« 新宿…(千駄ヶ谷)…両国「大昆虫博」 | トップページ | 文楽を最後列から見る »

2010.09.06

文楽に昼ビールは厳禁だ!!

9月5日(日) 「文楽九月公演 第1部」 11:00~ 於・国立劇場 小劇場

南都二月堂 良弁杉由来」志賀の里の段/桜宮物狂いの段/東大寺の段/二月堂の段 「鰯売恋曳網」五条橋の段/五条東洞院の段

 今月は、歌舞伎<文楽、文楽第2部<第1部、を楽しみにしていた。つまり、いっちばん楽しみなのを最初に見た、というわけ・・・なのだが。誰がここまで暑いと想像したでしょう。なんか暑さ疲れというか・・・いや体調が悪いわけではなくて、ついお昼にビールを飲んじゃって、そのあと撃沈。うーむ、悪いのは私なんだが、この猛暑に八つ当たり。

 「良弁杉由来」は歌舞伎でも文楽でも見たことはなかったけど、ずいぶん前に偶然テレビで見た歌右衛門の「渚の方」が、いやに鮮明に記憶に残っている。ワンシーンだけだったのに。

 その「良弁杉由来」。昼食休憩前の志賀の里&桜宮物狂いは、もうバッチリ。鷲の迫力にビックリしたり、さまよう渚の方の心情を思ったり・・・。ただ初っぱなの段の浄瑠璃は、まだ調子出てませんか?という感があったのと、舞台の上でも黒衣の動きに2日目、というバタツキがあったように思う。

 しかーし、昼食後の、特に「二月堂の段」では、ビールが眠気を誘い・・・ダメじゃん状態でした。親子が出会ってからがかなり長くて、あまり動きもないし。ああ、敗北感。床では、桜宮物狂いの呂勢大夫、咲甫大夫がやはりいいなぁと思い、三味線の清治さんに聞き惚れましたです。

 そして歌舞伎では勘三郎・玉三郎の記憶が鮮明な「鰯売恋曳網」。こちらは全くの初演なので、楽しみだった。ええ、五条橋の段はお目々もぱっちり。ほほぉ、馬はこんななのね、とか。ところが、またもや次の大事なところで ストーリーもわかってたのに・・・うーん、動きが少ないんですもの(と言い訳)。楽しみにしていた燕三さんの三味線もを助長したのか?

 というわけで、期待したわりにダメダメな観劇となった日曜日、猛暑とビールのせいにするしかないんである。そうそう、この第1部は、人形の方が「出遣い」(というんですか?)じゃなくて、黒衣の段が多かった。これは何か約束事があるのかしら。

|

« 新宿…(千駄ヶ谷)…両国「大昆虫博」 | トップページ | 文楽を最後列から見る »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

昼ビールはただでさえ効くんですもの、ダメですよ~ 時々幕間に飲んでいる方を見ますが、「ありゃ、絶対寝るぞ」なんて秘かに心配(?)しております。でもこの暑さ、飲みたくなるお気持ちはよ~くわかりますって。
「良弁杉」、初見とは意外でした。

私にはやっぱりまだ文楽も高い壁だなあ。とりあえずメトロ文楽あたりから入りたいとは思っているのですが、スケジュールがなかなか、ね

投稿: SwingingFujisan | 2010.09.06 11:46

おお、一日違い!
私は今日(6日)、昼夜一気に見てきました。
で、飲んでないにも関わらず、良弁では何度も意識が飛びました(爆)
勝手に、綱太夫が休演したせいにしてるんですが…

投稿: 猫並 | 2010.09.06 22:25

SwingingFujisanさま
うーん、普段、ワイン1杯なら寝ないんですけど。ビールのせいか暑さのせいか・・・??
「良弁杉」は遷都1300年という節目の年でなければ、無視してたかも。要するに、お調子者なんですワ。
文楽もどうせなら国立劇場でご覧になったら・・・いつの日か!

投稿: きびだんご | 2010.09.06 23:48

猫並さま
なーんと、今日、私は夜(第2部)を見たんですよぉ。
それよりも!! 綱大夫さんが休演だったんですか。5日は出演されてたのにっ。

期待が大きかった分、な自分にグッタリしてたんですが、猫並さんもそうなら、ちょっと安心かなー。
水曜の「あぜくらの夕べ」に申し込んでいて、燕三さんの話なのに、ろくに聞いてないから心苦しいです。

投稿: きびだんご | 2010.09.06 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新宿…(千駄ヶ谷)…両国「大昆虫博」 | トップページ | 文楽を最後列から見る »