« 満腹の日曜日 | トップページ | 演舞場の2等席をためしてみる »

2009.11.24

2回目の演舞場・夜

11月23日(月・祝) 「花形歌舞伎 夜の部」

 7日(土)に3階から見た「夜の部」を、今日は1階5列から。前回は、まぁ予習がてら、ではあったのです。
 当初のもくろみでは、サントリー美術館で清方展を見てから演舞場、だったのに、好天のせいで大物を洗ったりしているうちに遅くなり、また後日ということに。ざんねん。でも実は前日22日にミッドタウンのイルミネーションを見たから、ちょっとほとぼりがさめてから行くとしよう。

 気の置けない友人たちと一緒で、それもまた楽しみの一つ。子どもの学校関係でも、仕事関係でもなく、のんきに舞台を見たり喋ったり(お酒を飲んだり)できるのは幸せだなぁと思う。

 「三人吉三」は、前回よりも愛之助さんがぐっとよくなってたよう。大川端の場で特に、台詞にちょっと不安な感じ(馴染んでないという意味で)があったのが払拭されて、堂々としてました。近くで見ると、表情とか、苦み走った雰囲気とか、ポッとなっちゃいますワ。

 菊ちゃんのお嬢は、いっやー、何回でも見たくなりますです。でもね、私の右隣の2人(絶対に音羽屋ファンだと思うんだけど)が、別々に、遅れて席に着いたので、その度に(前を通るから)ちょっと集中が途切れて、ムッとしてしまったよー。私も気をつけねば。
 でも、・・・歌舞伎座の夜の部みたいに、「たっぷり見たからこれですっかり満足」という種類の満足感ではないの。だからまた見たくなるのでもある。花形だもんね、と思うことにしよう。

 今日は、梅枝くんと松也くんもたっぷり見たゾな気分。梅枝くんは、たおやかさと清潔感があるのよねー。ほんと今月出演の若手のみなさん、これからが楽しみで仕方ない。長生きしなくっちゃ。

 「紅葉狩」も、その迫力と、全く!と思えるほどの亀治郎さんらしさを満喫。しかし人が(鬼が?)ひしめいておりましたわね。

|

« 満腹の日曜日 | トップページ | 演舞場の2等席をためしてみる »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

こうして観劇記を読んでいると「もう一度観たい!」と思ってしまうのですが、今日が千穐楽。願いは叶いません。
次回を楽しみに待つことにしましょう。
出来れば、菊之助・海老蔵・松緑の三人で。
菊ちゃんと海老蔵さんが並ぶと、これぞ眼福!ですものね。
その時には、海老蔵さんのせりふ回しが耳に心地よいものになっていてくれますように~(笑)

投稿: 尚花 | 2009.11.25 09:58

尚花さま
観劇記というようなものじゃなくて、ほんとただの「行きました記録」、ですけれど。でも、いろんなシチュエーションを記録しておけば、後々、思い出すのにいいかなぁと。
・・・てなわけで、こりもせず本日3回目に行ってしまいましたです。
確かに、かつての三之助のそろい踏みを見たい見たい 最近、海老が独自路線というか・・・もだけどね。
さーて、1月は国立劇場へ通うのかなぁ

投稿: きびだんご | 2009.11.25 22:48

なんとまぁ、究極?のすれ違い方ですなぁ…
よりによって、一日おきにいらした、間の日に行っちゃったなんて。
こういうのは今年限りにしたいです(笑)
来年は国立でぜひおめにかかれますように。とはいえ、私は例によって三が日は出歩かないので、初日には参りませんが。
愛之助は、予想してたよりずっと良かったと思いましたが、吉祥院の場面は海老蔵との組み合わせでぜひ観てみたいです。愛之助が悪いんじゃなく…いや、愛之助の背丈が足りないのが悪いのか、うーん、錦之助でもいいかな(爆)

投稿: 猫並 | 2009.11.26 00:07

猫並さま
ほんと、このすれ違い方には唖然です。
24日にいらしたレポを、読み損ねていたものだから、お見えになってるかなと1階席を上からチェックしたのに(笑)。
南座に至っては、日程の最初と最後のあたりに分かれてしまってる気配ですよ。国立は私も初日には行きません。早くても5日あたりかなー。
さて愛之助。みんなでピーチク喋ってた時に、「綺麗な人はいいよね」「背が、惜しい」なんて話題になったのでした。
うん、言われてみると、海老蔵で吉祥院を見たくてたまらなくなってきました。

投稿: きびだんご | 2009.11.26 01:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満腹の日曜日 | トップページ | 演舞場の2等席をためしてみる »