« ついに音羽屋ホームページ! | トップページ | 2009 南座顔見世 その3 »

2009.12.03

2009 南座顔見世 その2

12月1日(火)「夜の部」つづき

第三「助六曲輪初花桜 三浦屋格子先の場」仁左衛門(助六)、玉三郎(揚巻)、左團次(くわんぺら門兵衛)、翫雀(通人里暁)、松緑(福山かつぎ)、菊之助(白玉)、愛之助(朝顔仙平)、竹三郎(遣手お辰)、團蔵(若衆艶之丞)、東蔵(満江)、我當(髭の意休)、藤十郎(白酒屋新兵衛)ほか

 今回の顔見世、間違いなく大注目なのはこの「助六」ですよねぇ。いつもなら遠征まではしない友人も、いそいそと出かけるんですもの。・・・と、他人事のように書いてますが、もちろん私も待ち遠しかったよん。

 ちゃりーん、ちゃりーんと、茶屋廻りの2人が行き合って・・・このあたり、静かな緊張とでもいいますか。そして、パッと浅黄幕が落とされるとそこは絢爛豪華な三浦屋の格子先。「わぁっ」「綺麗」、というどよめきが来ましたワ。揚巻は最初から、ここにおりますです。

 私は今回の南座で、一番気に入ったというか感じ入ったのは、玉三郎の揚巻かなぁと思う。美しいのは当然として、徹頭徹尾、誇り高き花魁、お金をいくら積まれたってそんなもんにはなびきはしない、という強さが、ほとばしるようでありました(髭の意休にとってはまさに「美しく、ざ・ん・こ・く・な方」でもあるわけだが)。

 仁左衛門ももちろん美しくて、ほぉっ、なのではあるけれども、無条件で惹きつけられたか、というと、そこまでではない気がする。10年前に見ていたらまた違っていたのか、それともどこかしら「考えている」ふうだからなのか、そのあたりはよくわからないけどね。

 まだ2日目だから、それぞれの役がこなれてくると、また違うだろうな、なんてことも思った。左團次さんあたりね(台詞が入ってないという人はいなかった)。その中では松緑の、福山のかつぎは、さすがに馴染んでる感があった。問題は菊ちゃん・白玉。うーん、どうして可愛くないの?? 揚巻の圧倒的なオーラに他の人が霞んじゃったというわけでもないと思うけど・・・。この日だけであることを願っておきます。友人(特に菊ちゃんには思い入れナシ)も、胡蝶の方が綺麗だったと言ってたから、私の目のせいだけじゃないと思う。

 キャラとしては翫雀さんの通人が、やはりいいわねぇ。股くぐりの時は、白酒売が藤十郎なものだから、そこにも面白さがあったし。逆に愛之助の朝顔仙平は、とても借り物っぽい。いま、筋書のキャストを眺めていたら、こんだけオールスターキャストなのに、進之介さんは出てないんだな、と気がついた。そして傾城(吉弥、宗之助、菊史郎、亀鶴)が誰だか見てる時にはわかってなかったの。認識してたのは吉弥さんだけかな。ダメじゃん。

 ☆ ☆ ☆

第四「石橋」翫雀、愛之助

 助六のあと、15分休憩があって、この「石橋」が15分。予想通り、近くにも空席がチラホラ。でも、舞台はまた綺麗だし、なんにも考えずに見ている時間というのも、なかなかいいものでした。これに限っては、2階とか3階から見てもよさそうだな、とも。

 ☆ ☆ ☆

 幕間のお弁当は、友人調達の「助六」。そういえば、普段は一人で遠征することが多いのに、前回の海老・助六の時は、東京から友人と行ったし(半分は観光目的)、演目としての「助六」の吸引力は大なのかも。

|

« ついに音羽屋ホームページ! | トップページ | 2009 南座顔見世 その3 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

私もこの「助六」観たさに、遠征をちらっと考えていたのでした(過去形です)
観劇記を拝見して、やっぱり観たかったな~と。
三年前の團菊祭、黒手組曲輪達引で菊ちゃんは白玉でしたよね。
その時の菊ちゃんは光輝く美しさ!
周りの女形さん達が霞んで見えた程でしたが。
玉三郎さんの圧倒的な美しさには勝てないということなのかしら。。


投稿: 尚花 | 2009.12.04 09:50

うん、うん、やっぱりこれを一番の楽しみにしてるんですよね、遠征の。今回ばかりは助六。
そして…ま、私は揚巻は玉三郎が一番だと思ってるので(歌右衛門は見たことがない)、海老蔵の襲名の時も歌舞伎座は玉三郎だけど地方へ行くと菊之助になるのは格落ちって思えちゃってました。菊之助はキレイだけど、揚巻はキレイなだけじゃ足りないし。仁左衛門の助六なら、もう絶対玉三郎じゃなきゃって思うので、楽しみです~
ただ、二人道成寺のイメージがあるので、玉三郎の揚巻に菊之助の白玉はバランスがいいかと思ってたんですが…そうですか、それは意外。
それに、道中しないんだ、なんだ、つまらない…
あと、同様に、助六の通人は東蔵が一番!と信じてるんですが、今回は上方らしい配役ですね。そうか、いいんですね、これは愉しみ!初めてみる通人なので、江戸とは違う何かを期待しようっと。

投稿: 猫並 | 2009.12.04 19:42

尚花さま
やっぱり、「わぁぁ助六。仁左・玉!」となりますよね。
それが、行きたい→行く、になるまでには、それぞれに関門ありで、幸運にも行けたのはほんとラッキーでした。
玉さま(と呼びたくなる)の揚巻には、美しさだけじゃなくて、他を圧倒する強さというのか自信というのか・・・が、みなぎっていました。白玉ちゃんは妹分とはいえ、ほんのヒヨッコ、みたいな感じで

投稿: きびだんご | 2009.12.04 23:01

猫並さま
演目が出た時に、ちょっと目を疑いませんでした(笑)? えっ、ホント? ホントなら行くともさ!という感じで。
それにしても、今回、揚巻はキレイなだけじゃ足りない、というのが、よっくわかりました。菊ちゃんにも何年か後には、そんな揚巻になってもらいたいです。
揚巻の道中がないのは、時間の関係だとは思うんですが、それをカットしても、(15分休憩の後)15分の「石橋」をいれなきゃいけない事情があるんでしょうかねー。
何はともあれ、お楽しみに!!

投稿: きびだんご | 2009.12.04 23:27

行ってまいりましたっ!

私は今回は夜の部にはあんまり期待していませんでしたが、それがかえってよかったかも。玉三郎さんの美しさ、存在感は本当に息をのみました。菊ちゃんは、なんか目のあたりのお化粧がマイナスだったように感じました。(先入観があったかもしれません)


「石橋」が、すごぉく綺麗でなんだか幸せな気持ちになれちゃいました(←単純)。

昼夜通しの観劇は初めてだったかも、のからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2009.12.12 18:22

からつぎさま
おかえりなさい! 木曜日、仕事帰りの午後7時くらいに、なぜか四ツ谷駅前の交差点で、突然
今頃は、からつぎさんは南座で・・・
なーんて、思ったりしてたんですよ。

助六、ほんとに玉三郎さんは言葉に表せないくらい素敵でしたよね。菊ちゃんに関しては、先入観を植え付けちゃった?かも、ですが、確かに目元のあたりが不思議だった気がします。
愛之助さんは、全体を通して、すっごく力(意気込み)が入ってたように思います。また、それだけのポジションですしね。

投稿: きびだんご | 2009.12.13 01:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ついに音羽屋ホームページ! | トップページ | 2009 南座顔見世 その3 »