« 文藝春秋、今月の歌舞伎ネタ | トップページ | 歌と謡を楽しく考察 »

2010.05.18

逃げるヘタレ

5月17日(月) 「裏切りの街」 19:00~ 於・パルコ劇場

作・演出/三浦大輔 出演/秋山菜津子、田中圭、松尾スズキ、米村亮太朗ほか

 うっわ~、三浦大輔がパルコ劇場で!? 秋山菜津子が出るの?? というだけで取ったチケット。でも、ワクワク、というのでは勿論ない。彼が主宰するポツドールは2回ばかり見たけれども、ちょっと覚悟がいるんですもの。

 今までので少し覚悟(笑)もできていたので、冒頭のテレクラも・・・正直、またこれか、というくらい。デジャヴめいていた(三鷹かも)。ま、田中圭が、バイトにも行かず彼女の稼ぎでヒモのように暮らしているヘタレ男で、なぜか彼と関係を持っちゃう人妻に秋山菜津子。田中圭はほんとダメダメ男の見本みたいなヤツで、「その背中をピンとせいっ!}と物差しで叩きたくなる感じよ。いっぽう秋山菜津子の方も、妹に言わせると、、よくできた人だけど何考えてるかわかんない、意地悪な人。すごく大きな空洞を抱えていて、自分でもそれをどうしようもないのか・・・?と思わせるタイプ。

 田中圭と彼女、秋山菜津子と夫(松尾スズキ)。要するに、正面から向き合わない人ばかりで、まぁ、そのあたりが三浦大輔なのかもしれん。大人な分だけ、秋山ー松尾(おお、役名は橋本さんだったっけ)の今後が、より得体の知れなさを抱えていそう。そんな底の知れない感じが、松尾スズキはよかったなー。秋山菜津子は、どうも「男マエ」な役をイメージするけど、それの対極の役もさすがなんである。

 休憩込み3時間15分で、その長さのわりには退屈はしなかったかな。内容が内容だけに・・・パルコ劇場よりも本多劇場あたりの方がしっくりきそう。

|

« 文藝春秋、今月の歌舞伎ネタ | トップページ | 歌と謡を楽しく考察 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

こうして、同じ芝居も見ているし、同じ日に観劇予定を組んでもいるのに、なぜにそれが合致しない今月でしょうか。

噂の三浦大輔、私はこれが初めてでしたが、噂は小耳に挟まっていたので、少なくとも席がかぶりつきじゃなかったのはありがたかったです(笑)
ただ、私がオバサンだからかオジサンだからか、周囲の若者が意外と静かに(息を潜めたように)鑑賞していて、休憩時間にも終演後にも無反応(に見えるように振舞っている?)なのが、気になって仕方なかったです。
リアクションする前に周囲をうかがっちゃうような、そんな空気がいっぱい感じられました。アレも、渋谷という場所柄でしょうか…

投稿: 猫並 | 2010.05.18 22:09

猫並さま
これはちょうど1週間違いの同じ月曜日に見たことになるんでしたっけ・・・でも、偶然、隣どうしで見たりしたら、それはそれで苦しいかも、ということで。
意外と、笑っちゃう部分がたくさんあったので、それほどグワァっと来なかったのか、やはりパルコ劇場ということもあるのか。狭い空間だと窒息しそう。私の周囲は、けっこう年齢のいってるオジサンオバサン(一人で来てる)が多かったですよー。それはそれで不思議かも←ドンピシャな自分はどうなんだ。
そういえば、私は秋山菜津子の裸の後ろ姿を見るのは3回目くらい?などと、ふっと思ったりしたのでした。

投稿: きびだんご | 2010.05.19 09:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文藝春秋、今月の歌舞伎ネタ | トップページ | 歌と謡を楽しく考察 »