« 今年の本 | トップページ | 2009年も暮れてゆく »

2009.12.28

本を買ったら、とりあえず書棚に並べましょう

 昨夜、amazonで本を買おうとしていた。ぜひ欲しい(近くの書店には置いていそうにない)のは文庫1冊だったんだけど、ついでに・・・という感じで、「野田秀樹」をば。それはもう「野田版 鼠小僧」の印象を引きずってるわけで、相変わらず単純なんである。つつつーっとクリック、購入手続きをして就寝。
 今朝、メールを開けてみたら「重要なお知らせ」として、カードの認証ができないよ、というのが来ていた。ひー、またやってしまいました。

 あらあら。と思いつつ・・・ここで何かがひらめいた。この本、地元リブロで手に取って、買わずに戻したつもりだったけどもしかして買ってたんでは。そういえば、「演劇界」を買った時、5000円近くカードを使った気がするけど。

 ジャーン。まだリブロの袋に入ったまま放置されていたのを無事発見。カード情報をミスするという粗忽のおかげで、同じ本を2冊買うという粗忽は免れたわけか。
 そういえば、「演劇界」と、新潮文庫の「しゃばけ」シリーズ最新刊と、「野田秀樹」を買ったんだったと、めでたく(笑)詳細まで思い出せましたワ。前記2冊はすぐに読んで、「野田秀樹」は置き去りにして忘れてたの・・・ごめんね。

 ちなみにこの本の巻末には略年譜がついていて、うちの息子は野田さんの父親と同じ名前ということを発見。しかも息子が生まれた年に、亡くなられてました。いや、単にそれだけのことですが。

|

« 今年の本 | トップページ | 2009年も暮れてゆく »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の本 | トップページ | 2009年も暮れてゆく »