« 鬼太郎の住民票 | トップページ | 府中で桜と国芳を楽しむ »

2010.04.10

喬太郎を嫌いになりそうだ

 今日、4月10日は、柳家喬太郎の三鷹勉強会(5/30、昼夜)の会員先行発売日。早めにログインしてたのに、ボンヤリしてたらタイムアウトになっていて、そこから(9時50分ごろ)全然入れませんでしたワ。イヤハヤ・・・。パソコンで入れた時には、すでに昼は完売してたし(その前に携帯から潜り込んでたけど)。

 この喬太郎人気は、どうなの?と、ついつい思ってしまう。ホラ、私は「ぼんやり聞きたい派」だから。三鷹ではあまり人気が出ると、会場が芸術文化センターから三鷹公会堂に移っちゃう・・・それもまた困る(勉強会という名の会を公会堂ですることはありえないけど、独演会ならば。今は小三治、小朝、志の輔あたりは公会堂)。

 喬太郎は、今月の中席は鈴本演芸場に出演(昼の部。トリは市馬)。土日に行くと喬太郎目当ての客で混むかなぁ、とか、余計なことを考えてしまう。当初、18日に行こうかと思った時には、喬太郎追っかけファンに「もしもし、18日は鈴本に出るかしら?」なんて、スケジュールを聞いたくらい。出るなら行こう、ではなくて、出ないなら行こうか、というところが、ナントモハヤ。まぁ、喬太郎トリではないから、そこまでではないか・・・というか、そういう言い方って、市馬師匠を侮ってることになるのか?

 そんなわけで、土曜の朝の戦いすんで・・・ちょっとぐったり気分、なのでした。

|

« 鬼太郎の住民票 | トップページ | 府中で桜と国芳を楽しむ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

落語」カテゴリの記事

コメント

池袋演芸場2月上席昼の部。喬太郎トリはすごい混み方だったようです。とんでもないことになっていますね。
9年前の池袋昼トリのときは日曜日でも余裕で入れましたのにね。あのときは夜のトリが志ん朝だったので昼夜入れ替えでした。昼に入ったら喬太郎、「ほんとに(オレで)いいの? きょうは昼夜入れ替えだよ」なんて言ってましたが。

きのうは北千住シアター1010、喬太郎たい平二人会に行ってきました。
『一目上がり』 昇吉
『お節徳三郎(上)』 たい平
『お節徳三郎(下)』 喬太郎
『午後の保健室』 喬太郎
たい平が長いマクラのあとに『お節徳三郎』の『花見小憎』を演ったので、それを受けて喬太郎がマクラもなくスッと下。圧巻でした。
このままでは暗く終わってしまうと、もう一席明るい新作落語で爆笑を取る。

どんどんチケットが取りにくくなってくる。
困ったものですが、うれしくもあります。

投稿: ケイジ | 2010.04.11 09:34

ケイジさま
シアター1010にいらしたのですね。演目ありがとうございます。そういうところがまた喬太郎
友人の追っかけさんは私が苦労した三鷹を10時02分には取り終えて、もちろん北千住にも行ったとのことでした。私は最初っから熱意が欠けているんだなぁと、反省しきり(ウソ。反省はしない)。
そうそう2月の池袋も、開演した時点ですでに立ち見、とか聞きましたよ。なんなんですかねー。しかし池袋に出演していた志ん朝ですか!! 私が落語を聞き始めた頃はご健在だったのですが、まだお若いからと油断して、聞き逃してしまいました。

今月の井心亭、小宮さんも出られるんですね。私は行けそうです お芝居「ドレッサー」も見ようかな。

投稿: きびだんご | 2010.04.11 11:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鬼太郎の住民票 | トップページ | 府中で桜と国芳を楽しむ »