« 「ヘンリー六世」観劇記念 | トップページ | 鬼太郎の住民票 »

2010.04.07

気晴らしに寄席に行くなり

4月7日(水) 「国立演芸場 上席」 13:00~

開口一番・? 市楽・悋気の独楽、ホンキートンク(漫才)、菊志ん・牛ほめ、ひびきわたる(キセル漫談)、玉の輔・マキシム・ド・呑ん兵衛--仲入り--灘康次とモダンカンカン(ボーイズ)、志ん駒・漫談、正楽(紙切り:五月人形、歌舞伎座の前の正楽師匠、藤娘、線香花火、桜吹雪)、市馬・こんにゃく問答

 なんだか花冷えが続いて気分が冴えない上に、いま仕事で「うつ」のことを読んでるんで、気晴らしが必要よぉ(安く!!)、というわけで、ちょうど市馬師匠がトリの国立演芸場へ。ここは寄席とはいいながら、フラッと行くわけにはいかないのよねー。全席指定だから。ネットにて「あぜくら会割引」で購入して、現地で発券。・・・なんて書くと、今朝買ったみたいだけど、実は先週すでに確保。おかげで前から2列目のセンターブロックに座れた。平日でも9割方、埋まってたからラッキーだったのかな。

 5分ほど前に着いたら、前座さん(女性)が「つる」をやってたんで、ロビーで待機。そして久しぶりに市楽くんの落語をば。こんな近い距離で見るのは、いつ以来かな。なかなかスッキリした高座姿。よしよし(笑)。小僧さんが出てくる噺なんかは向いてるかもね。菊志ん、玉の輔と、(まあ)若手真打ち。うーん、なんとなく菊志んさんは今イチ、気が入ってないように感じた。玉の輔さんは、さすがに小朝師匠の弟子だから、マクラでもキッチリ笑いをとっていくね。マキシム~は、そもそも白鳥ネタだと思うけど、前にも玉の輔さんで聞いたことがある。

 色ものさんは、正楽師匠以外はみんな初めてだったかも。この生ぬるさが寄席ですわね・・・。

 今日、すごく惹きつけられたのは志ん駒師匠のたたずまい。ふっと現れた時から、いかにも噺家の風情が素敵で。しかも話すことは志ん生、志ん朝のことだったりするんだから、なんだか昭和の時代そのもの。川口の生まれで、云々というところで、近くの蜷川さんという洋服屋の4男が、あの蜷川幸雄 おおっ、こんなところで名前を聞こうとは(年齢もほとんど同じくらいかな)。あとは海上自衛隊員だった時のことなどで、立ち上がって手旗信号(もどき?)などを。このとき、前座さんを呼んだんだけど、それが開口一番で「つる」をやってた春風亭ぽっぽちゃん。すごく可愛らしい。もう一人、高座返しをしてたのが市也くんで、こちらも美形なので、落語界も変わったというのを実感。

 紙切りの中で特筆すべきは「歌舞伎座の前の正楽師匠」というリクエストに応えた作・・・歌舞伎座の建物の前で、「助六」を切ってる正楽師匠。あの傘を手にした助六でしたよー。いいなぁ。あと「線香花火」はすごい季節はずれだなと思ったら、師匠も「去年の8月以来」などとちょっとやりにくそう。だけど、絵柄が可愛くて(しゃがんで線香花火をしてる浴衣の女の子)、すごく受けたから、わからないものだねー。

 市馬師匠は、待ってました、なんて声がいくつもかかって、寄席の素直な(?)お客さんを相手に、気持ちよさそうにお喋り。でも「歌ってよ」なんて声も聞こえるあたりが・・・。じっさい、にわか坊主の八五郎、改め「弁しょう」が本堂で酒盛りをするとき「目出た目出ったあぁの~」と、けっこう長く歌ってたっけ。この、弁しょうという名前は、勧進帳の弁慶と「十六年はひとむかし」の熊谷直実れんしょうから、というくだりでは、芝居好きの市馬師匠らしさが溢れてたなー。

|

« 「ヘンリー六世」観劇記念 | トップページ | 鬼太郎の住民票 »

落語」カテゴリの記事

コメント

4日(日)に実は6割の入りの国立でした。菊志んはホントどうしちゃったんでしょ。2年ぶりくらいでしたが、まったく気が入らず。壁なのか、慢心なのか。。。志ん駒は多分まったく同内容の漫談でしたが、オカシイですね、実に。芸人ですなぁ。藤娘は日曜にも切り、市馬師は「堪忍袋」。ハズレのない噺家の感を強くしました。ちなみに、「れんしょう」は「蓮生」だと思うのですが、「敦盛」では「れんせい」です。今度謡って差し上げます。無料です。

投稿: クヮン | 2010.04.09 02:15

クヮンさま
まっ、日曜日に国立でしたか。木挽町へご出座かと思ってました。
菊志ん、あまり見ないんですが、以前は「はねっかえり」っぽいイキの良さを感じたのに、と。私が見た日だけではなかったのか。
志ん駒師匠は、そうそう末広亭でもほぼ同じ話を聞いたことがあります(蜷川さんのはなかった)。いっや~、出てきた時から惹きつけられちゃいました。着物&帯の色も素敵で
ところで熊谷は「蓮生」ですか。ありがとうございます。「敦盛」を謡って下さるとな・・・私に受け止められるでしょうか。アザになったりしないかしらん

投稿: きびだんご | 2010.04.09 21:03

同じ蓮の蓮生法師♪♪♪ もう止まりません。

投稿: クヮンゼ | 2010.04.10 01:24

クヮンゼさま
おお、なんと素晴らしい名前だったんでしょう!!

わかりました。ええ、ええ、覚悟しました。どっからでも来いってんだ

投稿: きびだんご | 2010.04.10 10:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ヘンリー六世」観劇記念 | トップページ | 鬼太郎の住民票 »