« 千秋楽の「ファウストの悲劇」 | トップページ | 東京FMのホールで落語を聞く »

2010.07.26

どうやら狐忠信には無縁のようだ

 先日、落語で聞いたのは、狐忠信のパロディ(=「初音の三味線」)の「猫忠」なんだけど、来月は演舞場と国立劇場・亀治郎の会にて、その本家・狐忠信が登場しますねー。国立の方は、日にちが決まらないなぁと思ったりして、「あぜくら会」から来た割引に申し込まず、ぼんやりしていたらあっという間に売り切れ状態ではありませんか。

 いっぽう演舞場。これはなんと、すんごいウッカリで、3階Bを取ったつもりが取れてなかったのよん。しかも長いこと気づかず。もはや高い席しかありませぬ。大金を出すつもりはないので、おとなしく引き下がる、と。*第1部を買ったとばかり思ってたらそれは第2部で、結果、第2部は2枚あるのよ。粗忽も極まれり、だ。

 先週、いろいろ浮世のしがらみ(?)なんかもあって、キャパ以上の仕事を受けたので、けっきょく演舞場の歌舞伎を見に行けなかった。もちろん、代理は立てたからムダにはなってないけどね。やはり歌舞伎座がない間、安い席が圧倒的に少ないのと、幕見がないのとで、余計に歌舞伎から遠ざかっちゃいそう。

|

« 千秋楽の「ファウストの悲劇」 | トップページ | 東京FMのホールで落語を聞く »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

私は今のところ第三部のみチケ取りしてあります。
でも、歌舞伎不足で寂しくなったら(笑)狐さんも観るかもしれません。
演舞場9月もあまりそそられないし・・
やっぱり10月に遠征するしかないかしら。

投稿: 尚花 | 2010.07.26 22:44

尚花さま
ちょうど8月9月は音羽屋さんがお休みですしね・・・このまま低空飛行を続けちゃいそうな私です。
10月、名古屋ならわりと行きやすいのではないかしら。尚花さんも、ピュン

投稿: きびだんご | 2010.07.27 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千秋楽の「ファウストの悲劇」 | トップページ | 東京FMのホールで落語を聞く »