渡海屋」「大物浦」吉右衛門、玉三郎、段四郎、富十郎ほか 「吉野山」「川連方眼館」菊五郎、菊之助、松緑、時蔵ほか

 先ほど(21日の午前9時前)web松竹を覗いたら、今日の夜の部、1階7列15付近が出てましたわー。行けもしないのに見るんじゃない 早いうちに「夜の部」に行かなかったことをちょっと後悔してしまった。でもまあ2列のセンターにて、じゅうぶん堪能したはず・・・と、際限のない欲に歯止めをかける。

 筋書をまだ買ってなくて、上演記録などがわからないのだけれど、私が初めてみた碇知盛は吉右衛門丈だったのかなぁ?? 気迫の芸に圧倒された、というところ。玉三郎・典侍の局は全く初めてで、見る前はちょっとイメージじゃない?などと・・・。でも、こちらも凜として、幼帝をお守りする気高さや情といったものが溢れているように思った。いっやー、この組み合わせはよいわ。

 それと安徳帝役の子役ちゃんが、ものすごく立派。台詞はもちろんのこと、じっと身動きしない、表情を変えないなど、大したもの(と言いつつ、ロボット的にも思えたと白状しておこう)。

 ここまでほんと力を入れて見たせいか、「吉野山」で時々意識が・・・。音羽屋ファンの風上にも置けないね。松緑クンの藤太、顔立ちにやけにピッタリしてたよう。軽やかだし。

 でもその分、四の切は集中して見ましたわよ。何事も過剰よりはそこはかとなさが好みの私としては、音羽屋型の狐忠信がとても感覚的に合うのだと思う。もちろん、獅童、海老蔵といった若々しい狐の残像も浮かびはするけれども、ゆったりと台詞を聞き、イメージをふくらませる。
 動きに関しては、それはいろいろあるのかもしれないけど、私には充分ですわ(贔屓の引き倒しと言われても)。

 時蔵さんの義経。私の中ではあんまり義経をイメージできない女方・ナンバー1、みたいなところがあったんだけど、いやいや、立ち姿にほれぼれ。

 というわけで、たっぷり満足の夜の部、なのでした。

|

« そして4匹目の狐は、高座上にいたのか | トップページ | 【メモ】国立劇場で乱歩歌舞伎を見る »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

菊之助君ご贔屓のきびだんごさんのはずなのに、菊ちゃんのことが一行も書いてありません(笑)
実は私も・・
菊之助君、綺麗だったけれど、それだけだったような気が・・何だか印象が薄いのです。
お行儀が良過ぎるのかしら??
吉右衛門と菊五郎さんの熱演に心打たれた夜の部でした。

投稿: 尚花 | 2009.10.21 10:15

吉右衛門、我がマイベスト知盛を更新しました(笑)
先月は大嫌いだった吉右衛門、今月は大好き。落差激しすぎ。

安徳帝の子、凄かったですよね。
去年、菊之助の政岡で千松をやった子も凄かったけど、凄い子供が増えたんでしょうか。
とはいえ、子役ってダブルキャストでしょうから、違う子を見てるのかもしれませんが(爆)

時蔵の義経、私もとても意外で、とてもびっくり。
出る前に声を聞いて「え、時蔵なの?」って驚いたんですが、出てきたら「あらー、とっても義経」ってさらに驚きました。あのエリマキ衣装がまったくイメージできなかったんですが、いい感じでしたねー

投稿: 猫並 | 2009.10.21 20:03

尚花さま
どきっ。言われてしまいました 。菊ちゃん。
綺麗なのはもちろん当然として、それ以上には・・・?
でも、こういう時にお行儀良く勤めていて、
力を蓄える、ってのもあるかも。
ほんとに、吉右衛門&菊五郎に、満足満足でしたね~。

投稿: きびだんご | 2009.10.21 21:17

猫並さま
私も実は吉右衛門での落差が大きいです。
ま、一番落差が大きいのは福助なんだけど(爆)、もしかしたらその次くらいかも。
(どちらも、この役は嫌い、というのがあるなぁ)
あの碇知盛のすごさはなんなのでしょう・・・。

最近の子役ちゃんはみんな上手だと思うけど、それにしても出色、という感じでしたね。きっと同じ子ですよ!!(と断言しておこう、根拠なく)

成り行きで、昼の部を2回見ることになっちゃって、もう夜の部は見られませんけど、でも、見逃さないでよかったなぁと思ってます。

投稿: きびだんご | 2009.10.21 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そして4匹目の狐は、高座上にいたのか | トップページ | 【メモ】国立劇場で乱歩歌舞伎を見る »