« 【メモ】シス・カンパニー公演 | トップページ | 今年の「野村狂言座」も、これでおしまい »

2009.11.04

演舞場・昼は3階B・・・にすればよかった

11月4日(水) 「花形歌舞伎 昼の部」 於・新橋演舞場

通し狂言 盟三五大切」染五郎(薩摩源五兵衛/家主弥助)、菊之助(笹野屋三五郎)、愛之助(八右衛門)、亀治郎(小万)、亀蔵(ごろつき勘九郎)、竹三郎(了心)ほか 「四変化 弥生の花浅草祭」松緑、愛之助

 歌舞伎座の初日の感想にコメントを頂いて以来、頭の中は辨松のお赤飯だったので、今日は地上に出るとまっすぐ辨松へ。そこで大発見! なんと(同じビルか隣のビルに)、岡山の某社の東京支社が。いや、友人の旦那さんがもっか単身赴任で来てるのはここなのか、と。速攻メールしちゃったワ。なんで今まで気づかなかったんだろ。

 それはさておき。こんなことをまず書いてるくらいだから、感想ははかばかしくないのですー。菊ちゃんの三五郎って?と思いつつ、一応3階Aにしていたんだけどな。なんと、演舞場って歌舞伎座よりも3階は値段が高いじゃないの。早く気がつけばよかった。(悪口雑言は隠れて言う)

 序幕。佃沖の船の場面でまずえっ!? 私の予定ではここで染・菊・亀に惚れ惚れするはずだったのに・・・。(←一晩寝て考えるに、私がここで乗れなかったのがすべての敗因だったと思う)
 個別にはそれぞれ悪くないと思うんだけど、うむむ。全体を通して、「間がもたない」感がある。これってそれぞれのつくる人物自体の魅力が足りないということなのかなぁ。少なくとも私にはね。それとも、いっそ近くで見ればよかったんだろうか・・・。

 暗い話の通しだから、その後の踊りは華やかに!! 常磐津、清元、長唄囃子連中で変化に富んでるし、目にも鮮やかでよかった。衣裳を替えたりするのも大変なのでは。最後の石橋、やたら松緑くんがかっこよかったです。

|

« 【メモ】シス・カンパニー公演 | トップページ | 今年の「野村狂言座」も、これでおしまい »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

3Bで良かったですか・・・アハハ
私は菊ちゃんの悪ぶった感じの立役、好きなんですよ。
色気が足りないというご意見もあるようですが、私にはあれで充分(笑)
2列目だったのですが、お隣の菊ちゃん贔屓のお嬢さんがオペラグラスをお使いで、ビックリ!
しかも、菊ちゃんの見せ場で「いや~ん、素敵すぎる!」っていう感じで、両手でニャンニャンやっている(状況わかります?)のを目撃して、更にビックリ!!
お芝居の出来はどうであれ、菊ちゃんを観られて満足だわと思ってしまった私は、そのお嬢さんと似たり寄ったりかも。。(笑)
今月の演舞場は、お昼よりは夜だと思っているので、7日が楽しみ!(^^)!

投稿: 尚花 | 2009.11.04 22:59

尚花さま
タハハ・・・もしかしたら、近くで見てればまた感想が違ってたかな、とは思ってるのです。オペラグラス越しじゃないとちゃんと見えないんですもの(尚花さんのお隣のお嬢さん、なんか可愛いですね)。3階Aが中途半端だった、ということで だからといってこの上、散財はできないしなぁ
菊ちゃん(小万)でこれを見た・・・と思い出したのは名古屋の御園座!(忘れてた) 道理で途中で橋之助が浮かんだわけだ。
私も勿論、夜の部 前半と後半、とりあえず2回行きますわよっ。

投稿: きびだんご | 2009.11.04 23:15

昼の部はびみょーだな…と思って席取りをさぼっていたら、なんと2等か1等という究極の選択?となり、日和って2等を、というていたらくの花形歌舞伎でございます。

「盟三五大切」は亀ちゃんの小万じゃなかったら、見なかったかも、だったのですが、意外(失礼)染ちゃんがよかったですわ、わたくしとしては。
亀ちゃんのアノ手の女形はもともと好きなので、まあよろし、ということで(笑)。

菊ちゃんは、まぁやっぱり小万をやるべきなんでしょうな、というのが感想でございます。

投稿: おまさ | 2009.11.13 11:01

おまささま
うーん。タイトルで3階Bにしておけば、なんて書いておきながらも未練たらたら。もう1回見ようか・・・(でもせいぜい2等。やはり無理か)とか思いつつ、日はすぎていく、というところです。まぁキリがないから、このまま、ではないかと。おまささん、2等ということは、2階のサイドですよね。あそこは見え方はどうなんでしょう?
たぶん私の場合、菊ちゃんにもう少し強い何か、を求めていたのでしょう。なので、ほかの人にはあまり目がいかなかった? 染五郎&亀治郎くんをもっと落ち着いて観ればよかった。ぐすん。

投稿: きびだんご | 2009.11.13 21:55

やっと昨日見て、きびだんご様が乗れなかったというのもわかる気がしました。序幕、肝心のあの場面は昨日もイマイチでした。
でも、だんだんよくなっていって、最後にはまあ満足できたからいいかな。
私は菊ちゃんの三五郎、なかなかよかったと思いました(今日、道行のオヤジ様見たら、やっぱり横顔がそっくり)。もうちょっとワルの部分が出るともっといいかなあという気もしますが、それは今後の期待として。

演舞場の3Aって、そうなんですよ、歌舞伎座より高いの。1月の歌舞伎座の3Aが6,000円という話で初めて気づいたのですが。演舞場の3階は、右のカーブの4席、あれが一番コストパフォーマンスが優れていると思います。発売日にここが取れたらラッキーです。1列目ならパーフェクトですが、2列目でもかなりOKでした。どうしてあれがB席なのかよくわかりません。なんて言うことによってA席に格上げされると困るから、私もそれは隠れて言うことにしよう 

投稿: SwingingFujisan | 2009.11.18 20:29

SwingingFujisanさま
これから各座の千穐楽に向けて、怒濤の日々でいらっしゃるのかしら。しばらくSwingさまの観劇記が読めずにいたので、楽しみにしてますよ~。
さてさて演舞場。せっかく初日の近くに見たのだから、もう一度、演じていく中でどんなになってるかを見届けてもよかったのですよね。そんな気持ちの邪魔をするのは、時間とかお金とかよりもむしろ、「盟三五大切」という演目自体なのかもしれません。ま、菊ちゃんにはいろんな役に挑戦してもらいたいし、期待してますワ
ところで私、千穐楽は演舞場・夜の部に行くことにしました。ほとんど2回続けて見ることになるんですが、まぁ若者の応援ということで。

投稿: きびだんご | 2009.11.18 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【メモ】シス・カンパニー公演 | トップページ | 今年の「野村狂言座」も、これでおしまい »