« 目玉おやじ、花火大会に協賛 | トップページ | どうやら狐忠信には無縁のようだ »

2010.07.25

千秋楽の「ファウストの悲劇」

7月25日(日) 「ファウストの悲劇」 14:00~ 於・シアターコクーン

 前回は5日にコクーンシートから「予習」として見ていた。今日は1階のC列、右ブロック(センター寄り)から。うーむ、やはりコクーンシートはそれなりだったんだな、という部分も。1回だけ見るんだったらツライかも?(でも財布との相談もあるので、一概には言えない) 通路から2つ目の席だったので、この辺りで喋る萬斎さんの横顔もバッチリ見えたよん

 全体として、思った以上に楽しめた。特に前半はあっという間という気分。萬斎・勝村が、とっても楽しそうだったりして。特に萬斎さんには、余裕を感じた。勝村さんは前からそうだったよね?
 メフィストフェレスが、血で証文を書けと短刀を渡すあたりで、すでになんだかアヤシゲな男色のにおい・・・。という目で、それ以降を見てました(笑)。

 前回あまりよく見えなかった、歌舞伎一座の楽屋。当然、今回はよく見えたけど、そっちに気を取られると、舞台に(木場さんとか)注意が向かないし、ま、あんまり見なくて雰囲気がわかればいいのか。

 で、3/4まではすごく楽しめて、残り1/4でちょっと飽きたかな、というのが正直なところ。フライングとか火花とかに飽きたのかもしれん。そして到達点として、ラストのファウスト博士の独白・・・ふっと気がつくと、ここで余計なことを考えてる自分がいた。歌舞伎一座の公演という面白い作りだけど、一神教とはどうしても相容れないの。ということを、ラストで強く認識したので、ややくたびれにけり。

 前に「壮大な見世物」と思ったのは、畸形とくくってもいい人々が出ていたから。その昔むかしなら、両国の見世物小屋にいたかもしれない、という意味で。ヘレナ役の半裸の人は、オトコなんだよねー。どんな風に(笑)なってんの?と、胸のあたりを注視しちゃった。

 千秋楽ゆえ、カーテンコールには蜷川さんも登場。立ってた人も多かったけど、ま、そこまでではないかな、と思ってそのまま(立たなくても萬斎さんは見えたし←それかい)。これぞ蜷川さん、という演出だったなー。

 

 

|

« 目玉おやじ、花火大会に協賛 | トップページ | どうやら狐忠信には無縁のようだ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

千穐楽をご覧になったとは羨ましい。
萬斎さんと勝村さんのコンビ、よかったですねえ。ほんと、楽しそうでした。
残り1/4で飽きたかなっていうのは、ちょっとわかる気がします。いや、きびだんご様のお考えとは違うかもしれないけれど、一つの物語を最後のまとめにもっていくっていうのはとても難しいことなんだと思うのです。それまでが楽しければ楽しいほど、そうなんではないかしら。

異形の人たちを出すっていうの、蜷川さんはよくやりますよね。そうか、他の芝居でも「見世物」的な要素を持たせてあったのか。思い出してみると、確かにそうだったかも。
ヘレナ役の人が男性だっていうこと、帰宅してから出演者リストで知りました(芝居を見ているときは女性だと思っていたんですよ)。「カリギュラ」だったか、「道元の冒険」だったか(どっちも違ったかな)、やっぱり半裸の女性が出ていて、それは女優さんだったような…。だから今度も女性だとばかり思っていました。わかっていたら、私も胸を注視していたでしょうね、きっと

投稿: SwingingFujisan | 2010.07.28 18:16

SwingingFujisanさま
これはweb松竹で扱ってたから、日曜の千秋楽でも取れそうだな、と思ったのですよ。いつもは特に初日とか楽を狙わないんですが。まっ、萬斎さんだから
半裸のヘレナ、私も1回目に見た時は後から、えっ男のヒト??とビックリしたんです。女性だと信じてると、なんとなくマジマジと見られないところがあって・・・。だから2回目は直視よ。
直視といえば、「異形の人」もちょっと直視しづらい。だけどどうしてもそっちに引き寄せられちゃう。見ながら自分の中でそんなタタカイがあるんですよねー。

カリギュラ。あのローマ法王の大テーブル食事シーンで、思い出しませんでしたか? また小栗旬くんの舞台も見たいなー。

投稿: きびだんご | 2010.07.28 22:23

食事のシーン、カリギュラ思い出しました!!
旬クン、「ムサシ」にも出なかったし、ちょっと舞台から遠ざかっていますね(映画を作りたかったからかしら)。私は<舞台の旬クン>が好きなんだけどな。

投稿: SwingingFujisan | 2010.07.30 08:48

SwingingFujisanさま
やはりどうしたってカリギュラを思い出しますよね。
というのも含めて、最初に見た時には、いろんなのを寄せ集めたような感じがしたのです。きっとコクーンシートの遠さゆえ、役者さんに目を奪われたりせず、引いて見てたんでしょう。
旬くん、先日ついテレビ(嵐にしやがれ)を見ちゃいました。あれれ、ファンだったのか

投稿: きびだんご | 2010.07.30 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目玉おやじ、花火大会に協賛 | トップページ | どうやら狐忠信には無縁のようだ »