« しばらくはキャパ200前後の劇場へ通いそう | トップページ | ご当地ナンバープレート »

2010.06.03

最近の新聞記事から

訃報2つ
最後の吉原芸者・みな子さん、享年90
前衛舞踏家・大野一雄さん、享年103
 みな子さんは、2年前と5年前の夏、屋形船に乗ったときにお目にかかった。2年前の日記はコチラ。とにかく真夏なのに隙のない着物姿で、暑くなんかありませんよ、という風情だったのが印象に残ってるなー。
 大野一雄さんは、江東区に住んでいた頃に一度舞台を拝見したことがある。・・・だから場所は江東区文化センターで、子どもがらみ(子ども向けではない。もちろん)ということは、17年くらい前のことかな。そこから勢いで山海塾なんかも見て、熱出して(笑)、それっきり。大野さんはその後、テレビ(ドキュメンタリー番組)では何度かお見かけした記憶が。
 ご冥福をお祈りします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆「井上ひさしを語り継ぐ」開催(5/23 座・高円寺にて。劇作家協会)
別役実の挨拶(というか井上氏についてのお話)、劇作家25人による戯曲リーディング、「組曲虐殺」から3曲(小曽根真、井上芳雄、神野三鈴+渡辺えり)

 劇作家によるリーディングは、各人が井上戯曲の好きな作品の印象的な部分を朗読したとのことで、たとえばこんなセレクト。
坂手洋二/日本人のへそ 永井愛/しみじみ日本、乃木大将 平田オリザ/イーハトーボの劇列車 ふじたあさや/十一ぴきのネコ 本谷有希子/組曲虐殺 渡辺えり/化粧 野田秀樹/小林一茶

 たまたまこれを読んだ日のNHK・スタジオパークのゲストが野田秀樹で、井上さんから鉛筆削り用の小刀を貰った、という話をしていたのでした。

|

« しばらくはキャパ200前後の劇場へ通いそう | トップページ | ご当地ナンバープレート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大野さんの訃報記事を見た息子が「あの人103歳だったんだ!!」と驚いていました。
最近TVで見たらしく、「(前衛舞踊は)全然わからんかった」と言っておりました
高齢のプロの客商売の方ってステキですよね~。人を見る目がしっかりしているし、ご自身の心意気もかっこいい。隙のない着物姿で暑さなんか感じていないという風情、憧れます。
そういえば、もう7年ほど前に亡くなった有馬秀子さん、100歳の現役銀座ママとして有名だった方ですが、たまたま有馬さんと知り合いだった父が、いつもその心意気に感じ入っておりました。
年齢が素敵さを作るような女性になりたいものです。

投稿: SwingingFujisan | 2010.06.07 09:21

SwingingFujisanさま
確かに「高齢のプロの客商売」の方の素敵さには感服してしまいますね。お年なのに頑張ってる、ということじゃなくて・・・「見られる」ことの緊張感が、表面的だけじゃない美しさを作り出すのでしょうか。
昨日、録画で見た萬斎さんの特集番組で、吉行和子さんが「母は103歳なんです」と仰ってました。今はもうテレビ・雑誌などでお見かけしないけれど、やはり現役の美容師として、シャンとしたお姿でしたよね。
私は100歳の現役銀座ママだった方のことは知りませんでしたが、そのオーラを浴びてみたかったですー。
我々もこれから、かしらねっ。時に自分を叱咤激励しつつ・・・うーん、どんな姿をめざせばいいんだ。

投稿: きびだんご | 2010.06.07 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しばらくはキャパ200前後の劇場へ通いそう | トップページ | ご当地ナンバープレート »