« 古い「演劇界」に夢中 | トップページ | 【メモ】顔見世初日の歌舞伎座 »

2009.11.01

舞台+テレビ(情熱大陸)で、2日続けて古田新太

10月31日(土) 「印獣」 14:00~ 於・パルコ劇場

作/宮藤官九郎 演出/河原雅彦 出演/三田佳子、古田新太、生瀬勝久、池田成志、岡田義徳、上地春奈

 古田、生瀬、池田の3人=ねずみの三銃士による、第2回企画公演。評判のよかった前回「鈍獣」は、なんとなく見る気になってなかったんだなぁ・・・。今回は、三田佳子が出演するというのが、前々からすごく話題になってた。が、誰が出ようと相変わらずお馬鹿な古田さんたち、なのでした。

 古田がルポライター、生瀬がケータイ作家、池田が絵本作家で、この3人が「大女優」の別荘に軟禁状態となり、自伝を書くことを強要される。その顛末。(以下、多少ネタバレあります)

 「大女優」とカギカッコ入りなのは、自称大女優、だから。自伝を書かされる3人を連れてきたのは、古田の後輩で編集者の岡田義徳。彼は娘を誘拐されて、やむなく加担したのだと、後からわかる。オープニング、実際の車とスクリーンをうまく使って、別荘へ(別々に)行く彼らが楽しい。そして、そこで「ミザリー」だの「シャイニング」だのという言葉が出てくるのが、結局、あとあと生きてくる。

 自伝なので、三田佳子の小学校時代のランドセル背負った姿とか、戦隊ヒーローものの扮装とかがあって、最初のうちはギョッとするものが。単純に、いたいたしい、なんて思っちゃうから。ちょっとズレたギャグなんかもね。戦隊もののすごい衣装とメイクで、客席の左側通路を通るとき、すぐ近くで見たのは貴重だったかな。

 あははーと笑ったりしてたんだけど、だんだん・・・これはホラーでしたか、みたいな感じになって。無関係だったはずの彼らには、実は共通点があり、そして冷凍庫には・・・きゃ~。

 話はよくできてる、とは思うんだけど(こんなハチャメチャで何を言うか、かな)、絵本だの編集者だの、なんだか書いてるクドカンが透けて見えるようなところは、どうもなぁ、と思った。岡田義徳はすごく「とらえどころなさ」が出ててよかった。上地春奈は、どうとらえていいのかワカリマセン。

翌日、「情熱大陸」がたまたま古田で、この「印獣」のシーンも出てたから、すごいタイミングだった。

 そういえば、ちょうど開場時刻くらいにパルコ1階のエレベーターを待ってたら、先に乗っていったのが日本舞踊の藤間勘十郎さん! その後なぜかロビーあたりで何度も遭遇してしまった。傳左右衛門家元につづいて今度は、と思うとちょっとおかしい。どうもこういう人たちしか目に入りません。

|

« 古い「演劇界」に夢中 | トップページ | 【メモ】顔見世初日の歌舞伎座 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

情熱大陸、たまたま途中からですが、見ました。「桜姫」のこともやっていましたしね。
「印獣」はパスするつもりだったので、きびだんご様のご感想をお待ちしておりました(^^) 私は岡田義徳が割と好きなんです。
勘十郎さんもこういうのご覧になるんですね。って別に不思議はないけど。勘十郎さんのブログにも「印獣」の感想が出ていました。

投稿: SwingingFujisan | 2009.11.03 21:50

SwingingFujisanさま
勘十郎さんのブログって見たことありません。後で見に行こうっと なんかねぇ、やたらと視界に入ってきたんですよ。普通は一回「あらぁ」と思うくらいですよね、それが開演までに4回くらい見かけた気がします。どっちがウロウロしてたんだ(笑)。でも、どのあたりでご覧になったのかは知らないのです。(一人じゃなかったの。こそっ)
「桜姫」の映像も少し出てましたね。てっきり「印獣」ばかりかと思ってました。三田佳子のびっくりするような扮装のは、さすがにテレビには出せないか。

投稿: きびだんご | 2009.11.03 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古い「演劇界」に夢中 | トップページ | 【メモ】顔見世初日の歌舞伎座 »