« もう一度、三鷹へ野十郎の画を見に行く | トップページ | ハローキティにホースが持てるのか »

2010.08.29

ものすごく「私向き」のお芝居

8月29日(日) 「ロックンロール」 13:00~ 於・世田谷パブリックシアター

作/トム・ストッパード 演出/栗山民也 翻訳/小田島恒志 出演/市村正親(マックス・モロー)、秋山菜津子(エレナ/エズミ)、武田真治(ヤン)、前田亜季(エズミ/アリス)、山内圭哉(フェルディナンド)、黒谷友香(レンカ)ほか

 千秋楽:「スペシャル・カーテンコール」つき

 8月3日からの東京公演も今日が千秋楽(間に休みがあったけど)。初日の3階席を(「ザ・キャラクター」とダブルブッキングして)売ってしまい、けっきょく今日まで見ることができなかった。うーん、やっぱり後悔。なぜなら、出演者の魅力もさることながら、お芝居としてすごく興味深く見ることができたから。

 今まで、自分が大学で日本史を学んだことが、その後の人生で役にたったことはほぼない(と断言しちゃう)が、いや、こんなところで「基礎知識」、というより「考え方」のレベルで役に立つとは思わなかった。その上、舞台は「プラハの春」~ビロード革命の頃のチェコ(とケンブリッジ)だから、チェコ好きの身にはハヴェルだのドプチェクだのの名前も、記号以上の意味を持つ。

 というわけで、休憩込み3時間があっという間。

 作者のトム・ストッパードという名前は、わりと馴染んでる気がしてたんだけど、1927年にチェコで生まれ、幼いころにシンガポールに亡命していたのは初めて知った。去年、シアターコクーンで上演された「コースト・オブ・ユートピア」(一日がかりだったもの。未見)も彼の作だったのか。

 さて、このタイトルからして、なんとなくミュージカルっぽいというか、すくなくとも出演者が劇中で歌うのか、と思っていたら、全くそんなことはなかった(だって、みんな歌えるでしょ)。シーンの切れ目切れ目に、ローリング・ストーンズや、ピンク・フロイドなどが流れる(スクリーンにはレコード・ジャケットが映されるのもある)。1968年当時のヒッピーとかコミューンとかの時代から、チェコの民主化の象徴としての「ジョン・レノンの壁」までの、マックス・モロー教授とヤンの師弟の姿が軸となる。ま、私がそういう音楽に詳しければ、もっと楽しかったかなとは思うけど、そう欲張っちゃいけないね。

 1幕は1968年~1977年、2幕は1987年~1990年。舞台の上も、2幕になってからぐっとくだけた調子になる。1幕でマックスの妻であるやはり学者のエレナを、2幕ではその娘エズミ(アリスの母親)を演じる秋山菜津子が、その時代の空気を表しているかのようでもあった。

 内容的に、最初のあたりでシド・バレットをスルーしたのが、後々まで響いちゃって、この点は私の敗北(笑)なんである。

 スペシャッル・カーテンコールでは、出演者全員の挨拶があった。皆さん、台本を読んで、?マークが飛び交っていたらしい。そして理解するために猛烈に勉強したみたい。武田真治さんが、芸歴20年だけども、守りに入らず、ここでこういう役をやったことはすごく大きかった、この台本は額に入れて飾りたいくらいだ、と仰っていた。舞台上はかなり「インテリ」そろいの役なんだけど、11人の出演者のうち大卒は1人だけ(前田亜季)とわかって、受けてた。ええ、学歴なんか何も関係ないのだよ。ここでも山内さんが適度にチャチャを入れたりして、和やかな雰囲気。いいチームだったのね~。

|

« もう一度、三鷹へ野十郎の画を見に行く | トップページ | ハローキティにホースが持てるのか »

演劇」カテゴリの記事

コメント

私も、観終わってから意外と時間が経ってたのを知ってびっくりしました。でも歴史は高校からパスしてたので知識は皆無です(爆)

ちょっと前に、偶然「徹子の部屋」に出ていた武田真治を見て…
「ウチの母はすっごい美人で自慢なんです」
「授業参観の時なんて周りと差があり過ぎて、少し遠慮すればいいのにと思ったくらい」
「(画面に出た写真に対して)これはかなり映りが悪い方です、実物はもっとキレイです」
と100%真面目に語っていたので逆に興味を持ちました(笑)
そりゃぁ、ああいう顔の人の親が不細工な方が珍しいとは思うけど、公に向かって心から断言する確信犯って他にもいるんだ、と。
ええ、友人のセガレがまさにそんな感じで!

投稿: 猫並 | 2010.09.01 20:43

猫並さま
正直言って、高校までに習う歴史の知識はあまり関係なかったと思うんですよ。私の時代には戦後史なんて全く教わってないし(=入試に出なかった)。ただ「プラハの春」あたりをおぼろげにでも(知識として)知っていればOKくらい?
武田真治ネタ、ありがとうございます!! いや~、見たかったなぁ。そういう人なんだ。カーテンコールでも「自分大好き」な雰囲気(決して嫌なたぐいのではなく)はあったんですが、母親も、なのねー。
あー、私も一度でいいから、息子にそんなふうに言ってもらいたい・・・? いや、ありえん!!

投稿: きびだんご | 2010.09.01 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう一度、三鷹へ野十郎の画を見に行く | トップページ | ハローキティにホースが持てるのか »