« 今年の秋は「ヘンリー六世」 | トップページ | ヘンリー六世@さいたま芸術劇場 »

2009.10.05

「歌舞伎をたっぷり見たゾ(疲れた)」な気分

10月3日(土) 「芸術祭十月大歌舞伎 昼の部」

毛抜」三津五郎(粂寺弾正)、錦之助(百姓万兵衛)、松也(小野春風)、團蔵(八剣玄蕃)ほか 「蜘蛛の拍子舞」玉三郎(白拍子妻菊/葛城山女郎蜘蛛の精)、松緑(碓井貞光)、菊之助(源頼光)、三津五郎(坂田金時)ほか 「河庄」藤十郎(紙屋治兵衛)、時蔵(紀の国屋小春)、段四郎(粉屋孫右衛門)ほか 「音羽嶽だんまり」菊五郎、松緑、藤間大河、吉右衛門、富十郎ほか

 先月は夜の部だけ見て、それも「鞘当」「鈴ヶ森」をパスしちゃってたから、こんなふうにたっぷり見るのは久しぶり、の気がする・・・。だって、その前は納涼で、泉鏡花で十二夜で、と思うとねぇ。いやー、昼夜続けてにしなくてよかった、と心から思う。これからも、ついweb松竹で「ポチッ」とやらないよう、気をつけようっと。

 で、昼の部は何が楽しみだったかというと、(初お目見えはさておき)見たことのなかった「蜘蛛の拍子舞」かなぁ。菊ちゃん 

 幕が開くと紅葉が綺麗で・・・ああ秋だなぁ。やはり季節に合ったもの、というのはそれだけでまず嬉しい。んで、けっこう踊りが長いのね、と。お囃子には「鼓の家」bros.がいて、斜め左あたりから見おろす感じになるので、つい増上寺で凝視しちゃったことなど思い出した。
 現実の蜘蛛は私はそれほど苦手じゃないけど、作り物&着ぐるみが登場するから、絶対ダメな人はどうなんでしょう。しかし、あんなふうに蜘蛛が見得をしたりするなんてビックリさ。
 そして蜘蛛の糸をシュッと投げるところでは、絵的な美しさにものすごく神経が使われてる・・・ように思えた。最後に坂田金時!(そうでした、と、ここで配役に思い至るという)

 「毛抜」は、なんとなく舞台上のリズムに私が乗っていけない・・・ようなところもあったかな。うまく言えないんだけど、すいっと流れていかないの(更にワカラン言い方)。とは言いつつ、若者たちが活躍し(松也、梅枝、巳之助、萬太郎)、憎々しさ一番の團蔵さんたちを楽しみ、なんだか知恵者っぽさがあるような三津五郎・弾正、この配役は心に残る気がした。

 そして・・・「河庄」ではもはや疲れてました。どうも「歌舞伎体力」に欠けてる気がするわたくし。歌舞伎でよりも、「心中天網島」を舞台化したものの方を見てるから、スピード感が自分の中でうまく消化できなかったのかな? 時々となりつつ。うーん、くたびれにけり。

 「音羽獄~」は浅黄幕の外で、大薩摩。巳紗鳳・巳吉のお二人はほんとに素敵、と、ここで気分もシャッキリしてしまう。今の歌舞伎座「さよなら興行」で、富十郎、菊五郎、吉右衛門の口上にて初お目見えができるなんて、素晴らしい巡り合わせの大河くん。初舞台の姿も今から楽しみ。だんまりはいつもながら、目がウロウロ(笑)。

 昼の部はもう一度見る予定があるので、次こそ「河庄」をちゃんと見たいなー。

|

« 今年の秋は「ヘンリー六世」 | トップページ | ヘンリー六世@さいたま芸術劇場 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

私も今日、昼の部を観てきました~

初めて堪能しましたよ、河庄(爆)
それゆえ、ますます関西の男性像に偏見が重なりそうで…藤十郎が上手ければ上手いほど、私は関西男が嫌いになる気がします(笑)

あの蜘蛛…動きが凄かったですね。
誰だろう?って気になっちゃいました。
今月、松也くんとこの若いヒトが御園座でイノシシになってるんですが、それがちゃんと「今月のスケジュール」に配役として載ってて、ああ、あれはプライドのある役なんだよねって思ったんです…で、この蜘蛛。
ふと、もしかして児雷也でカエルに入ってた人?とか、連想したりして。

そして今月…どの役の時も、菊之助の目元に濃ゆい情念が見える気がして、これが芸能レポーターなら「熱愛中?」とかってあることないこと書きたくなるんじゃないかって妄想してますです!

投稿: 猫並 | 2009.10.05 18:56

お疲れさまでした!!
「河庄」みたいなぐじぐじモノ(なんで、あんな男がいいのかしらねえ)はどうしたって眠くなると思います。私も相当危なかったのですが、周囲で意外にも熱気を感じたので、1人だけ空気を乱すわけにもいかず、こらえました
「蜘蛛」の、糸の投げ方には美を追求する神経が使われていたと、私も思います。これまでの蜘蛛モノに比べて、それを強く感じました。
さよなら公演で、大物に囲まれて初お目見えをして、新しい歌舞伎座で初舞台を踏むというのは、まさにめぐり合わせですね。将来大物になるかもしれませんね。

投稿: SwingingFujisan | 2009.10.05 18:57

お昼の部、盛り沢山でしたね!
でも私、<河庄>はいらなかったです。。(笑)
蜘蛛の中身、辰巳さんではないかしら。
着ぐるみの蜘蛛が出ている間、花四天のメンバーに辰巳さんがいなかったような。
でも、玉三郎さんが蜘蛛の精になって登場すると、辰巳さんも登場して、花道でとんぼを切って大活躍でした。
筋書きを買っていないので、確かなことはわからないのですけれど。

投稿: 尚花 | 2009.10.05 21:24

猫並さま
なにっ、「菊之助の目元に濃ゆい情念」ですと それは聞き捨てなりませぬ。3階からでは窺うべくもなく、あー早く近くで見たい。なんか今月は、音羽屋を待ってたゾと言うわりには、日程やなんかを間違えてる気がします。毎月毎月、何かしら失敗してるなぁ。
蜘蛛の着ぐるみ・・・ちょっと不思議ですよね。あの姿勢じゃ、腰が痛くなるんでは、という、まさに老婆心 あ、蜘蛛のチャチなブローチを持ってるんで、次に見る時には付けて行こうかな。

投稿: きびだんご | 2009.10.05 23:39

SwingingFujisanさま
そうですか、「河庄」で熱気を感じるあたりは、やっぱり1階なればこそ、なのかもしれませんね。もう一度見るのは、実は千穐楽なので、シャキっとしていたいと思います
蜘蛛も踊りがちょっとワカリマセン・・・だったので、ほんとはイヤホンガイドでも借りればよかったのかも。

投稿: きびだんご | 2009.10.06 00:00

尚花さま
ま、私も「河庄」はねぇ・・・(略)ずっしり、でしたもんね。一つくらい綺麗綺麗ってのがあってもよかったのに。
蜘蛛に入っていて、すぐにトンボって、腰が痛くてできない気がする、なーんて、そんな発想をすること自体、ヘナチョコですかね。

投稿: きびだんご | 2009.10.06 00:07

横はいり…で、再び驚く!
えー、千穐楽の昼の部ですか?
私は夜の部です、3階ですが(爆)
なんと…今月、昼夜すれ違いが2日もあるとは!!

投稿: 猫並 | 2009.10.06 08:33

猫並さま
おおっ、それでこそ「君の名は」な私たち!?
来月も今から楽しみです(爆)。
友人グループ(孫のいる人も)での観劇なんで、
昼の部を選んだのですが
まぁバラエティに富んでるし千穐楽気分を味わってきますワ。

投稿: きびだんご | 2009.10.06 09:03

横レス失礼します。
尚花さまへ。蜘蛛の中身、辰巳さんではないです。坂東三津之助さんです。大和屋さんのお弟子さん情報に載っておりました。
猫並さまへ。「児雷也」の蝦蟇は音之助さん、蛞蝓が澤五郎さん、大蛇が辰巳さんでした。

投稿: とこ | 2009.10.06 09:05

とこさま
情報ありがとうございます!
「大和屋さんのお弟子さん情報」ですか。松也くんチの猪もそうですが、公式サイト、ちゃんとしてますね~。
そういうののカケラもない音羽屋、もういっそこのまま、ずっとずっと旧式アナログで、と半ば自虐的に(?)思ってしまいます。

投稿: きびだんご | 2009.10.06 09:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の秋は「ヘンリー六世」 | トップページ | ヘンリー六世@さいたま芸術劇場 »