« 本屋に並んでます | トップページ | 「この人、落語も上手なのよ」 »

2009.12.07

秋・冬はドラマっ子?

 出社仕事+自宅での(ながら見の)賃仕事+家事ちょこっと・・・のために、なかなかドラマを1時間続けて見る、などということができない。それなのに、この10~12月シーズンは、わりとよく見ている。昨日も、ついつい「坂の上の雲」を見ちゃったさー(←お習字しながら

 ほかに見てるのをちょっと挙げてみると(と言っても、欠かさずにとか、1時間全部などではない)
 「ロメス 空港防御システム」大倉&安田という関ジャニの子を初めて認識。最初はたまたまNHKをつけていたら始まったというだけなんだけど、ストーリーにぐいっと引き込まれた。
 人形劇「三銃士」これ、始まる前のNHKの番宣がすごくなかった? いかにも三谷流の三銃士。バッキンガム公のことを「ねぇ、バッキン」などと呼ぶもので、ヘンリー六世でバッキンガムの名前が出てきたときに、一瞬笑ってしまった。タイトルを口にするとき、つい「さんごくし」と言ってしまったことが何回か。やっぱり人形劇=三国志という刷り込みがあるのかも。もちろんこれは録画で見てます。1時間続けて見るのはツライけど、このくらいならよいのだわ。
 
 ・・・あっ、この次に挙げるものがない NHKの回し者みたい。
 「東京DOGS」は、ちょこっと見てたこともあるけど、小栗旬くんを見るだけではツマランと挫折。逆に、全然見る機会がないけど評判がいいなぁと思っていた「JIN-仁-」を、先週・今週と、後半のみ見たら、それだけでもけっこう面白かった。キャストが魅力的だわー。

 朝の連ドラ「ウェルかめ」も、とびとびで見てる。「坂の上の雲」は松山だけど、こちらは徳島。やはり西日本の土地には多少、馴染みがあるし(そういえば大学の研究室の同級生、愛媛2、徳島1でした。全員で6人くらいなのに)。知らないうちに、いきなり長塚圭史が出ていて、初めて父親に似てる、と思った。声のせいかも。舞台で見るときにはそんなこと思わなかったのに。「相棒」も覚えてたら見ることもあるけど、つい放映日を忘れてNHKにチャンネルが合ってるなぁ。

 いうわけで、タイトルに偽りあり、かしら。・・・まぁ、こんなにドラマを見てるというのは私にしてはとても珍しい、ということで。

|

« 本屋に並んでます | トップページ | 「この人、落語も上手なのよ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本屋に並んでます | トップページ | 「この人、落語も上手なのよ」 »