« 三鷹の太宰、番外篇 | トップページ | 文藝春秋、今月の歌舞伎ネタ »

2010.05.15

歩いて映画を見に行く

のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 19:30~の回

 折角、地元で上映してるんだからと、暢気な休日の最終上映時に見に行く。もう封切りからずいぶん経つし、わざわざこんな時間帯に行く人は更に少ないか、という入りであった。まぁねー、前編を見たんだから後編も、というくらいかな。

 前編では千秋くん(玉木宏)の指揮シーンがふんだんに見られたけど、後編ではピアノ。そうか、このピアノを担当してるのが、ランランだったんだ。ショパンの曲を使うのは、今年が生誕200年だから、というのもあるかしら。

 テレビからずっとお馴染みのキャストの中では、前編にあまり出番のなかった瑛太、小出恵介、水川あさみが登場してたのはうれしい。テルミンを操る作曲科の学生役はフランス人女優なんだけど、彼女が漫画のイメージそのままで、とても印象に残った。あと、ちょこちょこっとスクリーンに映る小物類も楽しい。段ボール箱が「痩身茶」「うこん」「たいらぎせんべい」とか、のだめの好きなキャラクターの目覚まし時計とか、様々。

 メインはパリで(ちゃんと観光おのぼりさんしてるし)、あらまプラハもですか・・・というわけで、あーあ行きたいよぉ、という気持ちがむくむく。今年はけっこう時間が取れるはずだったんだけど、うーん、様子を見て9月ごろ決行できないかしら。来年となると、もっと無理な感じだし。

|

« 三鷹の太宰、番外篇 | トップページ | 文藝春秋、今月の歌舞伎ネタ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三鷹の太宰、番外篇 | トップページ | 文藝春秋、今月の歌舞伎ネタ »