« 【メモ】顔見世初日の歌舞伎座 | トップページ | 演舞場・昼は3階B・・・にすればよかった »

2009.11.04

【メモ】シス・カンパニー公演

11月3日(火・祝) 「バンデラスと憂鬱な珈琲」 19:00~ 於・世田谷パブリックシアター

作/福田雄一・マギー 演出/マギー 出演/堤真一、高橋克実、小池栄子、村杉蝉之介、中村倫也、高橋由美子、段田安則

(相変わらず芝居の内容よりも、あれこれメモです)
 休日出勤の帰り、三軒茶屋に向かう半蔵門駅で何人もの和服の人が降りてくるのに遭遇する5時半。国立劇場小劇場で何か会があったもよう。

このお芝居は出演者がそれぞれ魅力的なのと、パブリックシアターだから見に行った、という感じ。パブリックシアター=仕事帰りには行きやすい&会員なのでチケットを取りやすい。まだ2日目だったのか。11月の終わり頃まで公演は続く。

 先日見た「印獣」はホラーっぽくてびっくりしたけど、こちらは最初からコメディとわかっていた。そのわりにオープニングのシーンは、高橋-小池が何やらシリアス・・・。いやはや一人5役6役当たり前なので、公演時間100分の間、めまぐるしい。そのめまぐるしさ込みでおもしろいんだ。いや~、うまく作ってあるね。そして俳優さんたちも揃って上手。なんていうのかな、「なりきる力」みたいなものを感じた。だってほんとに、空軍の総帥から芝居一座の座長まで(これは高橋さん。途中の小ネタのあれやこれやも)。キャストの妙もあるかもね。

 ハチャメチャで訳のわからないようなネタが、最後につながったりもするし。主役の堤さんは「カッコイイ」担当ではあるけど、それがヘナヘナ状況になる面白さ、かなあ。別に何かが残るわけじゃなくても、あははーで楽しい100分でした。それとオマケのようにシェイクスピアものが出てくるのも、ちょっとしたツボ。タイトル、バンデラスは堤さん扮するネゴシエイターの名前だけど、「憂鬱なコーヒー」って・・・? 

 席はL列のほんとにセンター。全体を見るのにはJ~Mくらいのセンターがいいね・・・なのに、12月の「国盗人」はうっかり前の方を取りすぎてる。しかもあれは「バンデラス」よりも更に中央へ舞台が張り出してるんじゃなかったかな。がっくり。

|

« 【メモ】顔見世初日の歌舞伎座 | トップページ | 演舞場・昼は3階B・・・にすればよかった »

演劇」カテゴリの記事

コメント

マギーの芝居って一度見てみたいという気持ちがあったのですが、何となくパス。でも、きびだんご様のレポがあんまり楽しそうで、やっぱり見たくなってきました。出演者もよく知っている人たちだし。とはいえ、スケジュール上、ムリ 何をごちゃごちゃ言ってるんでしょうね、私。

バンデラスっていうと、アントニオ・バンデラスしか思い浮かばない。タイトルを初めて見たとき、彼を題材にしたものかと思いました(んなわけ、ないか)。

投稿: SwingingFujisan | 2009.11.09 08:26

SwingingFujisanさま
いやいや、私もなんとなくパス・・・しそうなところを会員ゆえにひょこひょこ見に行った、というくらいです。だから(堤さんとか段田さんは好きだけど)ノンビリ見ていて、またそういう風に見るのがちょうど良かった、と思っているのです。
そんなスタンスで歌舞伎座の3階Aにちょうど2回行けるお金を払うというのもどうか、と冷静になると思ったりしますが、・・・冷静にそろばんをはじいていたら、こーんな顔(etc.)をすることもない人生と思い(笑)、アツイ何かを求めるのですワ。でしょ??
ちなみにアンドニオ・バンデラスって誰?と検索しましたとさ。

投稿: きびだんご | 2009.11.09 09:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【メモ】顔見世初日の歌舞伎座 | トップページ | 演舞場・昼は3階B・・・にすればよかった »