« 初めまして、の国立文楽劇場 | トップページ | 今月は萬斎さんを見られない運命のよう »

2010.01.18

土曜日、忠臣蔵は松竹座だけではなかった

1月16日(土) 「二人のビッグショーin 大阪 vol.9 柳亭市馬・柳家喬太郎 二人会 夜の部」 18:00~ 於・トリイホール

桂あさ吉・子ほめ、市馬・粗忽の釘、喬太郎・次郎長外伝 小政の生い立ち--仲入り--喬太郎・初音の鼓、市馬・淀五郎

 大阪の市馬ファンが始めた会も、いつの間にか9回目。今や、一日2回公演となり、それも早々と完売してしまうのだそう。でも会場を大きくしないで、このトリイホールでの開催にこだわり(マイクを使わずに声がとどく、ちょうどいい空間)、大阪の落語好きが楽しみにするような会に育てたSさんに感謝、なのですワ。
 私もどうせ行くなら、少しお手伝いをしてもいいのに、今回もまた、自分が遊ぶのに忙しくてすっかり楽しんだだけなのでした。

 この日は、地下鉄なんばに着いてから、まずトリイホールに向かった。ちょうど「昼の部」が開演中という時間で、私は松竹座の幕見券を受け取り、荷物を置いて松竹座へ。見終わってから、その荷物の引き取り&自分が見る「夜の部」の整理券をもらいに再びトリイホール。ホテルにチェックインしてすこぅし休んでから、やれやれやっと、落語を聞くためにトリイホール。あらま3回目ではありませんか。
 初めて行った時は、場所がわからなくて(尋ねたら別の所を教えられたりして)、困ったのも、懐かしい思い出。

 あ、高座番(大阪ではこう呼ぶ)は市也くん。大阪は前座、二つ目、真打ちという階級がないんだよね。歌舞伎(仮名手本忠臣蔵)も、落語も、あらっ!?というところが違ってる感じ。

 二人とも大阪の空気にも慣れた気配が(笑)。特に喬太郎さんは、実は細やかな気づかいの人、みたいなんだけど、市馬師匠との会はのびのびしてるように思えるなあ。「初音の鼓」の、鼓のポン→狐のコン、が特に楽しくて。

 そして、さっきそこで5・6段目を見てきたんですのよ、だったところへ、4段目の噺が聞けるとは、なんとラッキーなのでしょう。前半は「今日はよく噛んでるナ」と思ったんだけど、たぶんそれには理由が・・・。しかし、後半にいくにつれてのってきたみたいで、特に、中村仲蔵の人間の大きさがズシンと伝わってきた。「了見が若い」と諭すところなんか、涙が出そうでしたワ。

 実はこの時、客席に、文楽三味線の団七師匠がいらしたの(ということは私はたまたま後から知った)。昼の部と夜の部の間に楽屋訪問もされてたらしくて、市馬師匠としてはそんな人の前で、淀五郎はやりにくいよね。でも、昼夜同一演目、と謳っているからには昼と同じ噺をするしかなかったよう。

 トリイホールと国立文楽劇場は歩いて10分もかからないくらい。そこへ出演された後、落語を聞きに、なんて、うーん大阪だなぁ

|

« 初めまして、の国立文楽劇場 | トップページ | 今月は萬斎さんを見られない運命のよう »

落語」カテゴリの記事

コメント

きびだんごさんは、本当に市馬さんと喬太郎さんを御贔屓にしていらっしゃるのですね(*^_^*)
大阪まで遠征、しかも歌舞伎と文楽もご覧になるなんて、あのスリムなきびだんごさんのどこにそんなパワーが・・と驚きました。
初春から楽しいことが満載ですね!(^^)!

投稿: 尚花 | 2010.01.18 10:59

尚花さま
うきゃー。贔屓に見えますよねぇ、やっぱり。
でも贔屓だから追っかけて行った、というのとはちょっと違うつもり。じゃあなんなのか、と言えば・・・面白がってるんでしょうか、モロモロを。こんな風にヒョヒョイと出かけたりはするけど、喬太郎さんの落語を聞くのに何時間も並んだりはしないよ、というあたりが私なりの行動基準
ま、楽しむためならフットワーク軽快、なんですよー。

投稿: きびだんご | 2010.01.18 23:18

遠路はるばる、ご来場ありがとうございました。
大阪で文楽、歌舞伎も楽しんでもらえて良かったです。
昼の部で市馬師匠が高座に上がっている時に、
楽屋へ演目を訊ねに行った時、モニターの師匠は袴姿!
大阪での袴姿は初めてだと思うよ。
喬太郎さんからその日の演目を教えてもらい、
「えー!淀五郎ですかぁ!聞きたい!」
思わず声に出てしまいましたよ。(笑)
団七師匠はもう何回も二人会と市馬独演会にも
お越しいただいているし、他の落語会でもお見かけします。
舞台での厳しい表情とは違い普段はやさしく、
とても穏やかな方です。
会に携わっていて、いろいろな方々とのご縁も嬉しいです。
確かに昼夜公演は疲れるけど…
大阪で市馬師匠の会を頑張りま~す。

投稿: 大阪のSでーす | 2010.01.19 23:32

大阪のSさま
今回もまた、お疲れ様でした!!
ほんといつぞや喬太郎さんが仰ってたけど
1回、落語会を開催することはまぁできる(いや、私には決してできませんけどね)、でも、続けるのはとても難しい・・・それなのに、二人会が9回目プラスそれぞれの独演会、全く頭が下がります。愛だなぁ
私は今回、念願の文楽劇場にも行けたし、上方の忠臣蔵もすごく面白かったし、充実の2日間でした。劇場に行くだけで終わっちゃって、またしても今井のおうどんが食べられなかったけど、それはまた次の楽しみに取っておきます。

投稿: きびだんご | 2010.01.20 02:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めまして、の国立文楽劇場 | トップページ | 今月は萬斎さんを見られない運命のよう »