« 2回目の演舞場・夜 | トップページ | 金曜夜の東博は大にぎわい »

2009.11.26

演舞場の2等席をためしてみる

11月25日(水) 「花形歌舞伎 夜の部」

 はいはい。23日に行ったのに、またしても、なのです。呆れないで!!
 もちろん最初は予定してなかったの。だけど、25日の歌舞伎座・夜の部を人に譲ったものだから、演舞場へ、という気分になって・・・。ちょうどカンフェティで2等席が安く出てたし。ポイントがたまっていたから、それを使うとほぼ3階Bの値段になる。それなら、いつもは避けちゃう2等席はどんな見え方か、ためしてみるのもいいかと思ったわけ。くどくど書いてますが、ま、見たかったんですー。

 ネットで予約した時には席の番号などはわからず、発券したら2階の右30。これが私には「当たり」だったのよ。右だから花道が見えるのは勿論、3列目の一番舞台寄りで足は通路側に出せるし、ラッキー! ほぼ見切れるということもなくて(「紅葉狩」の竹本があまり見えなかったくらい)、よしよし、という感じで見たのでした。

 リピート記念(笑)に、舞台写真も買ってしまった。昼の部の三五郎(これももう一度見る機会があればまた印象が変わったかもしれないけど)、吉祥院の欄間のところと、火の見櫓。ついね~。火の見櫓のお嬢には、しのぶちゃんの面影があるゾ。

 菊ちゃんのお嬢吉三、なんにもせよ、声がいいからそれだけでウットリ。透明感があるんだけど、でも質感もあるのよね。ポンポーンと気持ちの良い黙阿弥の台詞・・・あんまりポンポーンといくと、あんまり残らないとも言えるかも。有名な台詞にしてもね(有名だからこそ?)。

 んで、実は2幕の伝吉内が少し。1階で見た時は大丈夫だったんだけど。ま、今日は菊ちゃんを見る日とわりきって。でも吉祥院の場はわりと淡々と進んでる、という感じかなぁ。
 今日は花道がすっかり見える席だったがゆえに、和尚が2人の首をもって駆け出すスピードにもビックリ。1階から見ても(3階じゃあもちろん)花道七三のあたりから先、少ししか見てなかったからね。

 火の見櫓の場では、特に一度、セリで火の見櫓が下がったあたりから「ああ、もうすぐ終わりだなぁ」と寂しくなっちゃった。愛之助さんのお坊という、ちょっと予想してなかった組み合わせに、なんとなく馴染めないような部分もあったけど、でも面白かった。

 「鬼揃紅葉狩」も、ほんと気分よく楽しんだ。鬼女軍団の中では、巳之助くんがとっても美人なのに改めて驚いてしまった。右近、隼人の2人は、予想外にカワイクないと思うんだけど。成長途上だからかなぁ。松也くんは、昼の部の「内びん虎蔵」と、夜の部の「十三郎」そして鬼女、いろんなタイプの役で楽しかった。

 鬼軍団の「毛振り」は、最初すごくピタッと合ってたんだけど、(前もそうだったかな)真ん中の鬼がブンブン回し始めて、それぞれ「ご勝手に」状態。菊ちゃんは神女だとか天女だとかというのが、よく似合うんだわー。今度は東京で「羽衣」を見たいな。
 亀治郎さんには、ほんと余裕を感じる。華やかでわかりやすく楽しい踊り(音楽も聴きごたえアリ)で、今月を締めることができてよかった。はらはら舞い落ちる紅葉も素敵でした! 

|

« 2回目の演舞場・夜 | トップページ | 金曜夜の東博は大にぎわい »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

巳之助クンがとても美人だったことに、私もちょっと驚きました。どちらかというと骨ばった顔だと思うので、女方はどうかなと危惧していたんだけど、とんでもない、めっちゃきれいでした。声が惜しいかな。
隼人クンは、早く女方から解放してあげてください、と言いたくなる。セリフはずいぶんよくなったけど、きれいじゃないし、合わない(背も高いから、膝の曲げ方が深くて気の毒だし)。でも、みんな女方を勉強してから立役にいくのかなぁ。

歌舞伎座でも演舞場でも右側の席って座ったことないので、一度見てみたいです。

投稿: SwingingFujisan | 2009.11.26 20:17

SwingingFujisanさま
ほんと巳之助くんにはビックリでしたよね。輪郭がいいのかしら? 右近くんはもうちょっと可愛いと思ってました。隼人くんは、たぶん・・・と危惧した通り、というところでしょうか。巳之助くんはお母さんにとてもよく似てきたんですってね。
ところで! 古い「演劇界」その2を発掘したんですが(今から14年くらい前の)、なんと獅童くんが「毛抜」の錦の前をやってる写真がありました。うっきやー。
歌舞伎の劇場はどこでも、2等席は中途半端な感じがして、今までほとんど縁がなかったのですが意外とよかったです。花道をぜひ見たい、という時などは、2階右もいいかも・・・だけど、定価の9000円だと、やはり躊躇しちゃいます。

投稿: きびだんご | 2009.11.27 00:39

こんにちは。
「鬼揃紅葉狩」の巳之助君、とっても綺麗でした。母上の若かりし頃(宝塚時代の日本物)に、似ていますよ。
今月の「身代座禅」の千枝も、きっと良いと思います。(侍女2人の方が背が高いですが)

投稿: とこ | 2009.12.01 11:50

とこさま
コメントありがとうございます。出かけていたもので、お返事が遅くなってごめんなさい。
巳之助くんって、凛々しい、というイメージだったものですから、ほんとに美女ぶりにビックリでした。お母様の宝塚時代のお写真を見てみたいものです! 今月は「身替座禅」なのですね。キレイな千枝に会えるのを楽しみにしています。

投稿: きびだんご | 2009.12.02 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2回目の演舞場・夜 | トップページ | 金曜夜の東博は大にぎわい »