« 追悼・つかこうへい | トップページ | 金曜の夜には、こんなお芝居を »

2010.08.19

「高橋コレクション日比谷」って、ここなのぉ!?

8月18日(水) 「会田誠+天明屋尚+山口晃 ミヅマ三人衆ジャパンを斬る」 於・高橋コレクション日比谷

 現代アートのコレクターで精神科医でもある、高橋氏の所蔵品が見られるギャラリー(と言っていいのか、よくわかんない)。もともとの会期は4月24日~8月8日。あー、また見に行けなかった、と思っていたら、延長されたとのことで。

 とにかく日比谷は全く苦手で、地図を見る気にもならないでいたんだけど・・・なんと、この高橋コレクション日比谷って、日比谷シャンテの向かい&東京宝塚劇場の隣じゃないのっ。三井ビルなんて言われるからワカンナイ。この前もここに来てたのに。

 展示されてるのは全部で18点。私の苦手な「ジューサーミキサー」(会田誠)が、どーんとあったので、ゴメンナサイと目を背けて通る。その代わり、彼の「支那料理(戦争画RETURNS)」はじっくり見たよ。しかーし、これ二曲一隻屏風なんだけど、こういう画と暮らしたらどんな人になるのやら。

 画の前に立って、なになに?とどんどん近づいていくのと、反対に最初ドカンとやられるけど息苦しくて長く見てられないのと・・・などというのが、感覚的な相性ってもんでしょうか。久しぶりに奈良さんの描く女の子も見たくなったなー。

|

« 追悼・つかこうへい | トップページ | 金曜の夜には、こんなお芝居を »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追悼・つかこうへい | トップページ | 金曜の夜には、こんなお芝居を »