« MIHO MUSEUMの謎 | トップページ | 円朝つながりの一日:美術館の巻 »

2009.12.23

円朝つながりの一日:落語の巻

12月23日(水・祝) 「圓丈の『死神』を楽しむ会」 13:00~ 於・国立演芸場

トーク 司会╱白鳥 圓丈 喬太郎 小ゑん 彦いち  彦いち・初天神 クリスマス編 喬太郎・インドの茶碗 小ゑん・レプリカント 昇太・短命--仲入り--白鳥・新ランゴランゴ 圓丈・死神
 人気の会だから、ちょっと力を入れてチケット取りに参戦・・・と言っても、ネットだから10時01分にはカタがついていたのだけれど。国立演芸場のキャパくらいが、ほんと落語を聞くのにはいいよねー。通路には立ち見の人もいっぱい。
 最初は全員によるトーク。といってもここには昇太さんは間に合わなかったのかしら。圓丈さんを呼び入れるまでは、主に白鳥さんの司会ぶりなんかをネタにしたりして。
 
 彦いちさんはけっこうマクラが長かったかな。いやそれも面白かった。やはりスピード感というか臨場感というか、「喋りたおし」などで鍛えているもんね。初天神も、彦いちさんにかかると、金坊じゃなくてお父さんがこわれてます!! クリスマス・バージョンで、団子じゃなくてクリスマスケーキをねだるんだけど、生クリームかあんこか、なんて、あんこのケーキを想像しちゃうじゃないの(笑)。

 喬太郎さんはいきなり噺に入って、あらま、「井戸の茶碗」じゃないの、それにしてもすんごいすっとばしてるなー、なんて思っていたら、おやおや? 最初に仏像の中から出てきたのが、50両とかじゃなくて外国のお金、というあたりで気づけよ自分、ではあったかなー。いやそこまでやりますか、の力わざ。ばかばかしくてけっこう好きでした。

 小ゑんさんはこういう時じゃないと聞く機会がない。酔っぱらってカーネル・サンダースおじさんを持ち帰った学生の噺(と書いておかないと、ネタ名だけではどんな噺だったか思い出せない)。オチがわかるまでに一呼吸必要だったんですが、それは私だけですか?

 昇太さんも、昔は独演会なんかに行ってたけど、最近はご無沙汰・・・が、やっぱり独特の愛嬌というか愛すべき稚気みたいなものは変わらず。「短命」なんかも、昇太さんのようなノリで聞くと、勢いがあってむしろ好みかもしれない。

 白鳥さんのネタは、もともと圓丈作の「ランゴランゴ」を白鳥バージョンにしたもの。この出番で、師匠のネタをわりとあっさりめにやる、というあたりが、なかなか考えてるんじゃないの、という気がした。そう、ここまで、トリの圓丈師匠に向かって、それぞれがどんな噺をするのか、というあたりで、「古典のようだけど新作派だぜぃ」という楽しさなんかがあったなぁ、と、いまになって思ったりしている。

 圓丈さんは、風貌が「死神」をやるのに向いてるわねー(笑)。そして、前にも思って、実際、書いてる気もするけど、そもそもの噺の中で理屈に合わない部分をなんとか(本人が)納得いくような筋立てにしてる感じ。具体的にどんな・・・と言われても困るけど、聞いてるときにはほんとそういうふうに思えるんだよね。大筋に関係ないところでは、かなりハチャメチャだったりしてもね。だから、オチの部分も「そういう理屈できましたか」という気がした。だいたい「死神」といえば、最後をどんなふうに?なんて興味もあるから、うっちゃりっぽく、しかし用意周到、と私には思えた。

 そうか、6人も出演していたのか、と改めて思うのだけれど、圓丈という名前の下での落語会として、それぞれに個性を発揮しつつ、でも重くはなく、楽しかった!!

|

« MIHO MUSEUMの謎 | トップページ | 円朝つながりの一日:美術館の巻 »

落語」カテゴリの記事

コメント

今年は寄席、落語会ともペースが落ちまして、今日は久々の落語でした。見直した、というか予想外に良かったのが昇太。また、高座をおりた白鳥がそのままそでで師匠の出を待つ姿も印象的でした。圓丈は、元気なうちにせいぜい聴いておこうと思ったのでした。

投稿: クヮン | 2009.12.24 01:02

クヮンさま
昨日は久々にお二人にお目にかかれてよかったです!! いやはやほんとお久しぶりで。
そうか、あの席からだと「袖で待つ白鳥さん」の姿も見えたわけですね。なーるほど。私も最近あまり聞いてない昇太、彦いちあたりが、新鮮でもあり、特に楽しめました。
圓丈さんは65歳と仰ってましたっけ。そうすると川柳川柳なんて人は、ホント化け物みたいに元気ですねぇ。いや、圓丈さんが元気じゃないってことじゃないんですが(おや、元々二人とも円生の弟子か)。ちょっと枯れ気味テイストの新作、ってのも楽しみだったりして(笑)。
来年はもう少し、歌舞伎座や寄席などで「バッタリ」できますよう。よいお年を!

投稿: きびだんご | 2009.12.24 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MIHO MUSEUMの謎 | トップページ | 円朝つながりの一日:美術館の巻 »