« 春ですよ | トップページ | 寺島しのぶ@明治座 »

2010.03.07

春の小川

Kawa

 ←これは何でしょう。

 水の中というのがわかるでしょうか。実家の前を流れる小さな小さな川なのです。でも、あなどっちゃいけない。昔はシジミがたくさん取れたし、蛍も飛んでた、清流・・・だったのよー。圃場整備の工事などのため、今は寂しいことになっちゃいましたが。

 そしていつの間にか繁殖していたこの草の正体は

なんとクレソンなんですよぉ。自生クレソン。見慣れた物に比べると、ずいぶん丸っこいようですが。

 そもそも、ずーいぶん前に、上流で栽培していた農家が、種を流したか何かで近くの川(もっと大きい川)で育つようになり、いつの間にやらここにもやってきていたというわけ。ちょこっと添えられてるから有り難いわけで、こんなにあっても誰も見向きもしない。

 自生クレソンで忘れられないのは、檀太郎さんのエッセイ(もしくは檀晴子さんの)。太郎さんが信州かどこかで自生のクレソンを見つけ、その近くのホテルのダイニングで情けなーいクレソンを出されたので、ほらこんなにいいのがどっさりありますよ、と摘んでみせた、とかいうお話。それを読んだ時には、まさか自分の身近にクレソンがある状況なんて考えられなかったけどね。

|

« 春ですよ | トップページ | 寺島しのぶ@明治座 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

クレソンは…ものすごーく強いですよ。
スウィートバジルと同様に、使い残したもの(もちろん八百屋で買ってきたもの)をガラスのコップに水を入れて挿しておくといつまでもぴんぴんしてるどころか、だんだん根っこが生えてきます。で、土に植えるとガンガンふえて、もてあまします(爆)
しかも、香りが強いので虫がまったくつきません。
以来、私は、売ってるクレソンを見ると「買ったら損?」を感じるようになってしまいました。
きびだんごさまも…これだけ生えているのをみてしまった以上、この先クレソンは買えなくなる可能性大です(キッパリ)

投稿: 猫並 | 2010.03.07 09:35

お帰りなさい。お疲れ様。
素敵な所ですね~、ご実家周辺は。川のある風景は大好き!! 
クレソンがそんな風にしてこの川にやってきたなんて…クレソンの強さに感動です。

クレソンというと、未だに「ウサギ小屋」発言で日本のマスコミを騒がせたどこぞのお国の首相を思い出してしまうSFです

投稿: SwingingFujisan | 2010.03.07 21:20

猫並さま
草木のことは猫並さんが反応してくださるような気がしてました
へぇぇ、バジルのように育つんですね。それは知らなかった。一時、バジルだの青シソだのを植えていたんですが、すっかりベランダ園芸からは手を引いてしまいました。いまちょうど大規模修繕でベランダを片付けたから(空の植木鉢などを平行移動しただけ)、そのゴタゴタが終わったら、また何か植えようかな。このクレソンを持ち帰ってみようかな。

投稿: きびだんご | 2010.03.07 21:55

SwingingFujisanさま
ただいま~。
おおっ、そういえば、クレソンのような名前の人がいましたっけ。もう、すっかり忘れてました。・・・が、なぜかフランス人というのはインプットされてるみたい。
川のある風景はいいですよね。実家はめっちゃ田舎なので、川の水音しか聞こえない(この小川ではない)ということも、よくあります。鬼太郎の仲間たちもいっぱい住み着いてると思いますよ(笑)。

投稿: きびだんご | 2010.03.07 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春ですよ | トップページ | 寺島しのぶ@明治座 »