« ゆったり狂言を楽しんだ日曜日 | トップページ | 演舞場で新感線を満喫 »

2009.10.07

視聴率対決・・・には決してならない!!

Tv ←今日(10/6)の東京新聞による、視聴率(ビデオリサーチのデータより作成したものとか)。9/28~10/4。案の定、「おしゃれイズム イケメンSP」が1位。ココログニュースにも出てるくらいだから、話題だったのねー・・・って、私だって見たくらいだから、視聴率がいいはずだ。

 と言っても、すごく真剣に見たわけではなくて、新しい趣味(道楽)のお習字をしながら 妻夫木聡、小栗旬、瑛太、三浦春馬の4人の中では、三浦春馬くんだけほぼ見たことないの。そもそも彼ら4人が出ているCMも、その翌日に初めてちょこっとだけ見たくらいですもの。瑛太くんのトークは全く初めて見たけど、かなり新鮮で一番面白かった。でもまあ、番組そのものが丸ごとCMですもんね~。

 この「おしゃれイズムの裏番組が、NHK教育の「NTV特集 太宰治“斜陽”への旅」で、実はどちらをリアルタイムで見て、どちらを録画するか少し迷った。結果、DVDに太宰を録画してゆっくり見たのだけれど、本当にそれでよかったのかとも思う
 私は太田静子という人も「斜陽」も、殆ど知らなかったので、とても興味深かった。でも、娘である太田治子さんのここまでの思いはいかばかりであったかと・・・。ほんと子どもは親を選んで生まれてくるわけにはいかないんだよね。そして、皮肉にも彼女がなんと父親似であることか。

|

« ゆったり狂言を楽しんだ日曜日 | トップページ | 演舞場で新感線を満喫 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私も新聞で視聴率のランキングは見ました。私としては予想外のものが1位だったのでびっくりしたのですが、そんなに話題の番組だったのですか。。。。
それよりもNHK教育の「NTV特集 太宰治“斜陽”への旅」を見逃したのが悔やまれます。いったい何を見ていたのかしら、と新聞のテレビ欄を見てみましたが、どれも記憶にない。ってぇことははやばやと就寝、か(笑)。ぢつは私太宰好きでして。。。。(ちまちまと告白が続いておりますな)。おそらく既に知っていることが多かったのではないかと思いますが、やっぱりちょっとは見たかったな>教育テレビ。

台風の通過とともに刻々と変わる外の天気を眺めているからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2009.10.08 08:52

からつぎさま
私は新聞のラテ欄を見るのは、朝から新聞を読む土日くらいなものでして、「おしゃれイズム」も日曜放映でなければ、気がついてもいないです。たまたま。
太宰のは、太田治子さんと知り合いのオバサマからの情報で(そもそも9月中の予定が延期になっていた)、これは忘れないで見てよかった、というところです。DVDのディスクに直接録画したので、そのうちお届けしませう
太宰は苦手なんです、私。嫌いだ、と思ってからン十年。それなのに墓所には近いし、斜陽館にだって行ってるし、この前、「ヴィヨンの妻」は見てるし・・・。これってファンなの
今日の仕事が午後からでよかったなー、のきびだんごでした。

投稿: きびだんご | 2009.10.08 09:30

おしゃれイズムねえ。どうしようかと思ったけれど、何となくパスしてしまいました。妻夫木ファンの娘にあとで恨まれるかも。三浦春馬クンは「ブラッディ・マンデイ」でちょこっと見ました(春馬クンが主役だから、ドラマをちょこっと見た、ってことです)。きれいな顔してますよねえ。
太宰のほうも、録画しようかどうしようか迷っているうちに結局パス。太宰って、すご~く好きかというとそうでもないのに、読むとどこか惹かれるところがあるのが不思議です。「斜陽」はかなり若い時期(小学校高学年くらいかも)に読みました。知り合いの製本屋さんからもらった大人用の本でしたが、案外面白かった(おませなガキでしたね、私)。これが私の初太宰でした。

投稿: SwingingFujisan | 2009.10.09 09:00

SwingingFujisanさま
んまっ。「おしゃれイズム」はご覧になってると思ってましたのに というのが私の認識でーす。
小栗旬くんが気になってるので見ました。でも彼をイケメンと思ってはいませんけどね。
太宰はやっぱり苦手。小栗旬くんが通ってた高校の真ん前(玉川上水が流れてる)で、太宰の遺体が発見されたんですよ・・・というのが、ちょっとしたネタではあります。旬くんが中退しても高校の友人と楽しい時間を今も持てる、というのは、嬉しいなと思う、これは親心に近いかなー。

投稿: きびだんご | 2009.10.09 10:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆったり狂言を楽しんだ日曜日 | トップページ | 演舞場で新感線を満喫 »